苫米地式コーチング認定コーチ CoacH T <タケハラクニオ> ブログ

認知科学者 苫米地英人博士に学びながら九州で活動するコーチ・ヒーラー・医師 CoacH T(タケハラクニオ)ブログ

タグ:水木しげる

F-066:水木しげるさんの「幸福の七か条」 -後編-

 

 

<幸福の七か条>

第一条   成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない

第二条   しないではいられないことをし続けなさい

第三条   他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追求すべし

第四条   好きの力を信じる

第五条   才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ

第六条   怠け者になりなさい

第七条   目に見えない世界を信じる

 

「水木さんの幸福論」(日本経済新聞社) 

 

 

 前編(F-065)で御紹介したとおり、漫画家 水木しげるさん(19222015年)は太平洋戦争時に左上肢切断術を受けるなど波乱万丈の日々を過ごされましたが、大好きな妖怪話から生まれた「ゲゲゲの鬼太郎」のヒットなどで人気作家へとなっていきます。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/14400204.html

 

 そんな水木さんの言葉には100% want toのゴールに向かうエネルギーとクリエイティビティ(創造性)があふれています。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5882609.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615935.html

 

今回は、コーチングマインドを持っていたに違いない漫画家 水木しげるさんの著書に書かれている「幸福の七か条」を、コーチの視点で読み解きます。

 

 

第一条  成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない

 

 この言葉はゴールの抽象度の重要性を語っています。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/4448691.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/4449018.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/4516484.html

 

 高い抽象度のゴールに向かう間に「人間形成」が実現します。そして、そのプロセス(ベクトル)そのものが幸福といえます。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/9963845.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/9966391.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/10116950.html

 

 反対に、抽象度の低いゴールのままであれば、幸福は実現しないばかりか、豊かな潜在能力を発揮することもできません。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/10692725.html

 

 

第二条  しないではいられないことをし続けなさい

 

 「止められてもやりたいようなこと(= want to)だけを行え」ということ。反対にいうと「~ねばならない(= have to)は一切しない」です。

モチベーションの説明(PM-02-06)で御紹介したとおり、「want to」と「have to」の違いは10年間で756倍の生産性の差をうみだします。756倍です!

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5882609.html

 

 

第三条  他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追求すべし

 

 これも第二章と同じくwant toの大切さを語っています。

気を付けるべきは「want toであっても、ちょっとしたことでhave toに変わってしまう」という事実。私はとくに「恐怖・不安」「義務感」「罪悪感」(FOG)に気を付けています。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/13523715.html

 

 認知科学者 苫米地英人博士の著書 「『頭のゴミ』を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」(徳間書店、開拓社から再販)の中で、悩みの原因となる「頭のゴミ」として「他人のモノサシ」が取り上げられています。

 

 “他人という視点”は人生には必要ありません。それに囚われてしまうと、前回(F-065)の追記内に記したとおり、「人間形成」に支障をきたします。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/14400204.html

 

ちなみに、その他の「頭のゴミ」として、苫米地博士は、「感情」「これまでの自分」「マイナスの自己イメージ」「我慢」「自己中心」「恐怖」「論理へのとらわれ」を取り上げていらっしゃいます)

 

 

第四条  好きの力を信じる

 

 好き=ゴールと読めば、「好きの力」は「ゴール実現力」。それを信じることとはエフィカシーを語っているといえます。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5616012.html

 

 幸せに生きるための最大の秘訣はゴール設定だといえ、ゴールを達成するための鍵がエフィカシーだといえます。そのエフィカシーを高めることこそが教育の最大の目的であるはずです。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/9966391.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/10116488.html

 

 

第五条  才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ

 

 私はこの部分を「才能は誰にもある」「その才能を引き出すのはゴール」「ゴール実現でうみだした付加価値を収入に変えるのは(職業のゴールから独立した)ファイナンスのゴール」というように理解しました。

 ゴールのバランスホイールが重要だということです。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615935.html

 

 「努力」「根性」という感覚にはhave toが入り込んでいます。「have to」の状態では才能を発揮することはできません。創造的回避がおこるからです。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6040752.html

 

 そう考えると、「裏切る」とは、「ゴール設定を誤ることで、自らの才能を封じ込めてしまうこと」といえます。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/12794797.html

 

 

第六条  怠け者になりなさい

 

 「怠け者」とはバランスホイールに関するメタファーだと理解しました。

 

