苫米地式コーチング認定コーチ CoacH T <タケハラクニオ> ブログ

認知科学者 苫米地英人博士に学び九州で活動するコーチ・ヒーラー・医師 CoacH T(タケハラクニオ)ブログ

タグ:自我

F-244:「ゴール」と「現状の自我」の間に臨場感という橋を架ける <vol.1;臨場感>

 

 

 アートとは、才能によるもの。

 アーティストの才能とは、自分が強烈につくりたいもので、人に影響を与えるということ。

 それは笑いだったり、笑顔だったり、感情をつくりだす、人を感動させるストーリーテリングです。

 

 

 この言葉は、今(20225月下旬)話題の“あの人”のもの。

 その意味をコーチとして考えてみました。

 (シリーズの最後で誰の言葉かを明かします。想像しながらお読みくださいw

 

 vol.1;臨場感

 

 

 認知科学者 苫米地英人博士の著書「オーセンティック・コーチング ~本物のコーチング~」(CYZO)の中に、ゴールのカテゴリとしての「職業」と「趣味」の関係について書かれている部分があります。以下、同書からの引用です(p59)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 

 よって、職業のゴールを探す大前提としては、まずは好きなことをしているのかを確認し、していなければ、「趣味」の観点から「職業」を見ていくことになります。

 いま「なぜ、突然『趣味』なのか?」と思った人もいるでしょう。しかし、意外に思うかもしれませんが、「職業」と「趣味」はよく似たゴールなのです。

 引用終わり

 

 

 書籍ではこの後「◎職業のゴールがわからなければ、趣味のゴールから探していく」に続きます。コーチングに興味がある方にとって必読の書です。ぜひお読みください。

 

 「職業」と「趣味」はよく似たゴール

 

 苫米地博士が鹿児島で講演してくださったときも、職業のゴールを見つけるために趣味のゴール設定がとても重要であることを話してくださいました。早いもので、もう6年が経ちます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7702480.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7702640.html

 

 当時の私はコーチとしてデビューしたばかり。頭の中はまだまだ病院長としての仕事でいっぱいでした。博士の講演を舞台袖で拝聴しながら、「職業」や「社会への貢献」「生涯学習」ばかりで、「趣味」をないがしろにしていることに気が付きました。スコトーマが外れたのです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 心から欲する趣味は何だろう?

 

 すぐに思い浮かんだのは映画。そう、子どもの頃から私は映画が大好き。

幼少期の思い出は辛いものばかりですが、映画との縁に関してはラッキーでした。

鹿児島で上映される映画の多くをフリーで観れる境遇だったため、毎週のように映画館に通っていました。とくに大学浪人中は、本当に毎週映画を観にいきました。確か60本以上観たはずです。「人生においてこんなに映画を観れる年はない」とセルフトークしながらw

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24905509.html

 

「映画好き」というブリーフを生みだしたのは、間違いなく「情動を伴った体験の記憶」です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

その意味では映画にこだわるほど過去に囚われるともいえますが、博士と出会う前の私はそんな映画鑑賞さえ楽しめなくなっていました。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4406033.html

 

 いわゆるストレスにより、つねに大脳辺縁系優位の状態だったから。エヴァ風にいうと「裏コード ザ・ビースト」な感じですw

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8164566.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8166289.html

 

 抽象度が低い“煩悩渦巻く現実”に縛り付けられ、映画で描かれる仮想世界に自由にアクセスできなくなっていたのだと思います。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

 *抽象度はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 「映画で描かれる仮想世界に自由にアクセスできない」を言い換えると、「臨場感が感じられない」であり、「ホメオスタシスが働かない」。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831660.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971818.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971956.html

 

 以下、苫米地博士の著書「洗脳原論」(春秋社)より引用します(p15~)。

 

 

 ♰ホメオスタシス仮説

 ここで、なぜ変性意識下において、仮想世界がリアリティをもって眼前にひろがるのか、そのメカニズムを解く仮説を論じていこう。それは、人間の内外の環境変化に関わらず、生理的性質を一定に保とうとする恒常性機能、ホメオスタシス(homeostasis)と関係があるものと考える。もともとホメオスタシスは、生体と物理的環境の関係におけるフィードバック関係において、気温が上がれば発汗するなどの作用で生体の恒常性を維持し、それにより生体の正常性を保つための、生物の自律的なメカニズムを指す言葉である。しかし、どうやら人間は、脳機能の進化により、本物の外的物理環境ではない、触ることのできない想像上の環境、すなわち仮想的な世界(仮想現実世界)に臨場感を感じ、生体レベルで恒常性維持のフィードバック関係を築くことができるようになったらしい。

 映画を見ていると手に汗を握るのは、まさにこれである。認知科学の用語では内部表現というのだが、記憶や現在の思考、概念などの抽象的情報を含む心的な自我の表現と、これに対応する外部的に自分を取り巻く環境(物理的現実世界もしくは仮想現実世界)とのあいだで、ホメオスタシス・レベルのフィードバック関係を成り立たせる能力が人間にはあるのだ。

 外部からの刺激を、頭のなかのスクリーンに映しだす内部表現は、外的な環境が変化するのに合わせて、みずからの情報内容を刻一刻と更新するわけであるが、たとえ外的な環境が本物の物理環境ではなく、映画や小説などの仮想的な環境であったとしても、一度臨場感のあるフィードバック関係が成立していれば(要するに映画に熱中していれば)、外的な環境における状態変化が生体レベルにまで、フィードバックして影響を与えてしまうのである。たとえそれが現実の物理世界と異なる情報であったとしても、このホメオスタシス・フィードバックの関係において、内部表現が脳内の劇場で与えられた架空の情報を、あたかも本物のように上映すると、観客である認識機能は、それを真の情報だと思いこみ、実際に視覚化してしまう。

 たとえば、何も見えていない状態で、「ここに蓮の花が生えている」という情報をインプットする(外的環境に暗示の言葉などで描写する)と、本当に蓮の花が現われてくる。映画や小説で涙を流してしまう(架空の出来事で、実際に生体が反応する)のも、このためであると説明できる。同様に、催眠状態における幻視、幻覚、幻聴、運動支配、退行といった現象も、情報空間にまでひろがったホメオスタシス機能として説明できるとするのが、ホメオスタシス仮説である。これは、仮想世界に臨場感を感じることができる人間の脳機能の作用を一般的に仮説化したものであるが、同時に「聖痕現象」と呼ばれるような精神側から肉体側への極端な影響が与えられる現象も説明することができる。

 たとえば、術者が「焼けるように熱い」と言いながら、箸を変性意識下にある人の腕にあてると、焼け火箸のように感じて、実際にその箇所が火傷したような状態になる場合がある。あるいは受難の日、イエスが十字架につけられたとき打ちこまれた釘の傷を連想させる瘢痕が手のひらにでき、ときにはそこから血が噴き出す現象が、「聖痕現象」であるが、これも仮想の情報によって、脳が稼働し、肉体に変化をもたらしたものである。

 引用終わり

 

 

 人間は、脳機能の進化により、本物の外的物理環境ではない、触ることのできない想像上の環境、すなわち仮想的な世界(仮想現実世界)に臨場感を感じ、生体レベルで恒常性維持のフィードバック関係を築くことができる

 

冒頭で紹介した言葉でいうと、「強烈につくりたい」「人に影響を与える」「感動させるストーリーテリング」を現実化するのが臨場感。

突き詰めると、「アート」とは高次元の情報場(あの世)へのアクセスであり、「才能」とはそれを高い臨場感のまま物理空間(この世)で表現する能力といえるはず。岡本太郎さん風にいうと、「爆発」がアート、「爆発させる力(覚悟)」が才能です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19033189.html

 

 ポイントは臨場感。

その臨場感は、たとえば映画でいうと、観る人の心に由ります。映画そのもののおもしろさももちろん関係しますが、あくまでも観る人(観察者)の心次第。“おもしろさ”を決めるのは、各人の心であり、臨場感だということです。

F-034~:「何もないところからレンブラントを発見」は正しい?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_268332.html

 

すべてが「臨場感のあるフィードバック関係」次第であり、臨場感が「一人一宇宙」を生みだしている

 

 その理をプリンシプル化したものが、「夢をかなえる方程式 I×V=R」です。

 PM-02-19:夢をかなえる方程式:I×V=R

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

F-245につづく)

 

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

 抽象度が上がると、臨場感が下がります。

 しかし、それは「臨場感についての認識の誤解(by苫米地博士)」w

 詳しくは下記ブログ記事をどうぞ。後半は「STAR WARS」を用いたワークを紹介しています↓

 Q-159~:臨場感が薄れても高い抽象度のゴールをイメージし続けるのでしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404758.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第3回目(R4.6/19開催)のテーマは「ゴール」。詳細はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28683163.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-070:「夢をかなえる方程式 I×V=R」のとおり、本当に夢が現実化した一例 ~映画「メジャーリーグ」~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/15096276.html

F-106~:超実写版「ライオン・キング」で描かれた“超現実”を生きる極意

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_383531.html

F-192:「夢をかなえる方程式 I×V=R」実践の秘訣(ワーク付き)

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26119647.html

 

 

洗脳原論

Kindle版はこちら↓





F-243:人は、生きている時は自分の心の中、亡くなると親しい人の心の中にいる

 

 子どもからの質問に困惑した経験はありませんか?

 

 私が思い出すのは「なぜ人を殺してはいけないの?」と「なぜ人を殺すの?」。

 

 残念ながら、世界のどこかで、いつも紛争が起こっています。とくに我が子の世代はテロリズムが日常になってしまった時代に育っているため、自爆テロや無差別テロのニュースを見聞きするたびに疑問を感じてしまうのだと思います。

 (疑問を感じ続けて欲しいと願っています。コンフォートゾーン化を防ぐために)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 皆さんなら子どもたちにどのように伝えますか?

 

 *私の本気の答えはこちら↓

 S-02~:自由に生きるために ~マナー、ルール、モラルについて考える~

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_368012.html

 *シンプルには「〇を〇な」↓

 S-02-15:マナーやルールに潜む罠 -2

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19370962.html

 

 先日放送された「バラいろダンディ」(TOKYO MX2022516日放送回)にて、そんな話題が取り上げられていました。大人が答えに困る疑問の1位は「人は亡くなるとどこに行くの?」だそう。

 

 どう答えますか?

