苫米地式コーチング認定コーチ CoacH T <タケハラクニオ> ブログ

認知科学者 苫米地英人博士に学び九州で活動するコーチ・ヒーラー・医師 CoacH T(タケハラクニオ)ブログ

タグ:縁起

Q-254:最近また頭痛がひどくなりました <vol.3;コロナ禍での頭痛を改善するポイント>

 

 御質問をいただきました。ありがとうございます。

 その一部に回答いたします。

 (変更を加えています)

 

Q:私は若い頃から頭痛もちです。「頭痛と認知的不協和」を読ませていただき心を整えることで頭痛が良くなっていくことを実感していましたが、最近また頭痛がひどくなりました。バランスホイールを意識しながらゴールを見直しています。ぜひアドバイスをよろしくお願いいたします。

 

 vol.1;コーチは指示やアドバイスを行わない

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28603601.html

 vol.2;スコトーマ外しの心得

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28623749.html

 vol.3;コロナ禍での頭痛を改善するポイント

 

 

A:冒頭で「仕掛け」て、中盤で「仕掛けに意味を持たせる主張」を書き、最後は「最初に意図的に仕掛けたアンバランスを、文章全体としてのゲシュタルトを作って解決する」という三段階

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 

 ここまでの私の心の内を明かすと、

 

 仕掛け(vol.1);

コーチはクライアントに指示やアドバイスを出してはいけない

 =コンテンツには関わらない

 →アドバイスなしでどうやって「最近また頭痛がひどくなりました」を解決する?

 

 仕掛けに意味を持たせる主張(vol.2);

 答えは「スコトーマ外し」。多量の(それも具体的な)情報を提供しながら、同時に新たなスコトーマが生じてしまうのを防ぐ「スコトーマ外しの心得」がある

 =冒頭で「仕掛け」て、中盤で「仕掛けに意味を持たせる主張」を行い、最後は「最初に意図的に仕掛けたアンバランスを、全体としてのゲシュタルトを作って解決する」

↑ただし、その中盤(二段階目)の主張(claim)さえコーチは行わない

 

 今回は「意図的に仕掛けたアンバランスを、全体としてのゲシュタルトを作って解決する」。そのための準備として、まずは医学的情報を提供します。ディベートでいうと「事実(data)」「根拠(warrant)」にあたる情報です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12340209.html

 

 

 COVID-19によって、すっかり世界は変わってしまいました。その影響は様々な領域にひろがっています。もちろん、「健康」も例外ではありません。

 F-139:沈黙の春

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/22636357.html

 

 20代から50代で過去1年間に頭痛や生理痛を経験したことがある男女824名を対象に行われた調査(第一三共ヘルスケア)にて、以下のことが指摘されています。

 【第一三共HC調査】頭痛の悩みが増加傾向‐コロナ禍で要因も多様化|薬事日報ウェブサイト (yakuji.co.jp)

 

    コロナ禍は生理痛より頭痛に影響が大きく、特に20代を中心に頭痛が増加している

    精神的ストレスや、テレビ・スマホによる肩こり・首こり、マスクなどが要因になっている可能性が考えられる

 

他の病気を原因としない頭痛のことを「一次性頭痛(primary headaches)」と呼びます。

1)片頭痛(migraine)、2)筋緊張型頭痛(TTHtension-type headaches)、3)三叉神経・自律神経性頭痛(TACstrigeminal autonomic cephalalgias)、4)その他の一次性頭痛疾患 の4つに分類されています。

 

 代表的なのは1)片頭痛と2)筋緊張型頭痛。コロナ禍ではともに増加していると考えられています。

 

 1)片頭痛の発症機序は「ストレスや環境の変化により脳血管を取り巻く三叉神経が刺激される →神経伝達物質放出 →血管周囲で炎症が発生し、血管が拡張する →刺激が脳に伝わり頭痛となる」。

 片頭痛の特徴は、光(例;明るい照明)や音(例;ドアを閉める音)などの刺激や気温・気圧といった環境変化により誘発されること。そのため「ステイホーム」といった環境変化やそれに伴うストレスが悪化要因になっていると考えられています。

 対策は「ストレスの原因を突き止め、それを取り除くこと」です。

 (↑この部分は後で取り上げます)

 

 2)筋緊張型頭痛もストレスの影響が多いとされています。

機序は「後頚部(首の後ろ)や肩、背中の筋肉が凝ったり張ったりする →神経が刺激される →刺激が脳に伝わり頭痛となる」です。

 体を動かすことが減ると、筋肉の伸び縮みが減ることで凝りや張りが悪化します。そのため、適度に休憩をとり、意識的にストレッチを行うことが勧められています。じつは目の疲れも一因となるため、まばたきをしっかり行い、遠くを見つめ(遠方凝視法)、遠くと近くを交互に見ること(遠近体操法)が推奨されています。

 

 さらに、コロナ禍で注目されているのが「マスク頭痛」(←正式な病名ではありません)。原因として、以下の4つが考えられています。

    マスク内の酸素低下と二酸化炭素増加

マスクの種類やつけ方で変わりますが、マスク内では酸素が87%に減り、二酸化炭素は30倍に増えるという報告があります

    蒸し暑さ

 マスク内の温度や湿度の上昇により、脳内の視床下部が刺激され、片頭痛が起こるとされています。気づかないまま脱水になってしまうことも原因になります

    耳への負担

 「ひもをかけている耳への負担 →首・肩・背中の凝りや張りが増悪 →筋緊張型頭痛発症」とされています。耳だけでなく、頭皮が圧迫されることで頭痛が起こることもあるそうです

    マスクを着用することによるストレス

 マスク着用そのものだけでなく、相手の表情が読み取りづらいこともストレスになっていると考えられています

 

その対策は簡単。工夫して「マスクを外す」w

メリット(solvency)とデメリット(disadvantage)をしっかり検討しながら、適宜実践してください。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12935992.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12935916.html

 

 そのメリット/デメリットを論理的に判断するために、ディベートをマスターすることをお勧めします。詳しくはこちらで↓

 S-01~:よりよい“議論”のために(目次)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/11613757.html

 

 

 ここまでを読んで、「最近また頭痛がひどくなりました」の理由として思い当たることはあるでしょうか?

 

 では、最後に重要なポイントをお伝えします。

 それは「頭痛を全抽象度でとらえる」「頭痛を情報空間のバグ(のアラーム)とみる」ということ。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 *情報空間はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

 先程の「ストレスの原因を突き止め、それを取り除く」という方針は、決して間違ってはいません。しかし、意識が物理空間に囚われてしまったなら×。情報空間上の因果がスコトーマに隠れてしまうからです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 生命(現象)は全抽象度次元にひろがる縁起

 

「因」は下の抽象度次元で「果」となり、その「果」はさらに下の階層(次元)で「因」となっています。物理空間での変化は、その最終的な写像です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25388178.html

 

縁起と因果をしっかり観ることが大切。

 例えば、頭痛は「身体的痛み」ですが、同時に「心理・精神的痛み」であり、「社会的痛み」であり、「スピリチュアルペイン」でもあります。

 L-001~20201月シークレットレクチャー

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_407080.html

 

 すべてを同時に観る「total」という視点

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7383761.html

 

 その視点が「最近また頭痛がひどくなりました」という課題(case)=「w」を、「頭痛を克服した私」「病気と無縁な私」という解決(plan)=「w1」に導くはずです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12658417.html

 

 *「w」「w1」はこちらで↓

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

私の師である認知科学者 苫米地英人博士は、生命現象を「ゴールに向かう強烈な意思で、抽象度を上げながら、新しいゲシュタルトをつくり続けること」と定義されています。

 (「思考停止という病」p.79

 

 やはり、「Goal comes 1st./ゴールが先」!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 「バランスホイールを意識しながらゴールを見直す」は大正解です。そのときに「total」という視点も意識に上げてください。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24281579.html

 

 「先にゴールがあり、その結果として健康=well-beingになる」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882140.html

 

 今の「頭痛」は、さらなるwell-beingのための重要なきっかけ(縁)かもしれませんよ。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 

 以上、私の回答です。

 御質問ありがとうございました。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

 コロナに関連して、もうひとつ。

 

 先日(202246日)、国立成育医療研究センターが「COVID-19の治療を行っている病院では、医師・看護師ら医療従事者の90%がビタミンD不足である」と発表しました。

 感染リスクを避けるための「ステイホーム」により日光を浴びる機会が減っていることが主因とされています。

 

 この事実を知り、私は「鍵はやはりゴールだ」と確信しました。とくに「バランスホイール」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27497249.html

 

 物理空間だけで考えると「コロナ禍→ステイホーム→日光減少→Vit.D不足」ですが、人生のあらゆる領域において現状の外にしっかりゴールがあると、結果としてこの因果が書き換わっていくはずです。

 Q-204~:「縁起」と「因果」

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_413308.html

 

  

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第3回目(R4.6/19開催予定)のテーマは「ゴール」。詳細は後日、このブログにてお知らせいたします。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html


  

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-122:免疫力をあげる!

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/21245972.html

F-140~:不要不急

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_400247.html

F-184~:「新型コロナ感染症(COVID-19)」との縁で気づいたこと

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_410505.html

F-237~:「出口が見えない」と「出口戦略」

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_419486.html

Q-237:新型コロナウイルスが怖いのですが、どのように対処すればよいのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28210417.html

Q-249:病気をどのように考えていますか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28540879.html

 

 

思考停止という病

Kindle版はこちら↓

Amazon.co.jp: 思考停止という病 eBook : 苫米地英人:

 



Q-251:最近席を譲られることが多いのですが、恐縮してしまいます。エフィカシーが高い方はどう思うのでしょうか?