 (ひとつ上の)第五章で触れたように「努力」や「根性」といった言葉は、コーチングには存在しない(してはいけない)言葉です。「目の前のすべてがwant to」というのが、コーチング後のクライアントが認識する世界です。世界がwant toに変わるのは、ブリーフシステムが書き換わり、RAS&スコトーマが変化するからです。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721531.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721658.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721610.html

 

 しかし、want toだからこそ注意が必要になります。

例えば、職業や趣味のゴールに向かって熱中するあまり健康を害した(または家庭が壊れた)となっては幸福からは遠ざかります。

ゴールのバランスをとるための心構えを「怠け者」と表現されたのではないでしょうか。

 

 

第七条 目に見えない世界を信じる

 

 妖怪を愛した水木さんらしい言葉です。おそらく、水木さん御自身にとっての最大の幸福の秘訣なのではないでしょうか。

 

 以前、同じ職場の看護師さんに真剣に相談されたことがあります。「子どもにサンタクロースのことをどのように話せばいいですか?」と(笑)。

 

 私の答えは「地球のどこか(物理空間)に本当に実在しているかはわからない。でも、心の空間(情報空間)には間違いなく存在している」です。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/4516539.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/4654230.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/4654316.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/4831442.html

 

子どもが“サンタからの贈り物”に喜び、その姿を見守る大人も一緒に幸せを感じるのであれば、サンタは存在しているといえます。縁起として。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353044.html

 

「サンタクロース」という言葉で表される機能・役割があり、その機能・役割をはたす人がいるなら、その人はサンタです。

もちろん、すべての機能・役割は空(くう)なのですが、それでもその“機能・役割”を積極的にみようと考えるのが仮観です。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353367.html

 

 サンタと同様に、ゴールも心の空間(情報空間)に、つまり「目に見えない世界」に存在しています。機能・役割として。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721610.html

 

ゴールとは未来のことですが、その未来は「このまま続く時間延長上の未来(=現状=ステイタスクオ)」とは異なるものです。ゴールとは“現状の外”にあるもので、現在のブリーフシステム(=自我)では想像すらできない“何か”です。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721531.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353425.html

 

 その“何か”を、そしてその達成を、信じきることがとても重要だと水木さんは伝えたかったのではないでしょうか。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5616012.html

 

 

 「目に見えない世界にある“何か”」をゴールとしてしっかりと設定するためには、コーチングの知識と実践が必要です。

 

このブログはその福音となることを目的としています。皆さんと皆さんに縁ある方々に幸福がひろがっていくことをイメージしながら心(気)をこめて書いています。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353044.html

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-追記-

 水木さんのアドバイスにある「怠け者」のニュアンスを、鹿児島弁で表現すると「てげてげ」でしょうか。「てげてげ」は「中くらい」や「適当」といった意味で使われますが、私は“中観”のイメージで使っています。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353367.html

 

 

-関連記事-

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/8040944.html

 

 

【お知らせ】

 2019126日(土)、鹿児島市でコーチングセミナーを開催します!

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/14479673.html

 

 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!×2



F-065:水木しげるさんの「幸福の七か条」 -前編-

 

 

<幸福の七か条>

第一条   成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない

第二条   しないではいられないことをし続けなさい

第三条   他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追求すべし

第四条   好きの力を信じる

第五条   才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ

第六条   怠け者になりなさい

第七条   目に見えない世界を信じる

 

「水木さんの幸福論」(日本経済新聞社) 

 

 
 
最近読んだ雑誌記事で「日本では49.8歳が最も幸福度が低い」という事実を知りました。
 
(プレジデントオンライン「格差目の当たり『同窓会』という残酷物語」、2018.12.17配信)

 

 まさに私の世代の話。高い臨場感を感じながら記事を読みました。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721658.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542364.html

 

記事によると、この世代の幸福度が低いのは日本だけでないとのこと。世界中で40代から50代世代の幸福度が低いことを、英米の大学教授が立証したそうです。英ウォリック大学のアンドルー・オズワルド教授と米ダートマス大学のデービッド・ブランチフラワー教授です。

二人は「幸福度と年齢に相関関係がある」という研究結果を発表しました。80カ国200万人以上を対象に調査し、「40歳から50歳までの人は、20代、30代の若年層や60代以上の高齢層と比べ、幸福度が低い」ということを突き止めています。
 研究によると、この傾向は日本、英国、米国など先進国から発展途上国までほとんど変わらなかったそうです。


 記事ではその理由を「40代から50代のミドル世代は経済的な制約が多いせいで、他の世代と比較して幸せそうな人が少ないように感じる」と分析していましたが、決して経済的制約を主因とは考えていないようでした。事実、社会・経済的地位、子供や離婚経験の有無などは影響がなかったようです。