 

 私の師である認知科学者 苫米地英人博士は、このように答えられました。

 

  人は生きている時は自分の心の中、

  亡くなると親しい人の心の中にいる

 

 

人は、生きている時は自分の心の中...(220516、バラダン)

「バラいろダンディ」(TOKYO MX2022516日放送回)

子どもの疑問1 人は亡くなるとどこへ? Dr.苫米地 2022年5月16日 - YouTube

 

 

 おそらく、子どもの「人は亡くなるとどこに行くの?」は無邪気な好奇心から生じています。好奇心とは「ホメオスタシス活動の一部」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26722183.html

 

 *ホメオスタシスはこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831660.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971818.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971956.html

 

 ところが、成長するにつれ、「人は亡くなるとどこに行くの?」には不安や恐怖が貼り付いていきます。脅されるからです。

地獄や悪魔を語る教育(宗教)のせいでもありますが、日本の場合はとくに医療(従事者)の影響が大きいように感じます。医療の現場では、積極的に死を選択(受容)することに関して、強い圧力がかかります。かくいう私も、「蘇生は絶対にしないでくれ」「自然に死なせてくれ」とお願いされていた患者さんに対して蘇生処置を行ったことがあります。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13958415.html

 

 「死の恐怖」としっかり向き合い、ちゃんと克服することはとても重要です。

医療従事者が情動に囚われると、ホメオスタシス同調により、患者さんやその家族はますます情動的になってしまいます。「死の恐怖」に伴う苦しみは、さらに大きくなるはずです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8166400.html

 

 「死の恐怖」の正体は、「自分がこの世から消えてなくなる」という自己喪失感です。

 抽象度を下げて詳しく分析すると、「自分という存在そのものが消えてなくなる」ことと「自分という存在の価値がこの世から消えてしまう」ことの2つがあることがわかります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 「自分という存在」と「自分という存在の価値」

 

 「自分という存在」を考えることは、「自我」を定義することです。その「自我」は部分関数と評価関数という2つの観点で考えることができます。

その本質は「空(くう)」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 「自分という存在の価値」とは、「空」なる自分が果たす役割・機能のこと。「仮(け)」です。

 「空」であることを忘れずに、しっかり「仮」を実践できることが「中(ちゅう)」。その中観が「死の恐怖」の克服を可能にします。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

 死を考えることは生を考えることです。生なくして死はありません。

 生と死の間にゴールを見いだし実現していくことこそが、スピリチュアルペインを自ら解決することであり、生を輝かせること

博士の言葉をかみしめながら、私はそのようなことを考えました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8293317.html

 

  人は生きている時は自分の心の中、

  亡くなると親しい人の心の中にいる

 

 

最後に、苫米地博士の著書「『生』と『死』の取り扱い説明書」(ベストセラーズ、開拓社より再販)より引用します。自分の中に眠るエネルギー(気)を感じてください。

Don’t think, feel

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 

 いま、この時を生きよ

 天台大師智顗の教えに、「一念三千」というものがあります。

 人間の一瞬の心の中に、現在、過去、未来のすべての現象が入っているといった意味です。

 死後の世界を想像するのはみなさんの自由です。しかし、それは明日どんなことが起こるのだろうと考えるのと大差はありません。そこで考えたことは、起こるかもしれませんし、起こらないかもしれませんが、いずれにしてもその時点ではあなたの妄想に過ぎません。

 明日のことを考えるのが妄想ならば、昨日のことを回顧するのも妄想です。そこにはあなたの記憶とか、心と呼ばれるものの作用だけがあるのです。

 昨日や明日のことを妄想するのも自由です。でも、それだけでは生きているとは言えません。日々の生活をより輝かせるための、娯楽とか息抜き、ちょっとしたスパイスとしてなら、妄想もむしろ有効でしょう。しかし、妄想の世界にどっぷり浸かってしまい、妄想と現実との区別もつかないというのであれば、果たして生きているといえるでしょうか。

 本書を手に取ったあなたは、死について、何らかの恐れや悩みがあるのでしょう。ですが、それも心の作用であり、妄想だと気づいてほしいと思います。

 今、恐れ、悩んでいるあなたは確実に生きています。生きているからこそ、恐れ、悩むのです。恐れや悩みを感じたということは、あなたが生きていることを意識できるチャンスです。

 死んでしまえば、抱いている恐れや悩みは消えてなくなります。であるならば、恐れ、悩むこと自体が無意味です。生きている人で死後の世界を見た人はいません。恐れ、悩んでも答えはないのです。

 恐れ、悩むなら死んでから悩んだらいいでしょう。でも、そのとき、恐れ、悩む主体はありませんから、恐れや悩みもありません。

 恐れ、悩んでいるのは、「いま、生きている証拠」だと気づけば、あとはどんな機能を果たすかを考えるだけです。

 どんな機能がいいかという答えを、私が出すことはできません。本書で書いたように、あなたの宇宙はあなたのものであり、私が決めてしまったら、それはあなたがあなたの宇宙を生きていないことになってしまいます。

 あなたの宇宙はあなたが主人公であり、あなたがプロデューサーであり、あなたが脚本家なのです。その脚本は自由に書くことができ、またいつでも書き換えることができます。

 過去も未来も妄想です。あなたに与えられた時間は、いま、現在というこの一瞬だけです。この一瞬一瞬を意識し、生きていることを実感して、自らの選択で自らの機能を果たすこと。それだけが死への恐怖や悩みを忘れさせ、あなたの人生を輝かせてくれる唯一の方法なのです。

 宇宙と自我は同じものでした。ならば、宇宙が消えない限り、死んでも自我は消えません。これがわかれば、自分が消えてしまうという「自己喪失感」は意味がないことがわかります。

 もう一つの「自己喪失感」は「自分が無価値になる」というものでしたが、それを恐れるなら、生きているうちに、いますぐにでも価値ある機能を見つけて、その機能を果たしましょう。もしあなたが、宇宙にとって普遍的な機能を果たすことができたなら、あなたが無価値になることはありません。

 その機能を見つけ、果たすチャンスは、生きているいましかありません。

 引用終わり

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第3回目(R4.6/19開催)のテーマは「ゴール」。詳細はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28683163.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

PM-04~:苫米地理論で見える医療・福祉現場のスコトーマ(目次)

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13076878.html

L-001~20201月シークレットレクチャー(スピリチュアルペイン-1

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_407080.html

L-023~20203月シークレットレクチャー(スピリチュアルペイン-2

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_411419.html

L-032~20204月シークレットレクチャー(スピリチュアルペイン-3

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_413332.html

 

 

「生」と「死」の取り扱い説明書

生と死の取り扱い説明書

Kindle版はこちら↓

Amazon.co.jp: 「生」と「死」の取り扱い説明書 eBook : 苫米地英人:

 



L-06420209月シークレットレクチャー -04物理=カオス=「仮」と「空」を包摂するもの

 

20209月にコーチ向けのレクチャーを行いました。守秘義務を結んだ上で行う全3回の講義の最終回。3回を通しての全体テーマは「現世利益」、キーワードは「トータルペイン(とくにスピリチュアルペイン)」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24505924.html

 

 *初回講義(20207月)はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416281.html

 *2回目はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_417757.html

 

当日の講義内容をブログ用に再構成してお届けします。

 

 01;「生/life」を磨き上げるもの

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28467657.html

 02;高次の抽象度次元に誘う存在、高い抽象度次元を志向する一人ひとり

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28485944.html

 03;全面肯定しつつ、“現状の外”を志向する

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28501205.html

 04物理=カオス=「仮」と「空」を包摂するもの

 

 

 ところで、「全面肯定」の「全面」をしっかりイメージすることは、抽象度を上げるための大切な取り組みにもなります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

さらに、それはゴールのポイント「2)自分中心を捨て去る」を実現するためのワークでもあります。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 鍵となるのは「宇宙の構造」の理解。

「宇宙」という言葉から(トリガー)、どんなことをイメージしますか(アンカー)?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23944294.html

 

 多くの人が「宇宙」として実感しているのは、物理的な「3次元+時間」の世界であるはず。次元とは「物体の位置点を定めるために必要な座標軸」のこと。じつは、量子の世界(1036m)では11次元ともいわれています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14687476.html

 

 苫米地理論では、時空が何次元であろうとシンプルに1つの「物理次元」と捉え、その物理次元の上に「A次元(Abstract次元=抽象次元)」という情報の宇宙があると考えます。

 宇宙を情報量の大小でならべる軸(抽象度)で考えると、情報空間(次元)の底面が物理空間(次元)です(物理空間は情報空間の一部)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

「抽象度が上がる」とは、「具体的情報量が減る」ことを意味します。よって、宇宙は上に行くほど閉じていく構造となります。具体的情報(量)青色であらわすと下図のような感じです。

 (底面が4次元物理空間です。もちろん、物理宇宙は四角だということではありません)

 

宇宙の構造

 

 一方で、抽象度が上がると確かに具体的情報量は減りますが、潜在的情報量はむしろ増えていきます。可能性と考えるとわかりやすいでしょうか。

 その潜在的情報(量)可能性緑色で表示すると、抽象度を軸にした宇宙はこのように考えることができます。

 (赤い四角が物理空間。もちろん、2次元平面や四角という意味ではありません)

 

潜在的情報(可能世界)と物理空間

 

 「全面肯定」の「全面」をしっかりイメージすることとは、“自分”を定義するあらゆる縁起を同時に意識に上げるということ。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

“自分”を定義する縁起が増えれば増えるほど、抽象度(次元)を上げることができます。

例えば、チワワやシェパードだけでは「犬」という抽象度に留まりますが、そこにアメリカンショートヘアが加わると「哺乳類」まで抽象度が上がります。さらに、文鳥が入ると「脊椎動物」に、マダコやカブトムシが入ると「動物」に、ソメイヨシノが加わると「生物」まで上がっていきます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 縁起が増えるほど抽象度(次元)が上がる

 

 それがゴールのバランスホイールが重要な理由。高い抽象度次元が持つポテンシャルエネルギーを縁起力として、すべてのゴール実現に利用することができるようになります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28451173.html

 

 人の思考・情動は物理空間とは全然違うA次元にまで連続的にひろがっています。

 

より多くのゴールを同時に意識に上げるほど、そして、より多くの縁にしっかり関心を向けるほど、宇宙はますますシンプルになり、可能世界(possible world)はどんどん拡大していく

 

それが前頭葉が発達した人間にとっての宇宙の理。

だからカオス(chaos)の反対はコスモス(cosmos)。一言でいうなら空(くう)です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