 

 御質問をいただきました。ありがとうございます。

 その一部に回答いたします。

 (変更を加えています)

 

Q:最近席を譲られることが多いのですが、恐縮してしまいます。さすがに、「私なんか」とは思いませんが、「私が譲られていいのだろうか?」と思います。セルフエスティームが低いのかと思います。

例えば、エフィカシーが高い方が席を譲られたらどう思うのでしょうか?

タケハラコーチや苫米地博士が、足をケガをしているとして、席を譲られた場合、「ありがとう!」(終わり)という感じなのでしょうか?

 

A:エフィカシーは「自分のゴール達成能力の自己評価」。全部自分自身のことです。本当は他人の言動はまったく関係ありません。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

まずは「誰も私のエフィカシーを下げることはできない」というイメージを強化しましょう。そのために「私はいつもエフィカシーをしっかりコントロールしている」というセルフトークを意識的に繰り返すことをお勧めします。

これはヒーリング&コーチングがますます上手くなるコツでもあります。

Q-191:ヒーリングとコーチングの関係がよくわかりません

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25482691.html

 

 セルフトークのコントロールと並行して、アファメーションやビジュアライゼーションをどうぞ。その目的はゴール側のコンフォートゾーン(CZ)の臨場感を高めることです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 *詳しくはこちら↓

 Q-064~:認知的不協和の状態にあり頭痛が続いています。適切なアファメーション、ビジュアライゼーションはどうすればよいでしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_292583.html

 

 例えば

 私は常に、自分自身と周囲のエフィカシーを上げるために、周囲の良いところを見ながら行動を起こしているので、私とともにいる人たちは、つねに成功の日々を味わっている

 

 

 繰り返しますが、エフィカシーは「自分のゴール達成能力の自己評価」で、全部自分自身のこと。その“自分”とは、関係の結び目でもあります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

実際、“自分”の言動によりまわりのエフィカシーを上げることができます。コーチとは、縁ある人々のエフィカシーを自然に上げていく存在です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 席を譲ってもらったときは、素直に「ありがとう」でいいのではないでしょうか。遠慮なく座ってください。座ってもらうことで、席を譲った方は社会に機能を提供したことになります。さらに、喜んでもらえることでとてもよい気分になるでしょう。

ぜひ、とびきりの笑顔と感謝の念とともに堂々と座ってください。相手のためにも。

それがcompassionです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24495212.html

 

 問題は「座りたいのに誰も譲ってくれない場合」や「自分の子どもが他者に譲ろうとしない場面」。認知的不協和のマネジメントが試されます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882652.html

 

 不協和が生じること自体は問題ありません。その状態をモニタリング&ラベリングしながら、生じたエネルギーをゴール側に導いてください。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 *ラベリングはこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/18456250.html

 

 もしも苫米地博士が席を譲ってもらったなら、ニコニコしながら座られるはずです。その時、「オレに席を譲ることができるなんて、君はラッキーだね。すごいじゃん」と思われると思います。

 (博士が公共交通機関-しかも自由席-を利用されること自体がレアだと思いますがw

 Q-204~:「縁起」と「因果」

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_413308.html

 

 

以上、私の回答です。

 御質問ありがとうございました。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記1

 余談ですが、最近「たくさん買い物をしたら、妊婦と間違われ『お車まで運びましょうか?』と言われた」という話を伺いました。楽しげに話す話者からは「気配りがうれしかった」という感謝と「(自虐ネタにして)まわりを喜ばせたい」という思いがにじみでていました。

 

 ひょっとしたら少し傷ついていたのかもしれませんが、うまくマネジメントできたのでしょう。誰からも慕われているその方は、とても「いい人」。

いつも優しい光を放っている、素晴らしいコーチです。

 

 

-追記2

もしも苫米地博士が席を譲られたなら、ニコニコしながら座られるはずです。その時、「オレに席を譲ることができるなんて、君はラッキーだね。すごいじゃん」と思われると思います

 

 ヒーラーとして補足します。

席を譲られると恐縮してしまう」は、気(プラーナ)が弱まっている状態です。

 

 気(プラーナ)とは、相手を自分の臨場感空間に引きずり込むための「Rゆらぎ」のひとつ。弱まっている場合、相手の臨場感空間に引き込まれてしまいます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23645730.html

 

 よって、気(プラーナ)を強くすることはとても大切。そのためにいくつか方法があります。

 

 そのひとつは強い気(プラーナ)を発する人のそばにいること。物理空間を共有できれば理想的ですが、情報的に「そばにいる」でも大丈夫です。

 I-014:「実際に起きたこと」の場を共有して ~コレクティブエフィカシーの体感~

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10542541.html

 

 私は「苫米地博士の情報場にたくさん触れる」ことをお勧めします。五感+言語(+数学)といったモーダルチャンネルを全開にして、全身全霊で学び感じてください。

 (よくわからない方は「雰囲気」を意識に上げてください)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/22463920.html

 

 そうしている間に、いつの間にか博士の気(プラーナ)を発することができるようになります。気(プラーナ)を発することができたなら、それを自分の身体で記憶しておきます。

すると、徐々に強い気(プラーナ)を自由自在に操れるようになっていきます。

 

 *参考にこちらをどうぞ↓

 Q-159~:臨場感が薄れても高い抽象度のゴールをイメージし続けるのでしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404758.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第2回目のテーマは「コンフォートゾーン」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28496983.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-076Ya Ya(あの時代を忘れない)

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/15961773.html

F-128Fading Like a Flower

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/21580684.html

F-192:「夢をかなえる方程式 I×V=R」実践の秘訣(ワーク付き)

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26119647.html

 

 

Q-250:コーチングや苫米地理論をいろいろな視点で多角的に学びたいと思っています。お勧めの著者や本を教えてください

 

 アカデミックな世界で御活躍中の方から御要望をいただきました。ありがとうございます。

 (プライバシー保護のため変更を加えています)

 

Q:苫米地博士の本や教材でコーチングを学んでいます。コーチングや苫米地理論をいろいろな視点で、多角的に、もっと深く学びたいと思っています。苫米地博士以外のお勧めの著者や本を教えてください

 

A:お話を伺っている間、私は情熱を感じていました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19033189.html

 

 そのエネルギーの源はゴール&エフィカシー。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 エネルギーは場を共有していた全員にしっかり伝わったはずです。これからみんなで高い抽象度次元のポテンシャルエネルギーを物理空間に実装していく挑戦がとても楽しみです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/20276623.html

 

 *抽象度はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 *物理空間(=抽象度を軸にした場合の情報空間の底面)はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

 

 ところで、「混ぜるな危険」という言葉を御存知でしょうか?

 

 そう、洗剤などで見かける警告です。

 

 苫米地式コーチング認定コーチを育成されている田島大輔グランドマスターコーチは、よく「混ぜるな危険」ということを話されます。もちろん、洗剤ではなく、コーチングや苫米地理論に関連して。

 PM-01~:苫米地理論とは? ~抽象度と超情報場仮説(目次)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12893266.html

 

 物理空間では混ぜると必ずエントロピーが増大します。

例えばブラックコーヒーにコーヒーミルクを入れた場合、直後は明確に分かれていますが(=エントロピーが小さい)、時間が経つにつれ一体化し分離ができなくなっていきます(=エントロピーが大きい)。

 

エントロピー増大則や熱力学第二法則と呼ばれる「何かの現象が起きると、必ずエントロピーは増大する(自然に減少することはない)」という現象は、「乱雑さ」をあらわすものとされています。

それは秩序から混沌(カオス)への一方向性。抽象度でいえば上位から下位の階層への一方向性です。御承知のとおり、下位から上位にもどることはできません。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/22979265.html

  

 ところが、人は時間の経過とともに抽象度の階層を上がっていく存在です。

「混沌(カオス)から秩序に向かう」という体感をあえて言葉にするなら、「未来から過去に向かう時間の流れにのって進化・向上し、竟(つい)に宇宙のトップに到達する」という感じでしょう。もちろん、そのトップとは「空(くう)」。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

コーチングに関する知識やその根底にある苫米地理論は、実体を伴わない概念(ゲシュタルト)であり、情報空間上の存在です。よって、厳密には「混ぜるとエントロピーが増大する」は当てはまりません。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 

 では、なぜ「混ぜるな危険」なのでしょうか?

 

 

 私は「情報場を観よ」「情報場として観よ」というメッセージをしっかり伝えるためのメタファーだと理解しています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5165888.html

 

 私たちの意識は、つい物理空間に囚われてしまいがちです。

 すると高次の抽象度次元はスコトーマに隠れてしまい、理解どころか認識すらできなくなってしまいます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 「情報場を観よ」は、「縁起のネットワークをしっかり観察せよ」ということ。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

そのために「情報場として観よ」。それは「目の前の世界を全抽象度で捉えよ」「抽象度を意識に上げ続けろ」という意味であるはず。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24281579.html

 

表現を変えると「A次元をつねに感じよ(Feel!)」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 「混ぜる」というのは物理空間、つまり4次元時空での行動です。

情報空間(A次元空間)には4次元とは異なる軸が存在します。例えば抽象度という軸を加えると、「混ぜる」は「包摂する」に次元的にひろがります。

Appleの創業者 スティーブ・ジョブス(Steven Paul Jobs1955~2011年)の言葉を引用すると「connect the dots」。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7383761.html

 

 コーチングの基礎にある苫米地理論は、少なくとも西洋哲学と東洋哲学をともに包摂する“より高次の抽象度次元”に存在しています。

私には知る由もありませんが、認知科学者 苫米地英人博士は、誰よりも高い抽象度次元に到達されているはずです(claim)。なぜなら、最も抽象度が高い「空(くう)」を(data)、人類史上初めて形式的に定義されているから(warrant)。

そんなことは「空」を超越した次元からでしかできないはずです。

PM-02-16:空観、仮観、中観

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

 *ディベートの基本構造として3要素(datawarrantclaim)はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12340209.html

 

 苫米地博士が紡ぎ出される理論を用いて、一般の知識や著者の思考を考察することはできます。しかし、その逆は困難。抽象度が違うからです。高次から低次は理解できますが、低次から高次は理解どころか認識することさえままなりません。

 

 コーチングや苫米地理論を学んでいて、「意味がわからない」や「カルト信者」といった陰口を叩かれたことはありませんか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040935.html

 

 …必ずそんな体験をするはずです。その時は「抽象度が上がった」「現状の外に飛び出した」と理解してください。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6854056.html

 

 念のためですが、私は世間一般の抽象度が低いと非難したいわけではありません。苫米地博士が高すぎるのです。それもとんでもなく。

こんなことを書いたらますますカルトと批判されるかもしれませんが、博士とお会いするたびに、私はextreme2な「Not Normal」を感じます。すべてのモーダルチャンネルに激烈な(でも優しくあたたかい)衝撃波が伝わってくる感じで。

 

 

 というわけで、私の率直な提案は「まずは苫米地理論を探究していきませんか?

