苫米地式認定コーチ CoacH T(タケハラクニオ) ブログ

認知科学者 苫米地英人博士に学びながら九州で活動するコーチ・ヒーラー・医師 CoacH T(タケハラクニオ)ブログ

タグ:自殺予防

PMⅠ:The Power of Mind

PM-07:一人ひとりの心の平和から世界の平和へ

PM-07-07:新たな挑戦-4 「教育現場に苫米地理論(式)を 届ける」

 

この章(第七章)は未来についてまとめます。新たな希望であり、新たなゴールです。

“現状の外”へのゴール設定が、強力なコンフォートゾーンを抜けだすエネルギーと創造性を生みだします。ぜひ私の“気”を感じてください。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615935.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6040892.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5882609.html

 

 

未来に向けたダイナミックな変化の中、私はコーチとして次の“現状の外”を思い描きました。「医師であり、病院長経験者であり、苫米地式認定コーチであり、苫米地式認定マスターヒーラーである私が社会に果たすべき機能・役割とはなんだろうか?」と自問しながら。

リラックスしながら未来を思い描いていると、いろいろなイメージが湧きあがりました。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/15548808.html

 

 

    新たな挑戦-4:教育現場に苫米地理論(式)を 届ける

 

スピリチュアルペインの本当の定義は、「自己の存在と意味がわからないことから生じる苦痛」であるはずです。本当はみんなが潜在的にこの痛みを抱えています。気がついていないだけです。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/8293317.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/11386276.html

 

スピリチュアルペインは自我の目覚めである思春期からすでに始まっています。2018年の自殺白書で報告されている死因順位において、1539歳の年齢層の最多の死因が自殺であることは決して偶然ではありません。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/11298916.html

 

 さらに先日、衝撃的な事実が報道されました。厚生労働省がまとめた2017年の人口動態統計から、戦後初めて日本人の1014歳の死因として自殺が1位になっていたことがわかったのです。

2017年に自殺した1014歳の子どもは100人で、この年代の死因の22.9%2位はがんで99人(22.7%)、3位は不慮の事故で51人(11.7%)でした。

 

教育現場での自殺対策はもう待ったなしの状況です。ところが教育の現場は、医療・介護の現場と同じように、すでに疲弊しています。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/11142435.html

 

すでに疲弊している教育関係者に、さらに自殺予防が重くのしかかっていく...

20154月に施行された「改正自殺対策基本法」により、学校は保護者や地域と連携し、児童・生徒の心の健康を保つ教育(自殺予防教育)や啓発活動を行うことになりました。しかしながら、自殺予防教育の具体的な内容については各学校まかせであり、明確に示されてはいません。これからまともな教育者ほどさらに悩み、苦しむことになるはずです(もちろん親も)。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/8045200.html

 

私は、苫米地理論を届け、コーチングの実践を指導することが有効な自殺予防になると確信しています。そして、それは医療・福祉と同様に、すでに疲弊しきっている教育関係者自身にとっても希望となるはずです。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/8166400.html

 

教育現場にコーチングが広がることで、死にたいほどの苦しみを抱えている子どもたちを救うことができたらどんなにすばらしいでしょうか。

コーチングを実践することで、子どもたちと子どもを支える大人全員が未来に希望を持てる社会を実現できたらどんなにうれしいでしょうか。

我が子やその友達たちを見守りながら、いつもそんなことを考えます。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/11301259.html

 

 

ところで、コーチングの元祖であるルー・タイス氏と認知科学者 苫米地英人博士が開発したセルフコーチングプログラム「PX2」「TPIE」は、21言語に翻訳され、世界の60か国で導入されています。

このうち子供・青年と親および教師を対象としたPX2は、海外では有料のプログラムですが、日本では2011年から教育機関への導入に関しては無償で提供されています。ファシリテーターと呼ばれるコーチ陣がボランティアで出張し、直接導入を指導します。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/11386276.html

 

 私はまだファシリテーターの資格は持っていませんが、必ずPX2を届ける活動を始めます。もちろん医療・介護現場にもです。そのためにもコーチとしてのスキルを磨き続けます。PX2を通じて教育関係者や親とともに子どもたちに希望を届けているシーンを強くイメージしながら。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542364.html