物理=カオス=「仮」と「空」を包摂するものが「中」。中観宇宙­=コスモス

 

あらゆる過去、現在、未来(可能性)が結実しているのが物理空間の「今、ここ」という4次元座標。だから

 

エネルギーが一点に集まっている「一期一会」の体感が「現世利益」

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26744273.html

 

その反対に、物理空間上の一点から、すべての過去、現在、未来(可能性)を観る。そして、そのすべてを「全面肯定」することが、「一念三千」の実践といえるはずです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26408247.html

 

L-065につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

さらに、それはゴールのポイント「2)自分中心を捨て去る」を実現するためのワークでもあります

 

さらに2いうと、それは教育が目的としている「人間形成」を実現します。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/9963845.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/9966391.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10116950.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第2回目のテーマは「コンフォートゾーン」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28496983.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-192:「夢をかなえる方程式 I×V=R」実践の秘訣(ワーク付き)

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26119647.html

Q-204~:「縁起」と「因果」

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_413308.html

Q-219~:ゴールに対するスケジュールはたてますか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_415812.html

 

 

 

L-06220209月シークレットレクチャー -02;高次の抽象度次元に誘う存在、高い抽象度次元を志向する一人ひとり

 

20209月にコーチ向けのレクチャーを行いました。守秘義務を結んだ上で行う全3回の講義の最終回。3回を通しての全体テーマは「現世利益」、キーワードは「トータルペイン(とくにスピリチュアルペイン)」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24505924.html

 

 *初回講義(20207月)はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416281.html

 *2回目はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_417757.html

 

当日の講義内容をブログ用に再構成してお届けします。

 

 01;「生/life」を磨き上げるもの

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28467657.html

 02;高次の抽象度次元に誘う存在、高い抽象度次元を志向する一人ひとり

 

 

 スコトーマがさらに外れやすくなり、“現状の外”がますます感じられるようになると、「ドキッとする」「ハッとする」体験が増えていきます。それがコーチングを受けているクライアントさんの体感です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 すると、ますます自我が書き換わりやすくなります。評価関数としての自我はもちろん、部分関数としての自我までも。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 「ドキッとする」「ハッとする」ときに強烈なRゆらぎがおこり、ゴールが導く世界に移行しやすくなるからです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23645730.html

 

 ゴールは1)心から望むもので、2)自分中心を捨てながら、3)現状の外に設定するもの。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 コーチの強力なサポートを受けながらスコトーマを外して見いだす「現状の外」は、より抽象度の高い次元にあります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 具体的情報量が少ない高抽象度の世界に強い臨場感を感じることができるのは、「自分中心を捨て去る」から。それは「自分は後回し」といった「滅私」や「利他」のことではなく、「『縁起宇宙のどこまでを自分と感じられるか?』という『自分の定義』」をひろげていくことです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 より抽象度が高くなるほど、より“自分”の定義が拡大していきます。それが「自分中心を捨て去る」。それは人としての進化・向上とも重なります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/9963845.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/9966391.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10116950.html

 

 「高次の抽象度次元に誘う存在」 それがコーチ。そして、「高い抽象度次元を志向する一人ひとり」がリーダーです。

 PM-06-17:仮説12)リーダー、マネジメント、コーチの役割と抽象度の関係

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14526054.html

 

 

 前回(20208月レクチャー)、病院長として働く病院へのコーチング導入に“失敗”したことに触れました。その理由は「中途半端なコーチ」だったから。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28153740.html

 

 私の考える「中途半端」とは、空観を忘れ(仮観ではなく)実観になってしまうという過ちのことです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

成功を重ね自信がつくほど、じつは実観に陥りやすくなります。

 PM-06-21:仮説14)空(くう)なき実観の行き着く先にあるもの

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14833876.html

 

 コーチの鉄則は「コンテンツには関わらない」と「クライアントの利益100%」。

「コンテンツには関わらない」ために、コーチは自身の価値判断を押し付けません。「クライアントの利益100%」は、コーチが“自分”という殻を脱ぎ捨てることで可能になります。それらは「自分中心を捨て去る」の実践です。

 

その鉄則を守り続け、絶対に過ちを犯さない(繰り返さない)ために、私はあえて“失敗”という言葉を使っています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13397552.html

 

L-063につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記―

 その鉄則を守り続け、絶対に過ちを犯さない(繰り返さない)ために、私はあえて“失敗”という言葉を使っています

 

 “失敗”について、認知科学者 苫米地英人博士はどのように考えていらっしゃるのでしょう。以下、博士の著書「夢が勝手にかなう脳」(講談社)より引用します。

 

 

◇成功する人に「失敗」はありえない

 とことん成功する人というのは、「自分が失敗する」なんてことはこれっぽっちも考えません。「世の中に失敗はありえない」ことがわかっているからです。

 まさか……と思いますか? その根拠は二つあります。

 

 〇失敗する可能性があることを理解したうえで挑戦し失敗した場合は、自分が了解していたことだから失敗ではない

 〇自分の行動のすべては、自分が部分情報のなかでベストだと思うことを選択したもの。結果として失敗に見えたとしても、それ以上の選択がありえなかったのだから、その結果もまた成功である

 

 論理的に「失敗」はありえないことが、わかりましたね? 「失敗を繰り返す人」というのはここがわかっていないから、自分の行動の結果が良くないだけで「また、失敗した」とうずくまる。それがクセになっているのです。

 では、どうして「失敗」という認識が起こるのでしょうか。それは、物事の結果について「もし、こうしていたら、失敗しなかったのに。成功していたかもしれないのに」などと、仮想的な世界と自分の現在をムリヤリ比べるからです。

 どんな結果にせよ、現実よりもうまくいった場合を想定すれば、何だって「失敗」になります。そういう考え方をしているから人生が失敗の繰り返しになってしまうのです。

 

 とことん成功する人は、一見マイナスの結果に思えることがあっても、その現状をベストだと捉えます。

 たとえば、「いける!」と思って出した企画がボツになったとしても、そのときの部分情報でそれがベストな選択だったと確信して企画したのだから、失敗ではありません。結果がどうであれ、成功です。そう考えるから「失敗」という“魔物”に取り憑かれることなく、最終的に成功するという方向に向かって、前に進めるのです。

 逆に言えば、そういう「失敗を失敗としない」考えの持ち主が、とことん成功する人です。世間的には「失敗」と言われることがあっても、つねに「成功」と捉えて前進するから、人生は「成功の連続」になるのです。

 ゴルフの石川遼選手がメジャー大会に出ては予選落ちするのを見て、「実力もないくせに、また失敗している」と思う人がいるかもしれません。しかし、おそらく彼は、本人が目指すゴールに向かう過程で、「もっと上のレベルの選手と対等に戦う」と考えコンフォートゾーンを上げ続けているのではないでしょうか。そうであれば、本人にとって予選落ちなど失敗ではないはずです。

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第2回目のテーマは「コンフォートゾーン」。間もなく募集を開始します。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

PM-06-06:仮説01)変わらないコンフォートゾーン(CZ)が生みだす「現状維持の壁」

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628746.html

F-104:「映写機の故障により上映できるかわかりません」 Vol.4;リーダーの視点で

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19485793.html

F-127:続・クライシスの本質 ~首相による「一斉休校要請」と社会の反応を読み解く~ <後編>

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/21664503.html

F-190:くっきりとした姿が見えているわけではないけど、おぼろげながら浮かんできたんです <中編;リーダー>

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25988048.html

Q-176:コーチはリーダーとマネージャーの役割・機能を持つと考えてよいのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25016029.html

Q-210:世の中はどうしてドリームキラーばかりなのでしょうか? <回答1:ゴール&リーダーの観点で>

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26886756.html

 

 

夢が勝手にかなう脳(kindle版)

Kindle版はこちら↓

夢が勝手にかなう脳 | 苫米地英人 | 個人の成功論 | Kindleストア | Amazon

 



Q-246:続・気楽に生きたいのですが ~「気楽に生きる」ということ~ -04;「一人一宇宙」はゴールに向かう夢の一部

 

子どもの頃、私は「努力」や「根性」という言葉が好きでした。反対に「気楽」や「気軽」が大っ嫌い!

 F-109:気楽

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19980130.html

 

ところが、認知科学者 苫米地英人博士に学ぶ間に、「努力」「根性」がコンフォートゾーン(CZ)の外になり、「気楽」がCZ化していきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 そんな「気楽」について、いただいた御質問に回答しながら考えてみました↓

 Q-238~:気楽に生きたいのですが

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418094.html

 Q-240~:毎日、無気力感に悩まされています ~気楽に生きる際の注意点~

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418402.html

 

 「100%want toで生きよう」「楽しく働こう」といった話をすると、必ずといっていいほど「やりたいことだけで生きられればそもそも苦労はしない」「みんながやりたいことだけやっていたら社会が成り立たない」といった御意見(claim)をいただきます。ときには「楽しく働かれるといい迷惑だ」といった苦言も。

 「want to」や「Not Normal」を貫く生き方は、気楽ではありますが、決して楽ではありません。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882609.html

 

 ところで、want toを非難する人たちのことをドリームキラーと呼びますが、最大・最強のドリームキラーとなるのは誰でしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040935.html

 

 そう、自分自身。心の中の不安や恐怖・義務感・罪悪感といったものが、want toをいつの間にかhave toに変えていきます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13523715.html

 

では、そんな内なるドリームキリングに対して、どう対応すればよいのでしょうか?

 

 そのような問いを念頭に、「気楽に生きる」ということについてあらためて考えてみました。気楽に読んでくださいw

 

 01;肩書が変われば、機能・役割が変わる

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28362960.html

 02:昇進うつはなぜ起こる?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28380339.html

 03;昇進うつの解決法

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28391533.html

 04;「一人一宇宙」はゴールに向かう夢の一部

 

 

前回は「昇進うつ」の原因(case)を「『内(セルフイメージ)』と『外(環境肩書き、仕事内容など)』のずれ」であるとし、その解決(plan)として「1)内を外に合わせて変える」と「2)外を内に合わせて変える」を考察しました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12658417.html

 

じつは、この考え方は正しくありません。例えばデカルトの心身二元論の根底にあるような「不完全性定理や不確定性原理以前の西洋哲学」を前提にしているからです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6194669.html

 

すべては「空(くう)」。「まず外(環境肩書き、仕事内容)があって、それに合うように内(セルフイメージ)を変えていく」というような説明になっていましたが、本当は違います。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

 

 すべての意味のある永続的な変化は、心の中のイマジネーションから始まり、やがて外側の現実を変えていく

All meaningful and lasting change starts first on the inside in your imagination and works its way out into reality.