 

 高次元を志向し探究を続けながら、物理空間でしっかり役に立つ(機能を提供する)

 

 その感覚はすでにお持ちのはず。

 F-201~:「医学と医療」「理学と工学」の類似と相違からコーチングで心がけるべきことを考える

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_413696.html

 

 探究しつつ(I×V)実装していく(R化)過程において、「いろいろな視点で多角的」に臨場感を高めるために、他を参考にされたらいいのではないでしょうか。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

 *臨場感はこちら↓

 Q-159~:臨場感が薄れても高い抽象度のゴールをイメージし続けるのでしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404758.html

 

 私はそのように考えております。

御相談ありがとうございました。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

 というわけで、私の率直な提案は「まずは苫米地理論を探究していきませんか?

 

 そのための「苫米地博士以外のお勧めの著者や本」として、田島大輔コーチの「マインドの教科書」やルー・タイスさんの著書をお勧めいたします。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26933840.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第2回目のテーマは「コンフォートゾーン」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28496983.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-129~The Sweet Hello, The Sweet Goodbye

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_396235.html

F-163~:アンチ(anti)からウィズ(with)、そしてウェル(well)へ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404044.html

F-176~:“幸福(well-being)”とは? ~antiwithwellpart

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_408326.html

Q-177~:家族ががんで治療中です。どうすればいいでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_408953.html

 

 

マインドの教科書



Q-249:病気をどのように考えていますか?

 

 素朴な御質問をいただきました。

 

 「素朴」とは、「情報量が少ない」「シンプル」ということ。

それは「抽象度が高い」ということであり、「本質に迫る」ことともいえます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12808542.html

 

 *抽象度はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 私もなるべく素朴に回答いたします。Don’t think. Feel

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 

Q:病気をどのように考えていますか?

 

A:「情報」です。

 

もう少し詳しく表現するなら「縁により起こる情報」。「縁起」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 その「縁」「起」は何らかの機能・役割とみることができます。「機能・役割」はゴールにより決まります。よって、ゴールが生みだす機能・役割=縁起=情報=病気。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 「ゴールが病気を生みだす」という表現は奇異に感じられるかもしれません。

 

 しかしながら、抽象度を上げて考えると、個人(部分)の「老病死(+生で四苦)」が人類(全体)の「生」を支えていることが理解できるはず。それは体の中の細胞一つひとつの「老病死」によって体全体の「生」が保たれているのと同じ。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 

 「老病死」から逃れた細胞(=がん)が、やがては人(体全体)を死に至らしめます。もしも人が「老病死」から逃れられるようになったなら、きっと人類は滅亡してしまうでしょう。他の生物や地球そのものを巻き込みながら。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16541640.html

 

 だから、人類存続というゴール(=因)が生みだす果が病気(または老病死)であるといえます。

 表現を変えると、病気とは「人類存続のためのホメオスタシス」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831660.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971818.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971956.html

 

 

 以下、認知科学者 苫米地英人博士の著書「がんを克服できる脳」(主婦と生活社)から引用します。

 

 

 「病は気から」という言葉があります。

 日本では昔から「笑いによってがんが治った」という話がよく言われます。アメリカでは「がんを攻撃する絵を描いているうちにがんが消えてしまった」といったエピソードもあって、がんでさえも“気から”で治ってしまうことはある、と多くの人は感じていることでしょう。

 私も「病は気で治る」と思っています。もちろん、がんも。しかし、この言葉をどれだけの人が正確に理解できているか、はなはだ疑問です。たぶん、多くの人は“気から”の意味を文字どおりとらえて、「気持ちが大事なんだ」「もっと前向きに考えていけば、免疫力も高まって病気も治るはず!」と思っていると思います。

 いわゆるポジティブ・シンキングというものですが、はたして、それで病気は治るでしょうか?

 

 残念ながら私は治らないと思います。そんなことをするよりも、薬を飲んだり、病院で注射してもらったり、手術を受けたりするほうがはるかに病気は治るでしょう。いうまでもなく、そのほうが病に直接効くからです。

 多くの人がここのところを勘違いしています。物事を前向きに考える習慣などは、もしかしたら普段の生活ではよい効果が出る可能性はあるかもしれません。しかし、病気はどうでしょうか? 一度、冷静になって考えてみてください。物事を肯定的にとらえることと、病気が治ることに因果関係はありません。ないのですから、必然的に病気が改善する理由もないのです。

 身も蓋もない話ですが、病気は薬を飲むから治るのです。

 ただし、ここで誤解してほしくないのは、私は薬効のみによって病気が治ると言っているわけではありません。薬を飲む行為、注射したという行為こそが「病は気から」そのものなのです。もちろん薬効がないとは言いませんが、病が治った主な原因はプラセボ効果にある、と私は思っています。

 プラセボ効果とは、信頼している医師から「よく効く薬だ」と渡された丸薬を飲めば、それがただの砂糖の塊であっても病気が治ってしまう現象のことを言います。

 つまり、「これを飲んだら治る」と“確信する”から治るのです。「病は気から」の“気”とは、この確信のことを言います。断じて単なるポジティブ・シンキングではない、ということを理解してください

 引用終わり

 

 

 苫米地博士が書かれていることを理解するためのポイントは、「全抽象度で考え感じる」こと。つまり、物理空間を底面(bottom)とし、空(くう)を頂点(top)とする、情報空間全体で生命現象をとらえるということです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

 *「空(くう)」はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

「病気がある」「体がある」「この世がある」というのは、機械論的自然観や実体二元論(substance dualism)に代表される西洋哲学的な見方です。もちろん「健康がある(健康である)」も。その世界観は不完全性定理の証明を機にアップデートされています。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6194669.html

 

 「『心』と『体』が別々に存在し、どこかで結びついている(専門用語でグラウンディングと表現)」という考えは今すぐ捨ててください。

「心と体」はそもそも1つであり、観察する抽象度による違いにすぎません。情報空間では体のことを心といい、物理空間では心のことを体というだけです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5306438.html

 

 同様に、一人の人間の「生」「老」「病」「死」は、独立した概念としてではなく、「生老病死」でひとつとみるべき。そして、その個の「生老病死」は、もっと大きなつながり(縁起)の「生老病死」を構成する大切な一部分でもあります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7383761.html

 

 そもそも「病気」とは絶対のものではありません。「健康」と合わせて、「病気」を定義しなおすことをお勧めします。ゴール側から自由に再定義してください。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

 *参考にこちらをどうぞ↓

 PM-04~:苫米地理論で見える医療・福祉現場のスコトーマ(目次)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13076878.html

 

 御質問ありがとうございました。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記1

「老病死」から逃れた細胞(がん)が、やがては人(体全体)を死に至らしめます。もしも人が「老病死」から逃れられるようになったなら、きっと人類は滅亡してしまうでしょう

 

 縁起はいつも、双方向(多次元)であり、複雑で、ダイナミック。

 

 もしも人類が「がん」を克服できたなら、人(体全体)はがんでは死ななくなります。

「がん」以外の要因(例えば老衰など)で適切な時期に「老病死」を迎える限り、人類が滅亡することはない と思われる方が多いと思います。しかし、それは間違い。

「がん」がなくなったなら、やがて人類は滅亡します。なぜなら、宇宙という系には必ず不完全性が入るから。

 

詳しくお伝えしたいのですが、ここから先は守秘義務内容。

 鍵は「縁起」と「因果」をしっかり観ること。それはコーチングの重要なポイントでもあります。

 

 

-追記2

 だから、人類存続というゴール(=因)が生みだす果が病気(老病死)であるといえます

 

 ある看取りを縁に、「縁起」と「因果」について考えました↓

 Q-204~:「縁起」と「因果」

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_413308.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第2回目のテーマは「コンフォートゾーン」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28496983.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-129~The Sweet Hello, The Sweet Goodbye

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_396235.html

F-163~:アンチ(anti)からウィズ(with)、そしてウェル(well)へ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404044.html

F-176~:“幸福(well-being)”とは? ~antiwithwellpart

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_408326.html

Q-177~:家族ががんで治療中です。どうすればいいでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_408953.html

Q-230~:「財布を娘に盗られた」といった被害妄想がでている老人に対して、どのような対応をすればよいでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416986.html

 

 

がんを克服できる脳

Kindle版はこちら↓

がんを克服できる脳 【特製音源CD無しバージョン】 | 苫米地英人 | 医学・薬学 | Kindleストア | Amazon

 



L-06420209月シークレットレクチャー -04物理=カオス=「仮」と「空」を包摂するもの

 