40代に入ると男たちは仕事に脂が乗り、以前に増して仕事に注力する人が増える。それが50代になると今いる会社で先が見えてしまった人とそうでない人とに分化し、前者の背中には哀愁が漂うようになってくる」と記事中にありましたが、その文面からはアルバート・バンデューラ博士(スタンフォード大学)が唱える「エフィカシー」の低下が感じられます。

エフィカシーとは「ゴール達成能力の自己評価」のことで、コーチング成功の鍵となるものです。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5616012.html

 

 以前のブログ記事(F-026:最近の研究・調査で明らかになった日本の課題とその解決法)で御紹介したとおり、米パデュー大学の研究により「収入が一定額以上に達した場合、それ以上増えたとしても人生の満足度(life evaluation)や感情面での幸福度(emotional well-being)が増すことはなく、むしろ低下する」ことが明らかにされています。

 WHO(世界保健機関)の定義では「健康=well being」ですので、収入と健康が相関しないばかりか、「たくさんのお金が、むしろ、人を不健康にする」ともいえます。

 満足や幸福の秘訣はお金とは別のところにありそうです。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/8430748.html

 

 では、私たちは幸福を実現するためにどのように心がけ、何に取り組めばよいのでしょうか?

 

 

 ところで、「ゲゲゲの鬼太郎」でおなじみの漫画家 水木しげるさん(19222015年)を御存知でしょうか?

 

 水木さんは、太平洋戦争時にニューギニア戦線・ラバウルに出征。敵機の爆撃で左腕に重傷を負い、無麻酔下で左上肢切断術を受けました。戦後、波乱万丈の日々を過ごされましたが、大好きな妖怪話から生まれた「ゲゲゲの鬼太郎」のヒットなどで人気作家へとなっていきます(しかし、その後もマイペースぶりを発揮し「Not Normal」な日々を過ごされたようです)。

 

 そんな水木さんは、片腕を失ったことに対して「私は片腕がなくても他人の3倍は仕事をしてきた。もし両腕があったら、他人の6倍は働けただろう」と語っています。

 このコメントからは、エフィカシーの高さが読み取れます。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5616012.html

 

さらに「左腕を失ったことを悲しいと思ったことはありますか?」という問いには、「思ったことはない。命を失うより片腕をなくしても生きている方が価値がある」と答えています。

過去にこだわらず、未来にフォーカスするマインドです。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542317.html

 

 水木さんの言葉には100% want toのゴールに向かうエネルギーとクリエイティビティ(創造性)があふれています。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5882609.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615935.html

 

 

 次回、コーチングマインドを持っていたに違いない漫画家 水木しげるさんの「幸福の七か条」を、コーチの視点で読み解きます。お楽しみに。

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-追記-

 「…50代になると今いる会社で先が見えてしまった人とそうでない人とに分化し、前者の背中には哀愁が漂うようになってくる」のは心理学者 アブラハム・マズローの欲求階層説(自己実現理論)でいうところの第四の階層「承認(尊重)の欲求」にとどまっているからです。

承認(尊重)のレベルは低い承認のレベルと高い承認のレベルの二つがあります。

 マズローは低い承認のレベル(他者からの尊敬、地位への渇望、名声、利権、注目などで満たされる)にとどまり続けることは危険だとしていました。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/9963845.html

 

 高い承認のレベルとは、自己尊重感、技術や能力の開発、自己信頼感、自立性などが満たされること。それはコーチングで重要視するエフィカシーのことです。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5616012.html

 

 マズローの述べた五層目、六層目に到達するためにコーチングがとても有効です。コーチングは「50代で背中に哀愁が漂うかどうか」を決める鍵といえます。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/9966391.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/10116950.html

 

 しかしながら、コーチングにはもっともっと大きな役割があります。

 

 本当は思春期から潜在的に抱えている「スピリチュアルペイン」を克服し、真の意味で健康に生きるためにコーチングの知識とスキルが必要!

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/8293317.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/11301259.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/11386276.html

 

 コーチングは個人の成長や健康、幸福にとどまらず、社会そして未来の幸福を実現する大切な縁起となるはずです。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353044.html



【お知らせ】

 2019126日(土)、鹿児島市でコーチングセミナーを開催します!

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/14188687.html

 

 

水木しげる氏(Wikipedia)

水木しげる氏

Wikipediaより引用(文化功労者選出に際して公表された肖像写真)




このページのトップヘ