 

ルー・タイスさんが教えてくださるとおり、まずは心の内に明確なイメージができ、それが外(環境)を構築していきます。

 

私たちが認識している目の前の世界はすべて情報です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

多くの人がリアルだと信じている物理宇宙は、視・聴・味・嗅・触+言語(+数学)を介した情報処理により構築された情報空間の一部。それは情報処理主体のマインドによりダイナミックに変化する「一人一宇宙」の投影です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/11823351.html

  

 抽象度を軸とすると、情報宇宙(空間)の底面が物理宇宙(空間)です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 一番情報量が多く、それゆえvividに感じることができる世界

それが物理空間であり、多くの人にとっての“現実”です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

脳が発達した私たち人類は、物理空間に縛られる他の動物と違って、より高次の抽象空間に生きることができます。しかし、他臓器との進化のタイムラグを原因とするエネルギー供給の問題により、そのポテンシャルをフルに発揮することができません。そのため入力される情報量を無意識レベルで厳しく制限しています。

そのシステムがRASReticular Activating System)、抜け落ちる情報がスコトーマ(scotoma)です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721658.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

どんな情報をRASが選ぶかはブリーフシステムによります。そのブリーフシステムは情動体験や情報の記憶で形成されるもの。自我そのものです。

つまり、目の前にひろがる世界は各人の自我の投影であり、一人ひとり異なるということ。だから「一人一宇宙」です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

すこし哲学的または宗教的に聞こえるかもしれません。事実、このオリジナルは2600年前に釈迦が語っています。縁起として。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

1930年代以降の量子論の発展により、釈迦の教えが真実であることが明らかになりました。目の前の世界が各人の自我によって再現された情報状態であることは、今や科学的事実です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14526199.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14687391.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14687476.html

 

この理がわかると「すべての意味のある永続的な変化は、心の中のイマジネーションから始まり、やがて外側の現実を変えていく」という教えを受け入れることができるはずです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628437.html

 

ここで重要なのは「心の中のイマジネーションから始まる変化」を自由意思によってコントロールできるということ。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

ここにコーチングの重要な意味と役割があります。

思いどおりに心の中に変化を起こす第一歩がゴール設定です。ルーさんの言葉でいうと「ゴールが先、認識が後」。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8583393.html

 

正しくゴールが設定できると、目の前の世界がゴールを達成するためのfieldに変わります。そこでは楽しいことばかりではなく、辛い(と感じる)こと、悲しい(と感じる)ことも起こります。ゴールは現状の外にあり、そもそも宇宙自体が不完全だからです。

F-228~:ゼロトラスト

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418030.html

 

ゴールを見失わずエフィカシーを保ったまま“自分”を観察し続けていると(モニタリング&ラベリング)、すべてがゴールとつながっていることが実感できるようになります(T)。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/18456250.html

 

「大丈夫?」と心配されるような厳しい状況も、「大変だね~」と同情されるような理不尽な状態も、コーチングマインドを持つ者にとってはゴールに向かう大切な夢の一部です。

 Q-213~:「ラベリングを夢の中でも行う」ことの意味

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_414537.html

 

自分自身のゴールと組織のゴール、さらには社会のゴールを重ねることができる人は、働けば働くほどゴールに近づいていることを実感し、エネルギーが満ち溢れていきます。

それが「楽しく働く」ということです。

昇進しても、たとえ降格したとしても、ますますゴールに近づく夢の一部なのですから、どんどん幸せになっていきます。「昇進うつ」がおこることはなく、「荷降ろし症候群」や「上昇停止症候群」となることもありません。

F-212~:仕事楽しみですか? ~want toが非難される社会~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_415360.html

 

では、現時点でゴールを見いだせていない人は「目の前の世界」をどうとらえればよいのでしょうか? 苦難(と感じること)にどのように向き合うべきでしょうか?

 

例えば「とりあえず働いている状況で昇進してしまった。そしたら辛く苦しくなってしまった」という場合なら、前回言及した「1) (結果として)内を外に合わせて変える」ことに取り組みましょう。まずは暫定的なゴール設定からw  ぜひコーチにアクセスしてください。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25482691.html

 

次回は「1)内を外に合わせて変える」ために体得するべき「時間の流れ」についてまとめます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

ポイントは「前後関係」と「因果関係」の理解です。

 

Q-247につづく)

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第1回目のテーマは「A次元」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28324598.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-034~:「何もないところからレンブラントを発見」は正しい?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_268332.html

F-206~:マトリックス/Matrix

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_414394.html

Q-042~:「明確にリアルに目標がイメージできた時点でほぼゴールに近づいた」とは具体的にどういうことでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_262962.html

 

 

 

F-2323錠じゃないと飲まん! <中編:排中律に潜む問題とその解決>

 

 先日、縁深い人から、私のブリーフシステム(BS)について鋭い御指摘をいただきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 0100かで極端だよねw

 

 その時思い出したのが認知科学者 苫米地英人博士に教えていただいた「排中律(はいちゅうりつ)」という概念。それは「任意の命題に対して、それが成り立つか、成り立たないかいずれか一方であって、その中間はないことを述べた論理学の法則」です(日本大百科全書より)。

 

「中間はない」という発想の根底には「完全性」があります。それは単調論理であり、不完全性定理や不確定性原理以前の西洋哲学の世界観です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6194669.html

 

 「不完全性」が証明された現代は非単調論理。縁起で代表される釈迦哲学がベースです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

コーチングを上手く行うためには、縁起の理解と実践が欠かせません。そうでないと「可能世界w1」を見いだせないからです。

(詳しくはこちらでどうぞ↓)

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 指摘をいただいた後、私は新たなゴールを設定しました。もちろん現状の外に。

 その結果として、「関数pの再定義」が起こり、RASが変化し、スコトーマが外れたのでしょう。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721658.html

 

 医師として働く現場でさっそく「排中律」を見つけました。「3錠じゃないと飲まん!」と拒薬する高齢男性患者さんの思考です。

 (プライバシー保護の観点で変更を加えています)

 

 前編:排中律

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28339618.html

 中編:排中律に潜む問題とその解決

 

 

 23にしろ。さもなければ20にする

 

 今回は、このような排中律に潜む問題(課題)とその解決を考えていきましょう。

 

 前回御紹介した患者さんは、自身の主張が論理的ではないことを理解しているようでした。「20になる」ことでかえって身体的苦痛が強まってしまうことはわかっていたはずです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12340209.html

 

 しかしながら、本人の無意識は、身体的苦痛の解決よりも心理・精神的苦痛の解消を優先しました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24682654.html

 

 この場合の心理・精神的苦痛とは、簡単に言うと「認知的不協和」のこと。その解消のために本人(の無意識)が選択した行動が「私の言うとおりにしろ」と大声で怒鳴ることでした。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882652.html

  

その「私の言うとおりにしろ」という発想自体が苦痛の源です。そもそも「私」は独立して存在してはおらず、すべて縁によって起こっているから。

「私」とは「無限にひろがる関係の結び目」のことです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 だから、「私」の抽象度が低いままでは、私=縁起をしっかり感じることができません。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

縁起を感じることができないと、つい「自分100%、相手0%」を求めてしまいがち。その当然の帰結として、社会的苦痛が生じていきます。実際、その患者さんは家族とは疎遠でした。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14401412.html

 

鍵は“自分”の定義。

 ただし、“自分”にこだわり囚われるほど、自由がどんどん奪われていきます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

 “自分”とはブリーフシステム(BS)のことですが、そのBSはもともと他人の判断基準であり、社会の価値観だから。しかも、すべて過去です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

 誰もが「“私”は本当の私ではない」という矛盾と「本当の“自分”がわからない」という苦しみを抱えています。スコトーマに隠れ、気づいていないだけです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 その苦しみが「スピリチュアルペイン」。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24706915.html

 

 それは臨場感世界が情報空間にまでひろがっている人間だからこその苦しみであるといえます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

 

 ここまでがケースサイド(case side)。問題(課題)を見つけるパートです。

 見つけた問題(課題)を解決するパートがプランサイド(plan side)。では、明らかになったスピリチュアルペインを解決するプランは?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12658417.html

 

 そう、答えはコーチング!

 コーチングの実践によって、1)心から望む何かを、2)自分中心を捨てながら、3)現状の外に見いだし続けることが解決です。

 その“何か”がゴール。“何か”を実現する根拠なき確信がエフィカシーです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 本物のコーチのもとでコーチングをしっかり実践していくと、より抽象度の高い次元に「可能世界w1」を見いだすことができます(Imagination)。その「w1」の臨場感が高まっていくほど(Vividness)、「w1」は現実化していきます(Reality)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

それとともにゴール(w1)側から「pの再定義」がおこり、結果として“自分”が拡大していきます。

 (重要な部分なので再度引用します。クリアではない方はこちらを確認してください↓)

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 ゴールを設定し、エフィカシーを高めながら、“自分”を拡大・拡張していく

 

コーチングの実践は、スピリチュアルペイン克服の力となり、トータルウェルビーイング実現の礎となっていきます。

F-163~:アンチ(anti)からウィズ(with)、そしてウェル(well)へ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404044.html

 

F-233につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

 「ゴールが先、認識は後」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8583393.html

 

 すべてはゴール設定からはじまります。問題の解決はもちろんのこと、問題の発見自体がゴール設定の結果です。よって、「ゴールにより思考が決まる」といえます。

ゴールの抽象度が上がるほど、情動→論理→社会的情動となり、より自由になっていきます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 ゴールを設定しスピリチュアルペインを克服していく生き方そのものが幸せである

 

 そのように私は思っています。

 F-176~:“幸福(well-being)”とは? ~「antiwithwellpart

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_408326.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第1回目のテーマは「A次元」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28324598.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

S-04~:さぁ「人間関係の悩みを克服する旅」をはじめよう!

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_397885.html

F-052~:人は、己に克つを以って成り、己を愛するを以って敗るる

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_268337.html

F-089~:無人運転と自動運転の違い ~シーサイドライン逆走に思う~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_369873.html

F-217~:不安と不満のはざまで苦しんでいる君へ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416096.html

 

 

Q-243:続・気楽に生きたいのですが ~「気楽に生きる」ということ~ -01;肩書が変われば、機能・役割が変わる

 

子どもの頃、私は「努力」や「根性」という言葉が好きでした。反対に「気楽」や「気軽」が大っ嫌い!