20209月にコーチ向けのレクチャーを行いました。守秘義務を結んだ上で行う全3回の講義の最終回。3回を通しての全体テーマは「現世利益」、キーワードは「トータルペイン(とくにスピリチュアルペイン)」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24505924.html

 

 *初回講義(20207月)はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416281.html

 *2回目はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_417757.html

 

当日の講義内容をブログ用に再構成してお届けします。

 

 01;「生/life」を磨き上げるもの

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28467657.html

 02;高次の抽象度次元に誘う存在、高い抽象度次元を志向する一人ひとり

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28485944.html

 03;全面肯定しつつ、“現状の外”を志向する

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28501205.html

 04物理=カオス=「仮」と「空」を包摂するもの

 

 

 ところで、「全面肯定」の「全面」をしっかりイメージすることは、抽象度を上げるための大切な取り組みにもなります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

さらに、それはゴールのポイント「2)自分中心を捨て去る」を実現するためのワークでもあります。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 鍵となるのは「宇宙の構造」の理解。

「宇宙」という言葉から(トリガー)、どんなことをイメージしますか(アンカー)?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23944294.html

 

 多くの人が「宇宙」として実感しているのは、物理的な「3次元+時間」の世界であるはず。次元とは「物体の位置点を定めるために必要な座標軸」のこと。じつは、量子の世界(1036m)では11次元ともいわれています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14687476.html

 

 苫米地理論では、時空が何次元であろうとシンプルに1つの「物理次元」と捉え、その物理次元の上に「A次元(Abstract次元=抽象次元)」という情報の宇宙があると考えます。

 宇宙を情報量の大小でならべる軸(抽象度)で考えると、情報空間(次元)の底面が物理空間(次元)です(物理空間は情報空間の一部)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

「抽象度が上がる」とは、「具体的情報量が減る」ことを意味します。よって、宇宙は上に行くほど閉じていく構造となります。具体的情報(量)青色であらわすと下図のような感じです。

 (底面が4次元物理空間です。もちろん、物理宇宙は四角だということではありません)

 

宇宙の構造

 

 一方で、抽象度が上がると確かに具体的情報量は減りますが、潜在的情報量はむしろ増えていきます。可能性と考えるとわかりやすいでしょうか。

 その潜在的情報(量)可能性緑色で表示すると、抽象度を軸にした宇宙はこのように考えることができます。

 (赤い四角が物理空間。もちろん、2次元平面や四角という意味ではありません)

 

潜在的情報(可能世界)と物理空間

 

 「全面肯定」の「全面」をしっかりイメージすることとは、“自分”を定義するあらゆる縁起を同時に意識に上げるということ。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

“自分”を定義する縁起が増えれば増えるほど、抽象度(次元)を上げることができます。

例えば、チワワやシェパードだけでは「犬」という抽象度に留まりますが、そこにアメリカンショートヘアが加わると「哺乳類」まで抽象度が上がります。さらに、文鳥が入ると「脊椎動物」に、マダコやカブトムシが入ると「動物」に、ソメイヨシノが加わると「生物」まで上がっていきます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 縁起が増えるほど抽象度(次元)が上がる

 

 それがゴールのバランスホイールが重要な理由。高い抽象度次元が持つポテンシャルエネルギーを縁起力として、すべてのゴール実現に利用することができるようになります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28451173.html

 

 人の思考・情動は物理空間とは全然違うA次元にまで連続的にひろがっています。

 

より多くのゴールを同時に意識に上げるほど、そして、より多くの縁にしっかり関心を向けるほど、宇宙はますますシンプルになり、可能世界(possible world)はどんどん拡大していく

 

それが前頭葉が発達した人間にとっての宇宙の理。

だからカオス(chaos)の反対はコスモス(cosmos)。一言でいうなら空(くう)です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

物理=カオス=「仮」と「空」を包摂するものが「中」。中観宇宙­=コスモス

 

あらゆる過去、現在、未来(可能性)が結実しているのが物理空間の「今、ここ」という4次元座標。だから

 

エネルギーが一点に集まっている「一期一会」の体感が「現世利益」

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26744273.html

 

その反対に、物理空間上の一点から、すべての過去、現在、未来(可能性)を観る。そして、そのすべてを「全面肯定」することが、「一念三千」の実践といえるはずです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26408247.html

 

L-065につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

さらに、それはゴールのポイント「2)自分中心を捨て去る」を実現するためのワークでもあります

 

さらに2いうと、それは教育が目的としている「人間形成」を実現します。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/9963845.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/9966391.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10116950.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第2回目のテーマは「コンフォートゾーン」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28496983.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-192:「夢をかなえる方程式 I×V=R」実践の秘訣(ワーク付き)

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26119647.html

Q-204~:「縁起」と「因果」

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_413308.html

Q-219~:ゴールに対するスケジュールはたてますか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_415812.html

 

 

 

L-06220209月シークレットレクチャー -02;高次の抽象度次元に誘う存在、高い抽象度次元を志向する一人ひとり

 

20209月にコーチ向けのレクチャーを行いました。守秘義務を結んだ上で行う全3回の講義の最終回。3回を通しての全体テーマは「現世利益」、キーワードは「トータルペイン(とくにスピリチュアルペイン)」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24505924.html

 

 *初回講義(20207月)はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416281.html

 *2回目はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_417757.html

 

当日の講義内容をブログ用に再構成してお届けします。

 

 01;「生/life」を磨き上げるもの

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28467657.html

 02;高次の抽象度次元に誘う存在、高い抽象度次元を志向する一人ひとり

 

 

 スコトーマがさらに外れやすくなり、“現状の外”がますます感じられるようになると、「ドキッとする」「ハッとする」体験が増えていきます。それがコーチングを受けているクライアントさんの体感です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 すると、ますます自我が書き換わりやすくなります。評価関数としての自我はもちろん、部分関数としての自我までも。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 「ドキッとする」「ハッとする」ときに強烈なRゆらぎがおこり、ゴールが導く世界に移行しやすくなるからです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23645730.html

 

 ゴールは1)心から望むもので、2)自分中心を捨てながら、3)現状の外に設定するもの。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 コーチの強力なサポートを受けながらスコトーマを外して見いだす「現状の外」は、より抽象度の高い次元にあります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 具体的情報量が少ない高抽象度の世界に強い臨場感を感じることができるのは、「自分中心を捨て去る」から。それは「自分は後回し」といった「滅私」や「利他」のことではなく、「『縁起宇宙のどこまでを自分と感じられるか?』という『自分の定義』」をひろげていくことです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 より抽象度が高くなるほど、より“自分”の定義が拡大していきます。それが「自分中心を捨て去る」。それは人としての進化・向上とも重なります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/9963845.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/9966391.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10116950.html

 

 「高次の抽象度次元に誘う存在」 それがコーチ。そして、「高い抽象度次元を志向する一人ひとり」がリーダーです。

 PM-06-17:仮説12)リーダー、マネジメント、コーチの役割と抽象度の関係

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14526054.html

 

 

 前回(20208月レクチャー)、病院長として働く病院へのコーチング導入に“失敗”したことに触れました。その理由は「中途半端なコーチ」だったから。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28153740.html

 

 私の考える「中途半端」とは、空観を忘れ(仮観ではなく)実観になってしまうという過ちのことです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

成功を重ね自信がつくほど、じつは実観に陥りやすくなります。

 PM-06-21:仮説14)空(くう)なき実観の行き着く先にあるもの

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14833876.html

 

 コーチの鉄則は「コンテンツには関わらない」と「クライアントの利益100%」。

「コンテンツには関わらない」ために、コーチは自身の価値判断を押し付けません。「クライアントの利益100%」は、コーチが“自分”という殻を脱ぎ捨てることで可能になります。それらは「自分中心を捨て去る」の実践です。

 

その鉄則を守り続け、絶対に過ちを犯さない(繰り返さない)ために、私はあえて“失敗”という言葉を使っています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13397552.html

 

L-063につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記―

 その鉄則を守り続け、絶対に過ちを犯さない(繰り返さない)ために、私はあえて“失敗”という言葉を使っています

 

 “失敗”について、認知科学者 苫米地英人博士はどのように考えていらっしゃるのでしょう。以下、博士の著書「夢が勝手にかなう脳」(講談社)より引用します。

 

 

◇成功する人に「失敗」はありえない

 とことん成功する人というのは、「自分が失敗する」なんてことはこれっぽっちも考えません。「世の中に失敗はありえない」ことがわかっているからです。

 まさか……と思いますか? その根拠は二つあります。

 

 〇失敗する可能性があることを理解したうえで挑戦し失敗した場合は、自分が了解していたことだから失敗ではない

 〇自分の行動のすべては、自分が部分情報のなかでベストだと思うことを選択したもの。結果として失敗に見えたとしても、それ以上の選択がありえなかったのだから、その結果もまた成功である

 

 論理的に「失敗」はありえないことが、わかりましたね? 「失敗を繰り返す人」というのはここがわかっていないから、自分の行動の結果が良くないだけで「また、失敗した」とうずくまる。それがクセになっているのです。

 では、どうして「失敗」という認識が起こるのでしょうか。それは、物事の結果について「もし、こうしていたら、失敗しなかったのに。成功していたかもしれないのに」などと、仮想的な世界と自分の現在をムリヤリ比べるからです。

 どんな結果にせよ、現実よりもうまくいった場合を想定すれば、何だって「失敗」になります。そういう考え方をしているから人生が失敗の繰り返しになってしまうのです。

 