 

(つづく)

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

PX2パンフレット(BWF HPより引用)

BWFインターナショナルHPより引用
http://bwf.or.jp/

 


I-006:【再案内】 霧島市(鹿児島県)での無料講演会の御案内

  

求めよ、さらば与えられん

尋ねよ、さらば見出さん

門を叩け、さらば開かれん

 

 これは新約聖書「マタイによる福音書」中の言葉です。「自ら行動を起こさなければ、何も得られない」という教えです。

 

 コーチングの視点で解釈すると、「自らの自由意志でゴールを設定し、スコトーマをはずし、実現に向かって行動せよ」という励ましです。

 

 「平日の開催だし」「本当は対象者じゃないし」など参加を躊躇している方も、本当に参加するかどうかは別として、まずは私に御連絡ください(coachfor.m2@gmail.com)。

 

 その行動がきっと、輝く未来への扉を開くきっかけとなります。

 以下、前回(I-004)分の再掲載です。

※ ※  ※ 

 

 H30124日(水)に国分シビックセンター(鹿児島県霧島市)にて開催される「第12回霧島市学校保健研究協議会(主催:市学校保健会、共催:市教育委員会)」にて講演を行います。

 

 演題は「The Power of Mind ~子供たちの心に火をつけるコーチング」で、質疑応答含め90分の予定です。

 前半は、合間にスコトーマ体験をしていただきながら、私自身の体験を例にコーチング用語を解説します。後半は「スピリチュアルペイン」について、皆さんとともに考察していく予定です。

 

 スピリチュアルペインは緩和ケアの中の概念です。

 緩和ケアとは「生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者と家族の痛み、その他の身体的、心理社会的、スピリチュアルな問題を早期に同定し適切に評価し対応することを通して、苦痛(suffering)を予防し緩和することにより、患者と家族のQuality of Lifeを改善する取り組み」のことです(WHO2002年)。

 

 緩和する対象となる「身体的痛み」「心理(精神)的な痛み」「社会的な痛み」、そして「スピリチュアルペイン」を、それぞれに個別に捉えるのではなく全体としてとらえるために「トータルペイン(全人的苦痛)」という概念が生まれました。

 

 私が2011年に受講した「症状の評価とマネジメントを中心とした緩和ケアのための医師の継続教育プログラム(PEACE)」では、スピリチュアルペインは「自己の存在と意味の消滅から生じる苦痛(無意味、無価値、虚無、孤独など)」と定義されていました。最新版では「自分の存在や意味を問うことによる苦痛」とされているようです。

 

 小・中・高の教育(現場)とスピリチュアルペインは全く関係ないように感じられるかもしれませんが、じつは、大きく関係しています。

 

 関係者の取り組みにより日本の自殺者数は減少傾向です。しかし、人口10万人あたりの自殺者数18.5人はいまだに先進国7か国で最多です。また、若者の自殺者数はむしろ増加傾向にあり、2015年の死因順位を5歳ごとの年齢層別にみると1539歳は自殺が最多となっています(2017年自殺白書より)。

 教育再生実行会議がH2961日にまとめた「自己肯定感を高め、自らの手で未来を切り拓く子供を育む教育の実現に向けた、学校、家庭、地域の教育力の向上(第十次提言)」には、日本の子供たちの自己肯定感の低さが指摘されています。

 

 私は、このような状況は「本当のゴール設定」によって改善できると確信しています。

 本当のゴール設定は、コーチングを学び、実践することでできるようになります。

 

 今回の研究協議会の主題は「心身の健康つくりに努める児童生徒の育成を目指して」です。

 その実現を可能とするコーチングについて、心をこめてお話しします。平日昼の開催ではありますが、参加可能な方はぜひお越しください。

 

 受講対象者は霧島市の学校医、PTA、学校関係者等ですが、対象外の方(市外在住者含む)で受講を希望される方は私にメールをしてください(coachfor.m2@gmail.com件名を「1/24講演会受講希望」としてください)。当日、会場でお会いできることを楽しみにしています。

 

当日の講演の様子や御意見・質問への回答は、後日、このブログに投稿いたします。

参加できない方もぜひ御確認ください。

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

180124 学校保健会講演案内用

このページのトップヘ