 F-109:気楽

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19980130.html

 

ところが、認知科学者 苫米地英人博士に学ぶ間に、「努力」「根性」がコンフォートゾーン(CZ)の外になり、「気楽」がCZ化していきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 そんな「気楽」について、いただいた御質問に回答しながら考えてみました↓

 Q-238~:気楽に生きたいのですが

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418094.html

 Q-240~:毎日、無気力感に悩まされています ~気楽に生きる際の注意点~

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418402.html

 

 「100%want toで生きよう」「楽しく働こう」といった話をすると、必ずといっていいほど「やりたいことだけで生きられればそもそも苦労はしない」「みんながやりたいことだけやっていたら社会が成り立たない」といった御意見(claim)をいただきます。ときには「楽しく働かれるといい迷惑だ」といった苦言も。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882609.html

 

 事実として、私は「夢想家」「お花畑」「苫米地教信者」などと陰口を叩かれ、「本当にwant toばかりしている」と書かれた文書を裁判所に提出されました。

 Q-059:今まで「仕事をしなければならない」という気持ちが強いでした

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13076206.html

 

 「want to」や「Not Normal」を貫く生き方は、気楽ではありますが、決して楽ではありません。「気楽に生きたいのですがなかなかできません」「頭ではわかっていても目の前の仕事や生活をこなすのがやっと」「この生活がずっと続くのかと思うと不安」といった言葉に、厳しい現実に対する質問者の心の叫びを感じました(feel)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 ところで、want toを非難する人たちのことをドリームキラーと呼びますが、最大・最強のドリームキラーとなるのは誰でしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040935.html

 

 そう、自分自身。心の中の不安や恐怖・義務感・罪悪感といったものが、want toをいつの間にかhave toに変えていきます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13523715.html

 

では、そんな内なるドリームキリングに対してどう対応すればよいのでしょうか?

 

 そのような問いを念頭に、「気楽に生きる」ということについてあらためて考えてみました。気楽に読んでくださいw

 

 01;肩書が変われば、機能・役割が変わる

 

 

 かつて病院長を務めていた頃、私は辞令交付のたびにメッセージを伝えていました。「気楽に生きてほしい」「楽しく働いてほしい」と。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7556145.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7702279.html

 

「気楽に生きる」「楽しく働く」というのは、「いいかげんに生きる」とか「おもしろおかしく過ごす」ということではありません。むしろ正反対。それは「“自由”に挑み、責任を果たし続ける」という感じです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13958864.html

 

 そのようなことを伝えた後、下記の3点について詳しく説明していました。

 

1)肩書が変われば、機能・役割が変わる

肩書きが変わると、機能・役割が変化します。それを仏教的に表現すると「縁起が並び変わる」ということ。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

縁起を重要度で並び替える評価関数は自我の定義そのものです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

よって、辞令により肩書きが変わる人は“自我が変わっていく人”と表現することができます。その過程において「昇進うつ」がおこる場合があります。「これまでの私」というコンフォートゾーンを外れるからです。

(次回取り上げます)

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 

2)自我が変わると世界が変わる

自我が変わると、今まで認識できなかったことを認識し、認識していたことが認識できなくなっていきます。きっと世界が一変することに驚くでしょう。

 

その理由は「脳の基底部に存在するフィルター(RASReticular Activating System)を通過する情報が変わる」から。その結果、心理的盲点=スコトーマ(Scotoma)が変化します。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721658.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

私たちは個人レベルでそれぞれがスコトーマをもっています。そして、職種により似たようなスコトーマを持ち、組織としてスコトーマを共有しています。もちろん、業界としても。

例えば「地域医療構想」は少なくとも3つのスコトーマを抱えていますが、業界の重鎮になるほどスコトーマが外れにくくなっています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8584052.html

 

まずはRAS&スコトーマの存在を知り、その意味を理解することが重要です。

 Q-235:「財布を娘に盗られた」といった被害妄想がvol.6:記憶が織りなす「一人一宇宙」>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27981625.html

 

そして、個人や組織、業界のスコトーマをお互いに外しあっていくことが大切。なぜなら、スコトーマの中にさらなる進化・向上のヒントがあるからです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/18340276.html

 

 そのために最も重要なものがゴール!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 

3)鍵はゴールの共有

お互いにスコトーマを外しあい、ともに進化・向上していく鍵は、「ゴールの共有」にあります。

 

ゴールを共有するためには「働く一人ひとりが自分自身のゴールを設定している」ことが大前提。個人のゴールを組織のゴールや理念と重ねることができれば、働くことが「want to」になります。

 

働けば働くほど、自分のゴールに近づき、心が満ちていく

 

それが「楽しく働く」ということ。

 

そして、人生のあらゆる領域にそれぞれゴールを設定し(バランスホイール)、挑み続ける生きざまが「気楽に生きる」です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28095246.html

 

 生きれば生きるほど、たくさんのゴールに近づいていき、ますます心が満ちていく

 

 実際、「その場にいるだけで雰囲気が明るくあたたかくなる人」っていらっしゃいますよね。私にとっては、苫米地博士はもちろん、コーチの皆さんがそんな感じです。

 

そんなあたたかい光を放つ人に誰もがなれます。

その秘訣が「気楽に生きる」「楽しく働く」です。

 

Q-244につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-追記-

苫米地式認定コーチとして、私は、地球上のすべての人々が「気楽に生きれるように」「楽しく働けるように」と願っています。その延長上に世界平和があると信じているから。

こちらをどうぞ↓

PM-07-09~11:「平成」という元号に埋め込まれたコード

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16379886.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16541640.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16660261.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第1回目のテーマは「A次元」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28324598.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-043:「感情労働」という問題とその解決のイメージ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10987351.html

F-212~:仕事楽しみですか? ~want toが非難される社会~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_415360.html

 

 

 

F-2313錠じゃないと飲まん! <前編:排中律>

 

 先日、縁深い人から、私のブリーフシステム(BS)について鋭い御指摘をいただきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 0100かで極端だよねw

 

 その時、まず思い出したのが、長渕剛さんが「花びらの色は白か黒かのどっちかだ~」と歌う「勇気の花」。桜島オールナイトライブ(2004年)の1曲目だったので、あの夜の熱狂が鮮やかによみがえりました(トリガー&アンカー)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23944294.html

 

 続いて思い出したのが認知科学者 苫米地英人博士に教えていただいた「排中律(はいちゅうりつ)」という概念。それは「任意の命題に対して、それが成り立つか、成り立たないかいずれか一方であって、その中間はないことを述べた論理学の法則」です(日本大百科全書より)。

 苫米地博士の書籍でいうと、「ディベートで超論理思考を手に入れる 超人脳の作り方」(CYZO)内に記載があります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13076426.html

 

 「中間はない」という発想の根底には「完全性」があります。それは単調論理であり、不完全性定理や不確定性原理以前の西洋哲学の世界観です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6194669.html

 

 「不完全性」が証明された現代は非単調論理。縁起で代表される釈迦哲学がベースです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 先程の例えでいうと、「花びらの色は無限にあるともいえるし、ないともいえる」という感じ。「空(くう)」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

 もちろん、苫米地理論は縁起ベースです。

 PM-01~:苫米地理論とは? ~抽象度と超情報場仮説(目次)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12893266.html

 

そして、コーチングを上手く行うためには、縁起の理解と実践が欠かせません。そうでないと「可能世界w1」を見いだせないから。

(詳しくはこちらでどうぞ↓)

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 

 0100かで極端だよねw

 

 そんな御指摘をいただいたとき、「やれやれ、苫米地式認定コーチとしてまだまだだな~」というセルフトークをしてしまいました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25482691.html

 

すぐに「私らしくない。次は〇〇している」とReplacement

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27729316.html

 

さらに止観瞑想を行い、しばらくの間、私の「BS=自我=関数p(←上記リンク記事『F-222』内に解説あり)」を生みだしている刷り込みや価値観を観察しました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 *止観瞑想はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/18576926.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/18684707.html

 

 コーチングを学び始めた頃の私ならきっと、「BS=自我=関数p」の再定義に取り組んだはずです。「苫米地式認定コーチにふさわしい私」を求めながら。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882652.html

 

 だけど、それはNG。「関数pの再定義を促すのではなく、可能世界“w”から別の“w1”に移行することを促す」ことが本物のコーチングです。

 つまり、取り組むべきはゴール設定(更新)!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 すかさず私は新たなゴールを設定しました。もちろん、気楽にw

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19980130.html

 

 その結果として、「関数pの再定義」が起こり、RASが変化し、スコトーマが外れたのでしょう

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721658.html

 

 医師として働く現場でさっそく「排中律」を見つけました。「3錠じゃないと飲まん!」と拒薬する高齢男性患者さんの思考です。

 (以下、プライバシー保護の観点で変更を加えています)

 

 簡潔に説明すると、ある内服薬を「2錠ではなく、3錠にしろ」と主張するのです(claim)。その根拠(warrant)や事実(data)ははっきりしませんでした。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12340209.html

 

おそらく、なんらかの情動体験が張り付いています。それは身体的苦痛や心理・精神的苦痛を伴った失敗の記憶でしょう。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13397552.html

 

 思いどおりにいかなかった患者さんは「3錠じゃないと飲まん!」と怒りだし、1錠さえも内服しなくなりました。その結果、身体的苦痛がさらに強まるかもしれないのに。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24553696.html

 

 これは典型的な「ファイト・オア・フライト」。大声をだしながら威嚇し(fight)、治療を拒否してしまっています(flight)。

この大脳辺縁系優位の状態を今回のテーマと重ねると、短絡的な「fightか? flightか?」の排中律といえます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8164566.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8166289.html

 

 薬はもちろんのこと、すべてに「良い面」と「悪い面」があります。この世は(あの世も)不完全であり非単調なのだから。だからこそ「本当に解決できるのか?(solvency)」や「かえって不都合が生じるのではないか?(disadvantage)」などを多角的に吟味しなければなりません。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12935992.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12935916.html

 

 このケースの場合、「2(錠)が3(錠)になる」ことでかえって身体的苦痛が強まる可能性がありました。医学的判断としての最適はやはり「2」。

 その判断に不満を持つことは否定しません。患者さんの自由ですし、そもそも世界自体が不完全だから。真実となりえる可能性は無限にあり、どれを真実に選ぶかは各自のフリーゴールによるべきです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

とはいうものの、やはり「20にする」という判断は受け入れられません。身体的苦痛が強まる未来は患者さんのゴール側の世界(w1)ではないはずだから。知識不足によりスコトーマが生じている患者さんは、起こりうる未来を正しく認識できていません。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

意識をゴール側に導きながらスコトーマを外していくというサポートは、コーチ兼医師としての私の責任だと思っています。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13958864.html

 

 仮に患者さんが訴えるとおりに「23にする」場合、患者さんの認知的不協和は解消し、心理的苦痛は軽減するでしょう。思いどおりであり、「理不尽度」が下がるから。

 S-04-06~07:心に深い傷を負う理由

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/22746255.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/22817135.html

 

 しかしながら、その心理的苦痛の軽減はたいして続かないはずです。「23にする」ことで身体的苦痛が悪化してしまったら、やがては心理的苦痛も増強してしまいます。前よりもひどく。

 体と心、脳と心はそもそも同じもの。「体と心」「脳と心」でひとつです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24575354.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24617501.html

 

 

 23にしろ。さもなければ20にする

 

 この発想に潜む問題(課題)とはどのようなものでしょうか? その問題(課題)を解決するためにはどうすればいいでしょうか?