 とことん成功する人は、一見マイナスの結果に思えることがあっても、その現状をベストだと捉えます。

 たとえば、「いける!」と思って出した企画がボツになったとしても、そのときの部分情報でそれがベストな選択だったと確信して企画したのだから、失敗ではありません。結果がどうであれ、成功です。そう考えるから「失敗」という“魔物”に取り憑かれることなく、最終的に成功するという方向に向かって、前に進めるのです。

 逆に言えば、そういう「失敗を失敗としない」考えの持ち主が、とことん成功する人です。世間的には「失敗」と言われることがあっても、つねに「成功」と捉えて前進するから、人生は「成功の連続」になるのです。

 ゴルフの石川遼選手がメジャー大会に出ては予選落ちするのを見て、「実力もないくせに、また失敗している」と思う人がいるかもしれません。しかし、おそらく彼は、本人が目指すゴールに向かう過程で、「もっと上のレベルの選手と対等に戦う」と考えコンフォートゾーンを上げ続けているのではないでしょうか。そうであれば、本人にとって予選落ちなど失敗ではないはずです。

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第2回目のテーマは「コンフォートゾーン」。間もなく募集を開始します。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

PM-06-06:仮説01)変わらないコンフォートゾーン(CZ)が生みだす「現状維持の壁」

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628746.html

F-104:「映写機の故障により上映できるかわかりません」 Vol.4;リーダーの視点で

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19485793.html

F-127:続・クライシスの本質 ~首相による「一斉休校要請」と社会の反応を読み解く~ <後編>

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/21664503.html

F-190:くっきりとした姿が見えているわけではないけど、おぼろげながら浮かんできたんです <中編;リーダー>

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25988048.html

Q-176:コーチはリーダーとマネージャーの役割・機能を持つと考えてよいのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25016029.html

Q-210:世の中はどうしてドリームキラーばかりなのでしょうか? <回答1:ゴール&リーダーの観点で>

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26886756.html

 

 

夢が勝手にかなう脳(kindle版)

Kindle版はこちら↓

夢が勝手にかなう脳 | 苫米地英人 | 個人の成功論 | Kindleストア | Amazon

 



I-070:【告知】コーチング・デ・コンパッションクラブ<220418> 受付開始

 

 すべてのはじまりは“現状の外”へのゴール設定

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

双方向(多次元)の縁起を意識した気楽なクラブ活動をはじめました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ(CoacHing de Compassion ClubCHCC)」。

(詳しくはこちら↓)

1

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27936349.html

2

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28045280.html

 

 

CoacHing de Compassion Club

 

 

 このクラブ自体のゴールは「コンパッション実現」。コンパッションとは「慈悲」のことです。

20分(~最長30分)のクラブ活動を通じて、「Compassion = 慈悲」を体感&共有しながら、コンフォートゾーン化していくことを目指します。気楽にw

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 その実現のためにエンドステートを2つ設定しました。

 (エンドステート、COA、アサンプションはこちら↓)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14973460.html

 

1つ目(クラブ活動前半)は認知科学者 苫米地英人博士が教示されるコンパッションを確認していきながら、「お互いにスコトーマを外しあい、知識を習得・共有していく」。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 2つ目(クラブ活動後半)はお互いにエフィカシーを高めあいながら、「コンパッションを高次の抽象度で臨場感豊かに体感しつつ、物理空間でしっかり実践(実装)する」。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 *抽象度はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 *物理空間(=情報空間の底面)はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

 毎回、苫米地博士の著書「近未来のブッダ」(サンガ)より引用します。

 初回(220205開催)の反省を踏まえ、今後は告知の際に次回開催時の引用部分を提示することにしました。

 PM-06-01:過去の“失敗”をもとに問題を解決する方法

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13397552.html

 

 開催は不定期です(平日/週末の午前/午後)。1週間前までにはブログで告知します。

クラブ活動時間は20分間を予定しています(最長30分)。自由に参加してください(途中入退室可能)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

 次回は R4.418日(月) 1800分~開催。受付は5分前からです。

 *前回開催時にお伝えした日程を変更しました。御注意ください

*その次は R4.5月上旬開催を予定しています。後日告知いたします

 

 申し込みは下記メールアドレスに。件名を「コンパッションクラブ<開催年月日>」としてください。

例:「コンパッションクラブ<220418>」

 

 申し込み・お問い合わせ(メール)

coachfor.m2@gmail.com

 

 お申込みいただいたら、zoom招待URLを返信します。あとは当日参加するだけです。

*自動返信ではありません。タイムラグを(compassionしながら)お楽しみください

*招待URLの転送等は御遠慮ください。参加できるのは申し込み者のみです

*申し込み時から匿名可とします(クラブ活動時の表示も)。ご自由にどうぞ

*友人や御家族等と一緒に一端末で参加する場合、申し込みは代表者だけでOKです

*クラブ参加時はカメラ・マイクともにオンにしてください。どうしても顔を出したくない方はzoomに搭載されているフィルター機能をご利用ください

(マスク・覆面・仮面のリアル使用も可w

*注意;録音・録画・撮影は御遠慮ください(私も行いません)

 

 

220418>前半のテーマ(引用部分)はこちら↓

 

220418-1:審判は権力者の代理人

 

 

 220418>後半のテーマ(引用部分)はこちら↓

 

220418-2:悟りの瞑想

 

 

 最後にもう一度、「近未来のブッダ」(サンガ、p151~)より引用します。

 

 

 現代版慈悲は「一緒に楽しみましょう」

 宗教は、たくさんの人に開かれていて、役に立ってこそ存在意義があります。ブッダの時代は「四つの苦をなくしてあげる」といえば、そのニーズは絶大でした。でも、今はそれではだれもついてこないのです。

 ブッダの時代、大衆のニーズに、教えを説いて応えた実績は意義深いです。しかし、今やニーズが違ってきています。そういう意味では、ブッダの教えが有効に人々の役に立っていないような懸念を感じます。

 宗教は、多くの場合は本人の救済に役立ってこそのものです。そういう機能を提供していくことの大前提として、たくさんの人の耳に届く、たくさんの人が聞きたいと思うメッセージを発信していないといけません。ブッダの教えも基本は不変ですが、時代が変わるにつれて説き方もバージョンアップしていくべきですし、コンパッションという考え方もどんどん現代化していくべきです。

 二十一世紀のコンパッションは、「一緒に苦しみましょう」とか、「一緒に憐れみましょう」とか、「私もあなたと同じように苦しんでいるんですよ」でなくていいと思います。もちろん、そういうニーズにも応えますが、もっと一般的な、基本的には現代社会の楽しさや快適さを享受できている人たちに応える「一緒に楽しみましょう」でいいのです。

 引用終わり

 

 

 さぁ、一緒に楽しみましょう!

 縁がつながることを楽しみにしています。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-追記-

2つ目(クラブ活動後半)はお互いにエフィカシーを高めあいながら、「コンパッションを高次の抽象度で臨場感豊かに体感しつつ、物理空間でしっかり実践(実装)する」

 

 抽象度が上がるほど具体的な情報量が減っていくので、臨場感は下がっていきます。

ところが、それは「臨場感についての認識の誤解」(by苫米地博士)。詳しくはこちらで↓

 Q-159~:臨場感が薄れても高い抽象度のゴールをイメージし続けるのでしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404758.html

 

 

近未来のブッダ



Q-248:続・気楽に生きたいのですが ~「気楽に生きる」ということ~ -06(補足);調和

 

子どもの頃、私は「努力」や「根性」という言葉が好きでした。反対に「気楽」や「気軽」が大っ嫌い!

 F-109:気楽

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19980130.html

 

ところが、認知科学者 苫米地英人博士に学ぶ間に、「努力」「根性」がコンフォートゾーン(CZ)の外になり、「気楽」がCZ化していきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 そんな「気楽」について、いただいた御質問に回答しながら考えてみました↓

 Q-238~:気楽に生きたいのですが

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418094.html

 Q-240~:毎日、無気力感に悩まされています ~気楽に生きる際の注意点~

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418402.html

 

 「100%want toで生きよう」「楽しく働こう」といった話をすると、必ずといっていいほど「やりたいことだけで生きられればそもそも苦労はしない」「みんながやりたいことだけやっていたら社会が成り立たない」といった御意見(claim)をいただきます。ときには「楽しく働かれるといい迷惑だ」といった苦言も。

 「want to」や「Not Normal」を貫く生き方は、気楽ではありますが、決して楽ではありません。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882609.html

 

 ところで、want toを非難する人たちのことをドリームキラーと呼びますが、最大・最強のドリームキラーとなるのは誰でしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040935.html

 

 そう、自分自身。心の中の不安や恐怖・義務感・罪悪感といったものが、want toをいつの間にかhave toに変えていきます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13523715.html

 

では、そんな内なるドリームキリングに対して、どう対応すればよいのでしょうか?

 

 そのような問いを念頭に、「気楽に生きる」ということについてあらためて考えてみました。気楽に読んでくださいw

 

 01;肩書が変われば、機能・役割が変わる

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28362960.html

 02:昇進うつはなぜ起こる?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28380339.html

 03;昇進うつの解決法

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28391533.html

 04;「一人一宇宙」はゴールに向かう夢の一部

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28416456.html

 05;「時間は未来から過去に流れる」とは?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28437135.html

 06(補足);調和

 

 

 このシリーズは前回で完結する予定でしたが、前回の下記部分(青色)について御質問をいただいたので補足します。

 

このことからわかるように、起こったこと(fact)の解釈はその後に生じること、つまり未来の出来事で書き換わります。未来の出来事によって過去の出来事の解釈(=意味)が変わるのですから、「因果関係」の「因」は未来(より高次の抽象度次元)にあるといえます。

未来の結果が現在、現在の結果が過去

それが「時間は未来から過去に流れる」ということです。

 

Q:時間の流れではそういえますが、仏教の時間観とは合わないのではないでしょうか?