 

F-232につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第1回目のテーマは「A次元」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28324598.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

S-04~:さぁ「人間関係の悩みを克服する旅」をはじめよう!

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_397885.html

F-071~:「糖尿病リスク予測ツール」に思う

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_319922.html

F-215:これりすくん

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27469761.html

F-217~:不安と不満のはざまで苦しんでいる君へ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416096.html

 

 

F-230:ゼロトラスト 後編;wBSp;ゼロトラスト」から「w1;ベーシックトラスト」へ

 

 今回のテーマは「ゼロトラスト」。

 「ゼロ」は「0」、「トラスト」は信頼を意味する「trust」で、「完全に守ることは不可能という認識」のこと。「過信しない」というレジリエンスの大原則です。

 F-142:不要不急 vol.3;レジリエンス <ワーク付き>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/22878502.html

 

 リスクマネジメントをテーマとした研修や講演会等で「ゼロトラスト」の話をすると、「信用がないとチームは機能しない(=ディスアドバンテージ)」「お互いに信頼するから困難を乗り越えられる(=ソルベンシー)」といった反対意見をいただくことがあります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12935916.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12935992.html

 

 「ゼロトラスト」、すなわち「過信しない」というレジリエンスの大原則と、「信用・信頼が大切」という現場の認識は矛盾していません。教育の重要なポイントである「ベーシックトラスト」とも矛盾しません。その理由は?

 さらに、その理解と実践はコーチングの成否に大きく関係します。なぜでしょうか?

 

 前編;民無信不立

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28170711.html

 中編;「ゼロトラスト」はマネジメントの心がまえ

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28231758.html

 後編;wBSp;ゼロトラスト」から「w1;ベーシックトラスト」へ

 

「ゼロトラスト」「過信しない」というレジリエンスの大原則と「信用・信頼が大切」の「信」や「ベーシックトラスト」が矛盾しない理由は「そもそも抽象度が違う」。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

レジリエンスの大原則である「ゼロトラスト」は低い抽象度次元でのマネジメントの話です。

 PM-06-17:仮説12)リーダー、マネジメント、コーチの役割と抽象度の関係

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14526054.html

 Q-176:コーチはリーダーとマネージャーの役割・機能を持つと考えてよいのでしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25016029.html

 

一方、「信」は高次の抽象度次元に存在する何らかの概念(ゲシュタルト)に対する確信のこと。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 

 つまり、高次の抽象度ほど「ベーシックトラスト」が重要で、低次の抽象度ほど「ゼロトラスト」が必要だということです。

 

 この関係をしっかり理解した上で実践し続けることは、コーチングの成否に大きく関係します。そのことを認知科学者 苫米地博士のバラだんでの講義(20211213日放送)と重ね合わせながら考えてみましょう。

 (講義を未視聴の方は、先に御確認ください。下記ブログ記事中にリンクがあります↓)

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 

211213バラだん04

「バラいろダンディ」(TOKYO MX

20211213日放送回より引用

 

 

 「可能世界w」とは「一人ひとりの臨場感世界」のこと。

私たちは同じ世界に生きていると思いがちですが、それは共同幻想。目の前の世界は各自のマインドがダイナミックに生みだす「一人一宇宙」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/11823351.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/11823843.html

 

 その「臨場感世界=一宇宙」を生みだしているものが「ブリーフシステム(BS)」。それを苫米地博士は「w∀y∃xp(x,y)}x,y∈宇宙」と形式化されています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 そして、その式の中の「p」、すなわち「『xyより重要』を定義する関数」が「自我」であるとされています。例えば、お母さんさんとペットボトルのどちらが重要ということを決める重要度関数(評価関数)が「p」であり「自我」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 ここまでをまとめると「wBSp」。

 その「wBSp」は、通常は他人からの刷り込みや社会の価値観により構築されています。時間でいえば過去です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

 対して「別の可能世界w1」とは未来のこと。1)心から望み、2)自分中心を捨て、3)現状の外にゴールを設定することで自ら生みだす新たな一宇宙です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 ゴールをしっかり設定すれば、「wBSp」よりも「w1」の方が抽象度が高くなります。前回(F-229)考察したとおり、高次の抽象度ほど「ベーシックトラスト」、低次の抽象度は「ゼロトラスト」です。

 

 わかりやすいようにセルフトークにすると、「未来(w1)はもっともっとすばらしい」とゴール側の世界とその世界を生みだす自分を確信し続け(=ベーシックトラスト)、「私(wBSp)はまだまだこんなもんじゃない」と現状には満足しない感じ(=ゼロトラスト)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25482691.html

 

表現をかえると、現在の世界や現状の自分(wBSp)というコンフォートゾーン(CZ)に安住しないことがゼロトラストであるといえます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

「現在の世界や現状の自分(wBSp)」がかつての夢や理想であるほど、新たな「w1」に移行することは困難になります。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

 ホメオスタシスが現状(wBSp)を維持するように強力に働くからです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831660.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971818.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971956.html

 

 だから、成功すればするほど、さらにコーチングが必要になります。

 CZが生みだす現状維持の壁を打ち破り、もっとクリアな世界を生みだしながら、縁起としての共同幻想をますます豊かにしていくために、さらにコーチングを学び実践し続けるのです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628746.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 コーチングにはパワーがあります。

各人のマインドにまだまだ眠っているエネルギーとクリエイティビティを解放するというパワー

 

それらが一体となったものが縁起力であるはず。

 

縁起力の結集によりさらなるw1が生みだされ続ける先に「戦争と差別のない世界」があり、さらには「戦争と差別という概念さえない世界」がひろがっている

 

 それが苫米地博士に学んでいる私の「w1」であり、「ベーシックトラスト」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

 高次だからといって完全な「信」はNG。それでは思考停止です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 抽象度宇宙のトップは空。その空は固定的な点ではありません。だから、志向しながら思考し続ける!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

 ,,,「洗脳論語」を読んだ後、「民無信不立」という言葉に向き合いながら、そのようなことを考えました。

 

 

-告知-

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

PM-07-09~11:「平成」という元号に埋め込まれたコード

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16379886.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16541640.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16660261.html

PM-07-12:受け継がれるルー・タイス氏の思い …WorldPeaceCoaching

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16799778.html

F-123~:「I」を「R」に実装する ~苫米地博士によるFederation of Cyber States(サイバー国連邦)設立提案~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_393431.html

 

 

洗脳論語(Kindle版)

Kindle版はこちら↓

洗脳論語 | 苫米地英人 | 宗教入門 | Kindleストア | Amazon

 

 


Q-239:気楽に生きたいのですが 後編;宇宙を理解した上で“自分”を定義しなおす

 

子どもの頃、私は「努力」や「根性」という言葉が好きでした。反対に「気楽」や「気軽」が大っ嫌い!

情動を伴った体験や情報の記憶により、「『努力』『根性』を好ましく感じ、『気楽』『気軽』を忌み嫌うブリーフ」がつくられていたのだと思います。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

ところが、認知科学者 苫米地英人博士に学ぶ間に、「努力」「根性」がコンフォートゾーン(CZ)の外になり、「気楽」がCZ化していきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 *「気軽」は△。その理由はこちら↓

 Q-060:「気軽」という言葉の奥底に潜むもの

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13215570.html

 

 そんな「気楽」について、いただいた御質問にお答えしながら考えていきたいと思います。もちろん気楽にw

 F-109:気楽

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19980130.html

 

 

Q:気楽に生きたいのですが、なかなかできません。頭ではわかっていても、目の前の仕事や生活をこなすのがやっとです。体が続くうちはいいのですが、この生活がずっと続くのかと思うと不安でたまりません

 

 前編;3つのチェックポイント

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28244822.html

 後編;宇宙を理解した上で“自分”を定義しなおす

 

A2:前回は「いったん立ち止まり、1)ゴール、2)エフィカシー、3)コンフォートゾーンの順に確認すること」についてお話ししました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

心から望み、自分中心を捨て、現状の外にゴールを設定することは簡単ではありません。たいていは最初の「心から望む」でつまずきます。

 なぜなら、「心から望む」の主語である“自分”は他人や社会によりつくられているから。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

さらにいうと、“自分”は宇宙中にひろがっています。それが部分関数としての自我です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 よって、ゴールを設定するためには、宇宙を理解した上で“自分”を定義しなおす必要があります。じつは、それが「気楽」のはじまり。

 今回はそのことについてお話しします。

 

 

 ところで、「現状の外」と聞いたとき、どのようなイメージが浮かびますか? 体感は?