 

A:苫米地博士の情報場へのアクセスが私にもたらした最初の衝撃は時間観の変化でした。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

「時間は未来から過去に流れている」ことを実感するたびに自由を感じたことを思い出します。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

 博士から「プランク時間」を学び、時間が離散的であることを理解した時の「?」が2nd. Impact。なにせ「人類を救う」とまで思っていた時間観(未来→過去)が打ち砕かれたのですから、とてつもなく大きな衝撃を受けました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13397552.html

 

 その「?」を解消してくださったのも苫米地博士です。フォレスト出版から販売されているDL教材「タイム・レボリューション」で学んでいる間に、両立するはずのない2つの世界が統合されていく感覚に包まれました。

 (教材はこちら↓)

 苫米地英人博士 新教材 ビジョナリーマインド&タイム・レボリューション (forestpub.co.jp)

 

 それはゲシュタルトができ、ゲシュタルト同士がconnectし、さらに大きなゲシュタルトが再構築されるという感覚。そのときに、これまでのすべてをひっくり返すような衝撃とともに、まったく新しい世界が生みだされます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7383761.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628437.html

 

 「さらに大きなゲシュタルトが再構築される」というのは「抽象度が上がる」と同義。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 抽象度を上げながら巨大なゲシュタルトをつくりあげるほど、より大きなエネルギーとクリエイティビティを手に入れることができます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/20276623.html

 

 その巨大なゲシュタルトを縁起空間として捉えると、「時間の流れ」と「仏教の時間観」は矛盾しないはずです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 *詳しくはこちらでどうぞ↓

 Q-219~:ゴールに対するスケジュールはたてますか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_415812.html

 

 最後にもうひとつ。「抽象度を上げながら巨大なゲシュタルトをつくりあげるほど得られるエネルギーとクリエイティビティ」とは、「調和のエネルギー」であり、「縁起力」です。

 

以下、苫米地博士の「新・夢が勝手にかなう手帳 2021年度版」(サイゾー)【付録②】から一部引用します。調和のエネルギー=縁起力をぜひ感じてください(feel!)。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 

 バランスホイールを作り、すべてのゴールを実現しよう

 最後にとっておきの秘密を公開します。私たちの脳の無意識の情報処理能力はとてつもなく大きいです。例えば、あなたはいま手帳を持ちながら、この文章を読んでいることでしょう。何かを握るとか、持つというのはかなり複雑な筋肉の動きを必要とします。握りすぎても力が入りすぎてもダメですし、弱すぎると手帳は手から滑り落ちてしまいます。

 でも無意識に手帳を持ちながら、文字を目で追い、文章を読みながら、その内容を理解しようと言語野を活性化させています。それだけではなく、さっき食べた料理を消化しながら、心臓は血液を全身に循環させつつ、呼吸もしています。全身で免疫の戦いは継続していて、そのため脳は大きな役割を果たしています。

 何が言いたいかといえば、ゴールは複数持つほうがよいということです。ルー・タイスはバランスよくゴールを持つように言いました。それをバランスホイールといいます。

 一つだけのゴールでは視野狭窄になります。視界が狭くなるのです。視野が狭くなることは一概に悪いこととはいえません。エネルギーは一つのものに注いだ方が、結果には結びつきます。とはいえ、人生は長いものです。それに多くのゴールがある方が、相乗効果が期待できるのです。

 自分の人生を丸い車輪としてイメージしてみてください。その車輪がいびつだと車輪はうまく転がりません。逆にきれいな丸い形だと人生はうまく転がっていきます。どこかが尖っていると、うまく人生が回らないのです。自分自身にこう問いかけましょう。「キャリアのこと、プライベートのこと、家族のこと、親族のこと、友人のこと、自分自身の生きがい、どうやったらすべての目標を結びつけられるだろうか」と。

 自分の脳内で達成したい人生目標を視覚化します。ビジネスだけにゴールを設定しすぎると、人生のバランスを失います。人生の主たる要素のすべてをカバーするゴールにしていきましょう。

 職業やファイナンス、精神性、家族や親戚、自分や周りの健康、社会生活、コミュニティ、趣味といった人生の重要な領域それぞれについてゴールをしっかり立てます。その上で、そのすべてのゴールがしっかりと自分の個人的なビジョンや達成したいことと結びつくことが重要です。この調和がしっかりしていると、すさまじいパワーを生みだすことになるからです。

 引用終わり(続きは夢手帳2021でどうぞw

 

 

 調和のエネルギーは絶大です。

 そのエネルギーが未来をさらに“気楽”に書き換えていきます。

 

 御質問ありがとうございました。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-追記1

 抽象度を上げながら巨大なゲシュタルトをつくりあげるほど、より大きなエネルギーとクリエイティビティを手に入れることができます

 

 そのための思考法が「コンセプチュアルフロー」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25217507.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25259581.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25282178.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25324197.html

 

 

-追記2

 今年(2022年)も「新・夢が勝手にかなう手帳」(サイゾー)が発売されています。こちらからどうぞ↓

 ドクター苫米地のプレミアムアイテム・ショップ (tomabetique.com)

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第1回目のテーマは「A次元」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28324598.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

Q-204~:「縁起」と「因果」

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_413308.html

Q-230~:「財布を娘に盗られた」といった被害妄想がでている老人に対して、どのように対応すればよいでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416986.html

 

 

新・夢が勝手にかなう手帳2022年度版

TOMABETIQUE HPより引用

https://www.tomabetique.com/

 



F-2323錠じゃないと飲まん! <中編:排中律に潜む問題とその解決>

 

 先日、縁深い人から、私のブリーフシステム(BS)について鋭い御指摘をいただきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 0100かで極端だよねw

 

 その時思い出したのが認知科学者 苫米地英人博士に教えていただいた「排中律(はいちゅうりつ)」という概念。それは「任意の命題に対して、それが成り立つか、成り立たないかいずれか一方であって、その中間はないことを述べた論理学の法則」です(日本大百科全書より)。

 

「中間はない」という発想の根底には「完全性」があります。それは単調論理であり、不完全性定理や不確定性原理以前の西洋哲学の世界観です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6194669.html

 

 「不完全性」が証明された現代は非単調論理。縁起で代表される釈迦哲学がベースです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

コーチングを上手く行うためには、縁起の理解と実践が欠かせません。そうでないと「可能世界w1」を見いだせないからです。

(詳しくはこちらでどうぞ↓)

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 指摘をいただいた後、私は新たなゴールを設定しました。もちろん現状の外に。

 その結果として、「関数pの再定義」が起こり、RASが変化し、スコトーマが外れたのでしょう。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721658.html

 

 医師として働く現場でさっそく「排中律」を見つけました。「3錠じゃないと飲まん!」と拒薬する高齢男性患者さんの思考です。

 (プライバシー保護の観点で変更を加えています)

 

 前編:排中律

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28339618.html

 中編:排中律に潜む問題とその解決

 

 

 23にしろ。さもなければ20にする

 

 今回は、このような排中律に潜む問題(課題)とその解決を考えていきましょう。

 

 前回御紹介した患者さんは、自身の主張が論理的ではないことを理解しているようでした。「20になる」ことでかえって身体的苦痛が強まってしまうことはわかっていたはずです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12340209.html

 

 しかしながら、本人の無意識は、身体的苦痛の解決よりも心理・精神的苦痛の解消を優先しました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24682654.html

 

 この場合の心理・精神的苦痛とは、簡単に言うと「認知的不協和」のこと。その解消のために本人(の無意識)が選択した行動が「私の言うとおりにしろ」と大声で怒鳴ることでした。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882652.html

  

その「私の言うとおりにしろ」という発想自体が苦痛の源です。そもそも「私」は独立して存在してはおらず、すべて縁によって起こっているから。

「私」とは「無限にひろがる関係の結び目」のことです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 だから、「私」の抽象度が低いままでは、私=縁起をしっかり感じることができません。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

縁起を感じることができないと、つい「自分100%、相手0%」を求めてしまいがち。その当然の帰結として、社会的苦痛が生じていきます。実際、その患者さんは家族とは疎遠でした。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14401412.html

 

鍵は“自分”の定義。

 ただし、“自分”にこだわり囚われるほど、自由がどんどん奪われていきます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

 “自分”とはブリーフシステム(BS)のことですが、そのBSはもともと他人の判断基準であり、社会の価値観だから。しかも、すべて過去です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

 誰もが「“私”は本当の私ではない」という矛盾と「本当の“自分”がわからない」という苦しみを抱えています。スコトーマに隠れ、気づいていないだけです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 その苦しみが「スピリチュアルペイン」。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24706915.html

 

 それは臨場感世界が情報空間にまでひろがっている人間だからこその苦しみであるといえます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

 

 ここまでがケースサイド(case side)。問題(課題)を見つけるパートです。

 見つけた問題(課題)を解決するパートがプランサイド(plan side)。では、明らかになったスピリチュアルペインを解決するプランは?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12658417.html

 

 そう、答えはコーチング!