  

 私たちは目の前のすべてを認識していると思いがちですが、じつは、ほとんど認識していません。

ある研究によると、五感(視・聴・味・嗅・触)から入力されている情報量は1秒間あたり数百万ビットで、そのうち認識にあがるのはわずか数十ビットなのだそう。

数十/数百万 つまり、10万分の1しか認識していないのです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 さらに、その「10万分の1」はダイナミックに変化します。RASの働きによって。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721658.html

 

 ゴール設定の「10万分の1」は「他人や社会からの刷り込みでつくられた過去の記憶」が生みだしています。しかも、その多くは失敗の記憶。「辛い」「苦しい」「悲しい」「切ない」「申し訳ない」 そんなものばかりのはず。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13397552.html

 

 だから「気楽に生きたいのですが、なかなかできません」「頭ではわかっていても、目の前の仕事や生活をこなすのがやっと」になってしまいがち。ちょっとしたきっかけで容易に「ファイト・オア・フライト」に陥るからです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8164566.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8166289.html

 

 でも大丈夫! ゴールを設定すればいいのだから。

 前回(Q-238)御紹介したとおり、「ゴールが先、認識は後」です。

 S-04-20:「問題を解決すべき課題に変えてしまう」3つのポイント

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23715889.html

 

 「現状」には「このまま続く時間軸上の未来」も含まれます。その「外」にゴールを設定するというのは、「今のままでは絶対に達成できない、まったく新しい未来を創造する」ということ。

その結果、未来から現在に時間が流れはじめます。未来(ゴール)が「因」で、現在が「果」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

 「今のままでは絶対に達成できない」はずのゴールを達成できるという根拠なき確信がエフィカシーです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 ゴールを設定し、エフィカシーを高めていくと、やがてゴールを達成している自分がいる世界の方があたりまえに感じられるようになっていきます。ゴール側のCZ化です。

 そうなったらしめたもの。ゴールを達成するためにリミッターが外れ、無尽蔵の潜在能力が目覚めはじめます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_268324.html

 

 あとはオートパイロット(自動操縦)。ホメオスタシスがゴールへと導いてくれます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831660.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971818.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971956.html

 

 だから気楽。あなたはとくに気に留めているわけでもないのに、いつのまにかゴールを達成していきます。まるで呼吸をするように。自然に。

 

 ゴールの世界は自分だけのものではありません。“現状の外”はより高次の抽象度次元にひろがっています。より抽象度の高いゴールを達成するほど、よりたくさんの「うれしい」「楽しい」「気持ちいい」等に囲まれることになります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 だから気楽。あなたはますます楽しげ(気)に生活しています。

 

 “現状の外”にゴールを設定し続けることは、抽象度の階段を駆け上がっていくということ。どんどん心が豊かになっていきます。成長を重ね、進化していきながら。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/9963845.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/9966391.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10116950.html

 

 だから気楽。自身はもちろん、社会が秘めている可能性(才能)に気づき開花させていくことが楽しくて仕方がありません。

 

ゴール設定の「10万分の1」は「うれしい・楽しい・気持ちいい・すがすがしい・誇らしいが満ちあふれる未来の記憶」が生みだします。

だから気楽!

 

 

ゴールの更新を続けていると、宇宙と“自分”が一体化していくようなあたたかい感覚に包まれていきます。“自分”とは縁起宇宙の中心点であり、縁は宇宙中にひろがっているからです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 宇宙と自分を切り分けられなくなる無分別が“無敵”。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5446097.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5448151.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615695.html

 

その境地に近づいていくことが「宇宙を理解した上で“自分”を定義しなおす」です。

 

体が続くうちはいいのですが、この生活がずっと続くのかと思うと不安でたまりません」といった悩みはすっかり消え失せます。大丈夫ですよ。

ゴールを人生のあらゆる領域に設定し(バランスホイール)、未来に向かう挑戦の日々を楽しんでください。もちろん気楽にw

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26037409.html

 
 御相談ありがとうございました。

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-追記-

 「いつも同じ話ばかり」や「内容が難しい」という御意見をいただきます。ありがとうございます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27050392.html

 

 私なりに分析すると、原因のひとつは「守秘義務を厳しく守っている」から。

直接的な表現を避け、なるべく抽象度を上げて、守秘義務違反にならないように(ギリギリのラインを)心がけています。それは苫米地式認定コーチとしてのブリーフです。

 

 そんなブリーフを持つ私からすると、最近の苫米地博士の言動は驚くものばかり。守秘義務に該当するはずの知識をサラッと明かされています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882652.html

 

 とびっきりはこれ↓

211213バラだん01

バラいろダンディ(TOKYO MX)
20211213日放送回より引用

 

 

 詳しくはこちらの記事で↓

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 上記記事内のリンク動画を確認後、もう一度今回の本文を読んでください。

きっと「コーチングでは、関数pの再定義を促すのではなく、可能世界“w”から別の“w1”に移行することを促す」の意味がよりクリアに感じられるはずです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628437.html

 

 

―関連記事-

Q-142~:現状の外にゴールが設定できている状態と現実逃避に陥っている状態とでは何が違っているのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_400116.html

Q-209:「“現状の外”のゴールの体感」とはどういうのが正しいのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26877574.html

 

 

-告知-

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 


F-227:ジョコビッチのwp

 

 今回のタイトルは「ジョコビッチのwp」。

 

 「w」とは可能世界(possible world)のこと。それは各人の心の内にひろがる臨場感世界であり、自我宇宙のこと。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27981625.html

 

 「p」とは宇宙を何らかの基準で並べ替える関数のこと。一言でいうと自我です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 コーチングでは、関数pの再定義を促すのではなく、可能世界wから別のw1への移行を促します。詳しくは認知科学者 苫米地英人博士の講義動画で確認されてください(下記ブログ記事内にリンクがあります)。

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 「ジョコビッチ」とは、テニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ(Novak Dokovic1987年~)のこと。グランドスラム優勝は歴代1位タイの20回で(*追記3で解説)、世界ランキング1位通算在位は歴代1位の346週。名実ともにテニス史上No.1のプレーヤーです

 

Novak_Djoković_Trophy_Wimbledon_2019(Wikipedia)

2019年、ウィンブルドン

Wikipediaより引用

 

 と、通のように書きましたが、じつは、テニスのことはまったく知りません。

最近、「ジョコビッチ反撃のノロシ!『精神的苦痛受けた』5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ」という記事を目にしたときも、ぼんやりと「あの個性派俳優がなぜ?」と思ったくらいです。

(それはマルコヴィッチ。冗談です)

 

 そのジョコビッチは新型コロナウイルスに対するワクチン接種に慎重な立場を取っているそう。接種義務化に反対を表明し、自身のワクチン接種については公表していません。

 そんな言動の根底には何らかのブリーフがあります。「情動を伴った体験の記憶」や「抽象化された情報の記憶」によりつくられる価値観や信念といえるものです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 ジョコビッチは、2022年の全豪オープンに参加するため、同1/5にオーストラリアに到着しました。当局より「ワクチン接種義務が免除された」と説明されていたそうです。

 ところが、厳しい渡航制限下のオーストラリア国内で特権だと批判が湧き起こったせいなのか、突然入国を拒否されてしまいます。すでに到着しているのに。

 裁判所命令によりいったんは入国が許可されますが、結局豪州当局からビザを取り消され国外退去処分となりました。

 その後、「精神的苦痛を受けたとして豪政府に対し、約5億円の損害賠償を求めて同国連邦裁判所に提訴する」ことが報道されています。

 

 私が感心したのは「約5億円の損害賠償」という主張(claim)の根拠(warrant)。一体どんなものだと思いますか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12340209.html

 

 答えは「優勝賞金約35000万円+精神的苦痛の賠償」。

 そう、優勝することが前提なのです。これは「優勝して当然」「私は世界No.1のプレーヤーだ」というセルフイメージ。そのイメージはゴール達成の確信、すなわちエフィカシーが生みだしています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 表現をかえると「自分の潜在能力(I)に対する高い臨場感(V)」。その「I×V」が史上No.1という現実(R)をうみだしてきたのでしょう。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

おそらく「夢をかなえる方程式」を体得しているはず。本物のコーチと縁がつながっているに違いありません。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 

 感心する一方で、気になる点もあります。

 

 それは「精神的苦痛を受けた」という表現。

史上No.1の選手が本当に傷ついているなら(p)、ちょっとがっかりです。私がコーチなら、「あなたらしくない」と声掛けをしながら、エモーションコントロールを教えるでしょう。

F-094~:私はイヤなことは心の中で握りつぶす

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_375251.html

 

「精神的苦痛はよくない」「落ち込んではいけない」といいたいのではありません。「精神的苦痛をコントロールできない(しない)ことはあなたらしくない」と伝えたいのです。コントロール下であれば、落ち込んでいても全然かまいません。

コントロールとは「自分の自由意思(&責任)で選択する」ということ。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13958864.html

 

 本物のコーチがついているなら、いつまでも精神的苦痛を感じたり落ち込んだりすることはありません。なぜなら、コーチングマインドには必ずゴールが存在するから。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 物理空間での身体的苦痛と違って、情報空間上(心)のバグといえる精神的苦痛は完全に自分次第。自身のマインド次第です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

 1)心から望み、2)自分中心を捨て、3)現状の外に設定したゴールを持つ者にとって、「精神的苦痛を受けた」「落ち込んだ」はすでに(すぐに)過去の話。どんどん遠ざかる過去に拘泥するのではなく、自然と未来(ゴール)にフォーカスし続けます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

 ただし、ゴール達成の阻害要因になるのなら(可能性が少しでもあれば)、リスクマネジメントとして「精神的苦痛を受けたとして提訴する」はあり。

それは前頭前野背外側野をフル活用する論理的な対応です。おまけとして「ファイト・オア・フライト」を防ぐ(すぐにリカバーする)ことができます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8164566.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8166289.html

 

 *「論理的な対応」の詳細はこちら↓

 S-01~:よりよい“議論”のために(目次)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/11613757.html

 

 コーチングマインドを発揮した理想的な対応は、「精神的苦痛や情動をゴールと統合する」こと(connect the dots)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7383761.html

 

 その統合は、抽象度を上げながら、「情動レベルの私憤」を「社会的情動あるいは感性レベルの公憤」にブーストしていくことを可能にします。

 PM-06-11:仮説06)二つの怒りとその間にある論理的思考

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14107083.html

 

 *抽象度はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 それはEvolution。関数pの革新的進化です。

 ここで忘れてはならないのは、コーチングは、「pの再定義」ではなく、「可能世界wから別のw1への移行を促す」ということ。ゴール設定で新たな「w1」を生みだすことがブーストであり、「関数pの革新的進化」はその結果です。

 Q-117:「コーチングは変わるためにあるものではない」の真意とは?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/20576958.html

 

 「ww1への移行」により、結果として「pの再定義」が起こり、そのプロセスが縁起宇宙にひろがっていきます。それがRevolution

 F-208:マトリックス/Matrix -03Revolutions;脳の呪縛を解き放つ>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27063566.html

 

その関係はゲシュタルトであるはず。部分であるEvolutionと全体であるRevolutionが双方向性をもって成り立ち、1つの統合的意味を持っているゲシュタルトです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 

 

 さて、「ジョコビッチ反撃のノロシ!」の先にあるw1とはどんな世界なのでしょう。

 騒動の原因について同じブリーフ(おそらくゴールも)を持つ者として、しっかり見守りたいと思います。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記1

 そんな言動の根底には何らかのブリーフがあります。「情動を伴った体験の記憶」や「抽象化された情報の記憶」によりつくられる価値観や信念といえるものです

 

 じつはもう1つ気になる点があります。

英大衆紙サン(電子版)によれば、ジョコビッチの母・ディアナさんが「現地滞在中に隔離されたホテル(の部屋)はノミやウジ虫でいっぱいだった。息子は囚人のように扱われた」と訴えているそうです。

Q-097:子どものwant toを大切にしたいと思っていますが、なぜかhave toの押し付けになってしまいます。どうすればよいでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_376974.html

 

 

-追記2

 「内村航平、離婚トラブルに『嫁姑問題』も関係 名物ママの深い息子愛」

 ちょうど追記1を書いている時に、私のRASが拾い上げた見出しです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721658.html

 

 

-追記3

「ジョコビッチ」とは、テニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ(Novak Dokovic1987年~)のこと。グランドスラム優勝は歴代1位タイの20回で、世界ランキング1位通算在位は歴代1位の346週。名実ともにテニス史上No.1のプレーヤーです

 

 これは原稿執筆時の話。ジョコビッチが出場できなかった大会は、スペインのラファエル・ナダル(Rafael Nadal Parera1986年~)が優勝しました。その結果、グランドスラム優勝回数を21回とし、単独1位に躍り出ました。

 

 縁起宇宙は果てしなくひろがり、ダイナミックに変化しています。その理「無常」をあらためて実感しました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

 

-関連記事-

F-070:「夢をかなえる方程式 I×V=R」のとおり、本当に夢が現実化した一例 ~映画「メジャーリーグ」~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/15096276.html

F-117~Field of Dreams

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_390942.html

F-206~:マトリックス/Matrix

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_414394.html

Q-192~:コーチングはマインドを使える人のためのものなのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_410371.html

Q-227~:低年齢の子どもも「want toで生きる」「have toは一切しない」なのでしょうか? しつけと教育の違いはどのように考えればよいでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416707.html

 

 

-告知1

 今年度(2021-22年)は計8回のオンラインセミナーを計画しました。1年間を通してのテーマは「Well-being」。

 F-176~:“幸福(well-being)”とは? ~antiwithwellpart

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_408326.html

 

 最終回は2022220日(日)開催。テーマは「Total Well-being ~『total』に秘められた生命力を知る~」です。詳細はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27953269.html

 

 超情報場でお会いしましょう!

 

<お問い合わせ・申し込み>

 coachfor.m2@gmail.com

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27936349.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28045280.html

 

 


L-05720208月シークレットレクチャー -03;「私」の定義(範囲)を拡大・拡張する

 

20208月にコーチ向けのレクチャーを行いました。守秘義務を結んだ上で行う全3回の講義の2回目。3回を通しての全体テーマは「現世利益」、キーワードは「トータルペイン(とくにスピリチュアルペイン)」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24505924.html

 

 *初回講義(20207月)はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416281.html

 

当日の講義内容をブログ用に再構成してお届けします。

 

 01;たいていの「現世利益」は理想的な現状

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28011261.html

 02;「〇〇〇〇」でゴールの世界に誘う

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28037699.html

 03;「私」の定義(範囲)を拡大・拡張する

 

コーチングにおいて「ゾクッ」や「ドキッ」を感じる現状とは異なるイメージとは、「ゴールの世界」のこと。ゴール側のコンフォートゾーン(CZ)です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 ゴール設定を行うのはクライアントさん本人ですが、そのゴールの世界(CZ)に誘うのはコーチの大切な役割です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 反対にいうと、コーチのサポートなしでゴールの世界(CZ)に高い臨場感を感じる(感じ続ける)ことはまず無理。現状=ブリーフシステム=現在のCZであり、強力なホメオスタシスが働いているからです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 *ホメオスタシス(理論)はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831660.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971818.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971956.html

 

 強力なホメオスタシス(恒常性維持機能)で維持される現状=ブリーフシステム=現在のCZとは“自我”のことでもあります。よって、評価関数として、あるいは部分関数として、それぞれ考察することができます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 まずは評価関数(重要性関数)として考えてみましょう。

 評価関数とは「重要度による並べ替え」のこと。その重要度は過去の記憶によってつくられています。コーチングでは、その重要度を「ゴールの世界」を基準につくりなおします。

 

 その作業は未来から過去へと向かう時間の流れを生みだします。“現状の外”にゴールがあると、未来が「因」で、現在が「果」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

 次は部分関数。まずは部分関数を体感してみましょう。

自己紹介するつもりで「私」を定義してみてください。「年齢は」「性別は」「住所は」「家族は」「職業は」「趣味は」「夢は

 

項目(部分関数)が多くなるほど、より詳しく「私」を定義している気がするはず。しかし、すべて「他との関係性」にすぎず、その関係性(縁起)が変わると、「私」、すなわち自我はどんどん変化していきます。無常です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 つまり、「私」はないのです。本当は「ない」のに「ある」と思いこんでいるだけ。

 

 ないというのは「実在していない」ということで、「存在していない」わけではありません。先に書いたとおり、評価関数(重要性関数)として、「私」は存在しています。一言でいうと、「私」=自我とは「空(くう)」。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

 そんな「私」の定義(範囲)を拡大・拡張していくことがコーチングです。

結果として、評価関数が変わり、目の前の世界がどんどん変化していきます。そのたびにまるで生まれ変わったかのような感じがします。

 F-175:脳内を書き換えると「環境」が変わる

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25046274.html

 

 拡大・拡張とは部分関数をただ増やすことではありません。その本質は抽象度を上げることです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 ただし、初回(L-055でお伝えしたとおり、高次から低次への抽象度の移動はできますが、低次から高次への抽象度の移動は簡単ではありません。

そこで「Rゆらぎ」。その秘訣が「呼吸」です。

 前回(L-056)と同じく、苫米地博士の著書「ドクター苫米地の新・福音書-禁断の自己改造プログラム-」(講談社、開拓社より再販)より引用します(前回引用部分のつづきです)。

 

 

 息をゆっくり吐き出す。ただそれだけ

 呼吸法はとても簡単です。まず、ふだんは無意識のうちに行っている呼吸を、意識のうえに引っ張り出してください。そして、意識して深呼吸する要領で、

 「逆腹式呼吸」

 を行います。つまり、

 「お腹をへこませながら息を吸い、息を吐き出すときにお腹を膨らませる」

 のです。これは言うまでもなく、息を吸うときにお腹を膨らませて、息を吐くときにお腹をへこませる「腹式呼吸」の逆パターンです。

 息を吐くときにとくに、意識をお腹に向けて筋肉を緩めていくのがコツです。と言うのも、筋肉は息を吸うときには自然と緩みますが、吐くときは意識してやらないとどうしても緊張してしまうからです。

 息を吸うときは、ほとんど気にしなくても大丈夫。息を吐き続けて、吸うのを忘れてしまう人はいないので、ゆっくり吐き出すことだけに集中してください。

 そうして筋肉を弛緩させれば、息を吸っても吐いても、うまく全身の筋肉がリラックスしています。やがて、物理空間からふわっと遊離していく感覚が得られるはずです。

 その際、呼吸は鼻からでも、口からでも、やりやすいほうでOKです。ただ、空気といっしょにばい菌を肺まで吸い込まないようにするためには、鼻で吸って、口から吐き出すのがベストでしょう。

 どのくらいリラックスすればいいのかの目安は、片方の手でもう一方の手首の辺りをつかんで水平になるくらいまで持ち上げてパッと離してみたときに、自然とストンと下に落ちるかどうか。すぐにだらりと手が下がるようなら、十分にリラックスできています。

 そうではなくて、すぐに下に落ちなかったり、ぎこちない動きをしたりするようなら、まだ筋肉が十分に弛緩していない状態なので、もうしばらく逆腹式呼吸を続けてください。

 慣れないうちは、リラックスするまでに少々時間がかかるかもしれませんが、回を重ねるにつれてその時間は短くなります。すぐに、2呼吸くらいでリラックス状態に入れます。

 引用終わり

 

L-058につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

 反対にいうと、コーチのサポートなしではゴールの世界(CZ)に高い臨場感を感じる(感じ続ける)ことはまず無理。現状=ブリーフシステム=現在のCZであり、強力なホメオスタシスが働いているからです

 

 「無理っ」といった断定的な表現はよくありません。可能性がスコトーマに隠れてしまうから。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 だから、伊吹マヤ(エヴァ)の「無理って言うな!」は正解。ただし、「私(達)らしくない」というイメージ下で行うセルフトークとしてです(wordpictureemotion)。

 Q-191:ヒーリングとコーチングの関係がよくわかりません

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25482691.html

 

 他人に「無理って言うな!」を押し付けることは危険。正論であるほど、受け取る相手は辛くなっていきます。「have to(~ねばならない)」を強いることになるから。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882609.html

 

 それが病院へのコーチング導入に“失敗”した一因だろうと思っています。「ダメ。ゼッタイ。」的な押し付けはダメです。ゼッタイにw

 F-082~:ダメ。ゼッタイ

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_352303.html

 

 

-関連記事-

Q-159~:臨場感が薄れても高い抽象度のゴールをイメージし続けるのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404758.html

F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 

-告知1

 今年度(2021-22年)は計8回のオンラインセミナーを計画しました。1年間を通してのテーマは「Well-being」。

 F-176~:“幸福(well-being)”とは? ~antiwithwellpart

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_408326.html

 

 最終回は2022220日(日)開催。テーマは「Total Well-being ~『total』に秘められた生命力を知る~」です。詳細はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27953269.html

 

 超情報場でお会いしましょう!

 

<お問い合わせ・申し込み>

 coachfor.m2@gmail.com

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめます。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

 初回は202225日(土) 午前1115分からの予定です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28045280.html

 

 

新・福音書(kindle版)

Kindle版はこちら↓

ドクター苫米地の新・福音書 | 苫米地英人 | 個人の成功論 | Kindleストア | Amazon

 



このページのトップヘ