 コーチングの実践によって、1)心から望む何かを、2)自分中心を捨てながら、3)現状の外に見いだし続けることが解決です。

 その“何か”がゴール。“何か”を実現する根拠なき確信がエフィカシーです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 本物のコーチのもとでコーチングをしっかり実践していくと、より抽象度の高い次元に「可能世界w1」を見いだすことができます(Imagination)。その「w1」の臨場感が高まっていくほど(Vividness)、「w1」は現実化していきます(Reality)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

それとともにゴール(w1)側から「pの再定義」がおこり、結果として“自分”が拡大していきます。

 (重要な部分なので再度引用します。クリアではない方はこちらを確認してください↓)

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 ゴールを設定し、エフィカシーを高めながら、“自分”を拡大・拡張していく

 

コーチングの実践は、スピリチュアルペイン克服の力となり、トータルウェルビーイング実現の礎となっていきます。

F-163~:アンチ(anti)からウィズ(with)、そしてウェル(well)へ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404044.html

 

F-233につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

 「ゴールが先、認識は後」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8583393.html

 

 すべてはゴール設定からはじまります。問題の解決はもちろんのこと、問題の発見自体がゴール設定の結果です。よって、「ゴールにより思考が決まる」といえます。

ゴールの抽象度が上がるほど、情動→論理→社会的情動となり、より自由になっていきます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 ゴールを設定しスピリチュアルペインを克服していく生き方そのものが幸せである

 

 そのように私は思っています。

 F-176~:“幸福(well-being)”とは? ~「antiwithwellpart

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_408326.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第1回目のテーマは「A次元」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28324598.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

S-04~:さぁ「人間関係の悩みを克服する旅」をはじめよう!

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_397885.html

F-052~:人は、己に克つを以って成り、己を愛するを以って敗るる

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_268337.html

F-089~:無人運転と自動運転の違い ~シーサイドライン逆走に思う~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_369873.html

F-217~:不安と不満のはざまで苦しんでいる君へ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416096.html

 

 

Q-243:続・気楽に生きたいのですが ~「気楽に生きる」ということ~ -01;肩書が変われば、機能・役割が変わる

 

子どもの頃、私は「努力」や「根性」という言葉が好きでした。反対に「気楽」や「気軽」が大っ嫌い!

 F-109:気楽

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19980130.html

 

ところが、認知科学者 苫米地英人博士に学ぶ間に、「努力」「根性」がコンフォートゾーン(CZ)の外になり、「気楽」がCZ化していきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 そんな「気楽」について、いただいた御質問に回答しながら考えてみました↓

 Q-238~:気楽に生きたいのですが

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418094.html

 Q-240~:毎日、無気力感に悩まされています ~気楽に生きる際の注意点~

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418402.html

 

 「100%want toで生きよう」「楽しく働こう」といった話をすると、必ずといっていいほど「やりたいことだけで生きられればそもそも苦労はしない」「みんながやりたいことだけやっていたら社会が成り立たない」といった御意見(claim)をいただきます。ときには「楽しく働かれるといい迷惑だ」といった苦言も。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882609.html

 

 事実として、私は「夢想家」「お花畑」「苫米地教信者」などと陰口を叩かれ、「本当にwant toばかりしている」と書かれた文書を裁判所に提出されました。

 Q-059:今まで「仕事をしなければならない」という気持ちが強いでした

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13076206.html

 

 「want to」や「Not Normal」を貫く生き方は、気楽ではありますが、決して楽ではありません。「気楽に生きたいのですがなかなかできません」「頭ではわかっていても目の前の仕事や生活をこなすのがやっと」「この生活がずっと続くのかと思うと不安」といった言葉に、厳しい現実に対する質問者の心の叫びを感じました(feel)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 ところで、want toを非難する人たちのことをドリームキラーと呼びますが、最大・最強のドリームキラーとなるのは誰でしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040935.html

 

 そう、自分自身。心の中の不安や恐怖・義務感・罪悪感といったものが、want toをいつの間にかhave toに変えていきます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13523715.html

 

では、そんな内なるドリームキリングに対してどう対応すればよいのでしょうか?

 

 そのような問いを念頭に、「気楽に生きる」ということについてあらためて考えてみました。気楽に読んでくださいw

 

 01;肩書が変われば、機能・役割が変わる

 

 

 かつて病院長を務めていた頃、私は辞令交付のたびにメッセージを伝えていました。「気楽に生きてほしい」「楽しく働いてほしい」と。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7556145.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7702279.html

 

「気楽に生きる」「楽しく働く」というのは、「いいかげんに生きる」とか「おもしろおかしく過ごす」ということではありません。むしろ正反対。それは「“自由”に挑み、責任を果たし続ける」という感じです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13958864.html

 

 そのようなことを伝えた後、下記の3点について詳しく説明していました。

 

1)肩書が変われば、機能・役割が変わる

肩書きが変わると、機能・役割が変化します。それを仏教的に表現すると「縁起が並び変わる」ということ。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

縁起を重要度で並び替える評価関数は自我の定義そのものです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

よって、辞令により肩書きが変わる人は“自我が変わっていく人”と表現することができます。その過程において「昇進うつ」がおこる場合があります。「これまでの私」というコンフォートゾーンを外れるからです。

(次回取り上げます)

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 

2)自我が変わると世界が変わる

自我が変わると、今まで認識できなかったことを認識し、認識していたことが認識できなくなっていきます。きっと世界が一変することに驚くでしょう。

 

その理由は「脳の基底部に存在するフィルター(RASReticular Activating System)を通過する情報が変わる」から。その結果、心理的盲点=スコトーマ(Scotoma)が変化します。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721658.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

私たちは個人レベルでそれぞれがスコトーマをもっています。そして、職種により似たようなスコトーマを持ち、組織としてスコトーマを共有しています。もちろん、業界としても。

例えば「地域医療構想」は少なくとも3つのスコトーマを抱えていますが、業界の重鎮になるほどスコトーマが外れにくくなっています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8584052.html

 

まずはRAS&スコトーマの存在を知り、その意味を理解することが重要です。

 Q-235:「財布を娘に盗られた」といった被害妄想がvol.6:記憶が織りなす「一人一宇宙」>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27981625.html

 

そして、個人や組織、業界のスコトーマをお互いに外しあっていくことが大切。なぜなら、スコトーマの中にさらなる進化・向上のヒントがあるからです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/18340276.html

 

 そのために最も重要なものがゴール!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 

3)鍵はゴールの共有

お互いにスコトーマを外しあい、ともに進化・向上していく鍵は、「ゴールの共有」にあります。

 

ゴールを共有するためには「働く一人ひとりが自分自身のゴールを設定している」ことが大前提。個人のゴールを組織のゴールや理念と重ねることができれば、働くことが「want to」になります。

 

働けば働くほど、自分のゴールに近づき、心が満ちていく

 

それが「楽しく働く」ということ。

 

そして、人生のあらゆる領域にそれぞれゴールを設定し(バランスホイール)、挑み続ける生きざまが「気楽に生きる」です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28095246.html

 

 生きれば生きるほど、たくさんのゴールに近づいていき、ますます心が満ちていく

 

 実際、「その場にいるだけで雰囲気が明るくあたたかくなる人」っていらっしゃいますよね。私にとっては、苫米地博士はもちろん、コーチの皆さんがそんな感じです。

 

そんなあたたかい光を放つ人に誰もがなれます。

その秘訣が「気楽に生きる」「楽しく働く」です。

 

Q-244につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-追記-

苫米地式認定コーチとして、私は、地球上のすべての人々が「気楽に生きれるように」「楽しく働けるように」と願っています。その延長上に世界平和があると信じているから。

こちらをどうぞ↓

PM-07-09~11:「平成」という元号に埋め込まれたコード

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16379886.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16541640.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16660261.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第1回目のテーマは「A次元」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28324598.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-043:「感情労働」という問題とその解決のイメージ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10987351.html

F-212~:仕事楽しみですか? ~want toが非難される社会~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_415360.html

 

 

 

I-068:【告知】コーチング・デ・コンパッションクラブ<220328> 受付開始

 

 すべてのはじまりは“現状の外”へのゴール設定

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

双方向(多次元)の縁起を意識した気楽なクラブ活動をはじめました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ(CoacHing de Compassion ClubCHCC)」。

(詳しくはこちら↓)

1

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27936349.html

2

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28045280.html

 

 

CoacHing de Compassion Club

 

 

 このクラブ自体のゴールは「コンパッション実現」。コンパッションとは「慈悲」のことです。

20分(~最長30分)のクラブ活動を通じて、「Compassion = 慈悲」を体感&共有しながら、コンフォートゾーン化していくことを目指します。気楽にw

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 その実現のためにエンドステートを2つ設定しました。

 (エンドステート、COA、アサンプションはこちら↓)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14973460.html

 

1つ目(クラブ活動前半)は認知科学者 苫米地英人博士が教示されるコンパッションを確認していきながら、「お互いにスコトーマを外しあい、知識を習得・共有していく」。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

  

 2つ目(クラブ活動後半)はお互いにエフィカシーを高めあいながら、「コンパッションを高次の抽象度で臨場感豊かに体感しつつ、物理空間でしっかり実践(実装)する」。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 *抽象度はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 *物理空間(=情報空間の底面)はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

 毎回、苫米地博士の著書「近未来のブッダ」(サンガ)より引用します。

 初回(220205開催)の反省を踏まえ、今後は告知の際に次回開催時の引用部分を提示することにしました。

 PM-06-01:過去の“失敗”をもとに問題を解決する方法

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13397552.html

 

 開催は不定期です(平日/週末の午前/午後)。1週間前までにはブログで告知します。

クラブ活動時間は20分間を予定しています(最長30分)。自由に参加してください(途中入退室可能)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

 次回は R4.3/281800分~開催。受付は5分前からです。

 (その次は R4.4月中旬開催を予定しています。後日告知します)

 

 申し込みは下記メールアドレスに。件名を「コンパッションクラブ<開催年月日>」としてください。

例:「コンパッションクラブ<220328>」

 

 申し込み・お問い合わせ(メール)

coachfor.m2@gmail.com

 

 お申込みいただいたら、zoom招待URLを返信します。あとは当日参加するだけです。

*自動返信ではありません。タイムラグを(compassionしながら)お楽しみください

*招待URLの転送等は御遠慮ください。参加できるのは申し込み者のみです

*申し込み時から匿名可とします(クラブ活動時の表示も)。ご自由にどうぞ

*友人や御家族等と一緒に一端末で参加する場合、申し込みは代表者だけでOKです

*クラブ参加時はカメラ・マイクともにオンにしてください。どうしても顔を出したくない方はzoomに搭載されているフィルター機能をご利用ください

(マスク・覆面・仮面のリアル使用も可w

*注意;録音・録画・撮影は御遠慮ください(私も行いません)

 

 

220328>前半のテーマ(引用部分)はこちら↓

 

220328-1;トップ層は物見遊山

 

 

 220328>後半のテーマ(引用部分)はこちら↓

 

220328-2;八正道の瞑想

 

 

 最後にもう一度、「近未来のブッダ」(サンガ、p151~)より引用します。

 

 

 現代版慈悲は「一緒に楽しみましょう」

 宗教は、たくさんの人に開かれていて、役に立ってこそ存在意義があります。ブッダの時代は「四つの苦をなくしてあげる」といえば、そのニーズは絶大でした。でも、今はそれではだれもついてこないのです。

 ブッダの時代、大衆のニーズに、教えを説いて応えた実績は意義深いです。しかし、今やニーズが違ってきています。そういう意味では、ブッダの教えが有効に人々の役に立っていないような懸念を感じます。

 宗教は、多くの場合は本人の救済に役立ってこそのものです。そういう機能を提供していくことの大前提として、たくさんの人の耳に届く、たくさんの人が聞きたいと思うメッセージを発信していないといけません。ブッダの教えも基本は不変ですが、時代が変わるにつれて説き方もバージョンアップしていくべきですし、コンパッションという考え方もどんどん現代化していくべきです。

 二十一世紀のコンパッションは、「一緒に苦しみましょう」とか、「一緒に憐れみましょう」とか、「私もあなたと同じように苦しんでいるんですよ」でなくていいと思います。もちろん、そういうニーズにも応えますが、もっと一般的な、基本的には現代社会の楽しさや快適さを享受できている人たちに応える「一緒に楽しみましょう」でいいのです。

 引用終わり

 

 

 さぁ、一緒に楽しみましょう!

 縁がつながることを楽しみにしています。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-追記-

2つ目(クラブ活動後半)はお互いにエフィカシーを高めあいながら、「コンパッションを高次の抽象度で臨場感豊かに体感しつつ、物理空間でしっかり実践(実装)する」

 

 抽象度が上がるほど具体的な情報量が減っていくので、臨場感は下がっていきます。

ところが、それは「臨場感についての認識の誤解」(by苫米地博士)。詳しくはこちらで↓

 Q-159~:臨場感が薄れても高い抽象度のゴールをイメージし続けるのでしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404758.html

 

 

近未来のブッダ



Q-242:毎日、無気力感に悩まされています ~気楽に生きる際の注意点~ 後編;無気力とやる気のなさ

 

子どもの頃、私は「努力」や「根性」という言葉が好きでした。反対に「気楽」や「気軽」が大っ嫌い!

 F-109:気楽

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19980130.html

 

情動を伴った体験や情報の記憶により、「『努力』『根性』を好ましく感じ、『気楽』『気軽』を忌み嫌うブリーフ」がつくられていたのだと思います。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

ところが、認知科学者 苫米地英人博士に学ぶ間に、「努力」「根性」がコンフォートゾーン(CZ)の外になり、「気楽」がCZ化していきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 *「気軽」は△。その理由はこちら↓

 Q-060:「気軽」という言葉の奥底に潜むもの

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13215570.html

 

 そんな「気楽」について、いただいた御質問に回答しながら考えてみました↓

 Q-238~:気楽に生きたいのですが

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418094.html

 

 今回は、別の御質問に回答しながら、「気楽に生きる際の注意点」について考察したいと思います。

 (質問には変更を加えています)

 

 

Qバランスホイールの中で現状の外のゴールがなくなってしまいました。毎日、無気力感に悩まされており、薬も服用しております。

現状の外にゴールを設定することに、あまりにも深い絶望を感じてしまいました。

 

 前編;“現状の外”に疲れたら

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28303455.html

 中編;3つのコミュニケーション

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28329961.html

 後編;無気力とやる気のなさ

 

A3:前回(Q-241)、ヒーラー&コーチ(×医師)として私がいつも意識に上げている「3つのコミュニケーション」を紹介しました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24281579.html

 

それら3つのコミュニケーションを実践すると、相手との関係性が良好になるだけではなく、自分自身を丸ごと肯定することができるようになります。なぜなら、「今までの私(私たち)」と「ゴール側の私(私たち)」をともに包摂する大きなゲシュタルトができるから。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 

 より大きなゲシュタルトができるほど(connect the dots)、ますます気楽になっていきます。そして、「見せかけの安らぎ」が不要となり、「自分の実存の意味」を見いだしながら、「自分自身に立ちかえる」ことができるようになっていきます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7383761.html

 

 理解が深まり、“意味”がわかるからです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628437.html

 

 

 わたしたちは患者に安らぎを与えなかった。形而上学的軽率という見せかけの安らぎを与えなかった。また患者が自分の実存の意味を見出して、自分自身に立ちかえらないかぎり、わたしたちは患者が安らぐのを許さなかった

ヴィクトール・フランクル(Viktor Emil Frankl

 

 

 前編(Q-240)で「自分の心と向き合う」という表現には注意が必要だと書きました。その理由はクリアでしょうか?

 

 私の答えは「『自分の心』にフォーカスするほど、過去(wBSp)に囚われ、未来(w1)が思い描けなくなる」から。

 

 *「w」「p」「w1」はこちら↓

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 ところで、認知科学者 苫米地英人博士は、「無気力(感)」をどのように考えていらっしゃるのでしょうか?

 以下、博士の著書「『感情』の解剖図鑑」(誠文堂新光社)から引用します。

 

 

疲労からくる無気力と間違ったゴール設定によるやる気のなさ

 現代のサラリーマンには、無気力な人が少なくありません。仕事をやる気はあるのに、身体がついていかないのです。その原因は、睡眠不足や栄養不足です。身体と心にいいものを食べてしっかり眠ることが、無気力を克服する一番の方法だといえます。

 また、何かやりたいこと、達成したいゴールがあり、それに向かって全力で取り組んだ結果、気力を使い果たしてしまうこともあります。その場合も、ゆっくり休養をとる以外に、気力を回復する方法はありません。

 一方、身体は動くのに、「無気力で会社に行けない」という人の多くは、「会社の仕事をやる気がない」人です。

 彼らは、会社に行かないために、「体調が悪い」「気持ちが沈んでいる」など、さまざまな理由を作り出します。つまり、「会社に行かない」という方向に、たくさんの気力を使っているのです。

 何かを「やる気がない」というのは、ゴールが間違っている状態です。本当はやりたくないと思っていることを、無理矢理やっているから、やる気が起きなくなってしまうのです。「やる気がない」状態を克服するには、現在、ゴールだと思っているものを見直し、本当にやりたいと思えることを見つけるしかありません。

 引用終わり

 

 

 もしも「現状の外にゴールを設定すること」に「深い絶望」を感じたなら、物理的身体を整えながら自分の心と向き合ってください。

 前編;“現状の外”に疲れたら

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28303455.html

 

 その時は過去(wBSp)に囚われないように気をつけながら、「3つのコミュニケーション」を意識に上げてください。

 中編;3つのコミュニケーション

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28329961.html

 

 そして、「過去(wBSp)」も「未来(w1)」もすべて包摂した“自分”としっかり向き合うのです。そのときの“自分”とは「縁起宇宙中にひろがる自我」のこと。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 本気で向き合っているとスコトーマがどんどん外れ、スピリチュアルペインを感じるとともにシンプルな問いかけが聞こえてくるはず。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24706915.html

 

 

 本気のゴールは何か? どんな世界を実現したいのか?

 

 

 それは縁起宇宙=自我からのメッセージです。

 F-117~Field of Dreams

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_390942.html

 

私は「心の声が聞こえてくるまでマインド(脳と心)に負荷をかけ続けること」が重要だと思っています。ニーズがないと閃きはおこらないから。

そのニーズはゴールが生みだします。「どんな世界を実現したいのか?」という“声”の「因であり、果でもあるもの」がゴールです。

 

そもそも負荷がかかっていないこと自体が問題(case)です。それは現状のCZにどっぷりつかっているということだから。それがフランクルのいう「見せかけの安らぎ」。

だからこそ、“現状の外”にゴールを設定(更新)し続けるのです(plan)。「自分の実存の意味」を問いながら。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12658417.html

 

その時に「無気力」「絶望」に陥らないこと。

そのために常にリラックスを心がけましょう。そして、挑戦自体を楽しんでください。「うまくいかない」「何とかしたい」の先にある光(希望)を感じながら。

F-155:「怒りと絶望しかありません」という言葉に感じた希望

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23743308.html

 

 最後にもうひとつ。この事実をいつも心に留めておいてください。

 

すべてマインドが生みだしている

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

 

 以上、私の回答です。

 御質問ありがとうございました。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第1回目のテーマは「A次元」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28324598.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

Q-158:ストレッサー→ストレス反応→心身の不調悪化となった状態ではゴール設定はできないのではないでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23794378.html

Q-167:自分を苦しめているのは記憶です。過去に苦しめられていることを感じています。コーチングで変化を実感しますか? <プチワーク付き>

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24320549.html

Q192~:コーチングはマインドを使える人のためのものなのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_410371.html

Q-198:ネガティブループにはまって止観やヒーリングにすら取り掛かれません

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26282829.html

Q-236:アウトプット自体が苦手。恐怖心に近いです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28179398.html

 

 

「感情」の解剖図鑑



このページのトップヘ