苫米地式認定コーチ CoacH T(タケハラクニオ) ブログ

認知科学者 苫米地英人博士に学びながら九州で活動するコーチ・ヒーラー・医師 CoacH T(タケハラクニオ)ブログ

タグ:プッシュ・プッシュバック

F-082:ダメ。ゼッタイ。 <前編>

 

 先日、麻薬及び向精神薬取締法違反でピエール瀧さんが逮捕されました。

 

 加熱する報道の影響なのか、厚生労働省が主催する薬物乱用防止(および向精神薬等の適正使用)を推進するキャンペーン運動の標語「ダメ。ゼッタイ。」を思いだしました。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353044.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/4654010.html

 

 Wikipediaによると、「ダメ。ゼッタイ。」運動は3つの観点で批判されているそうです。1)スローガンへの批判(薬物乱用者の社会的孤立を深める等)、2)薬物依存症患者を治療させる発想がないという批判、3)公布される情報のデータを保持していないとする批判 です。

 

 私は、コーチとして、様々な“失敗”に立ち会ってきました。もちろん私自身も痛い“失敗”を経験しています。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/15110477.html

 

“現状の外”にゴールを設定し挑戦者として生きているのですから、ときに“失敗”があるのは当然です。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615935.html

 

なかなかうまくいかない時、挫折した時、壁を乗り越えられる気がしない時 

そんなときに「ダメ。ゼッタイ。」という言葉は、確かに重いのかもしれません。

 

 (「ゴールに向かう者と薬物使用者を一緒にするな」という御批判があるかと思いますが、「認知的不協和を感じている者」という抽象度<LUB>での意見と御理解ください)

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5882652.html

 

 そんなことを思いつつ、コーチとして「ダメ。ゼッタイ。」について考えてみました。気になったポイントのうちいくつかをまとめます。

 

 

 〇「ダメ。ゼッタイ。」を強調するほど、無意識の抵抗が強くなる

 

人間には「押されたら、押し返す」という情報処理の特性があります。強く否定されるほど、反発(誘惑、言い訳)は強まります。誰もがきっと「『ゼッタイ』と強調されるほどひっくり返したくなる衝動」を感じたことがあるはずです。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5882703.html

 

 

 〇「ダメ。ゼッタイ。」は一方的な価値観の押し付け

 

 もちろん薬物使用を肯定している訳ではありません。(否定するつもりもありませんが)私自身はタバコを吸わず、酒も飲みません。医師としてもなるべく内服薬を減らそうと試みる立場です。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5445932.html

 

「タバコや酒は合法だからOK。コカインや大麻は非合法だからNG」という主張(クレーム)は理解しますが、その境界を決めるのはあくまで人であり、けっこう恣意的です。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6194585.html

 

 例えば、2013年にウルグアイにおいて世界で初めて大麻が合法化されました。2018年にはカナダが大麻の合法化を発表しています。アメリカ合衆国では全50州中9州と首都ワシントンDCで娯楽目的の大麻使用が合法化されており、医療目的であれば29州(+ワシントンDC)で合法です(20182月時点)。アメリカ国民の62%が大麻合法化を支持しているとされています。

 

 ルールには必ず事実(データ)や根拠(ワラント)があるはずですが、その判断は状況により変わりうるものです。だからディベートの技術を磨き、論理的思考を続けることが重要だといえます。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/12340209.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/cat_254557.html

 

さらに言うと、情報空間すべてに不完全性が働くのですから、「ゼッタイ」は自動的に価値観の押し付けになります。ゼッタイに(笑)。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6194669.html

 

 

 〇「ゼッタイ」と言っていいのは自分自身に対して

 

 では、「ゼッタイ」という言葉を使ってはいけないのでしょうか?

 

私は自分に対して「ゼッタイ」を使うのはOKだと思っています。なぜなら、ゴールがあるから。

 

 100% want toのゴールに向かう自分に対して「ゼッタイ」とセルフトークをすることは、エフィカシーを高め、生産性をアップするためのアファメーションになります(「ダメ」という否定形はNGですが)。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5616012.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5882609.html

 

F-083につづく)

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-追記-

 医療目的で大麻が合法化されている国があることに触れました。日本では合法的な医療用麻薬(オピオイド)の消費量が極端に少ないことが明らかになっており、国際的にも問題視されています。

 少し古いデータですが、日本医師会が監修した「がん性疼痛治療のエッセンス(2008年版)」から引用します。

 がん性疼痛治療のエッセンス(2008年版) PDF

 http://dl.med.or.jp/dl-med/etc/cancer/essence2008.pdf

 

 

医療用麻薬消費量の国際比較(2004年~2006年)

 医療用麻薬消費量の国際比較(20042006年)

 

 


 日本の医療用麻薬消費量が少ないのは、「医療文化の違い」や「麻薬に対する(ネガティブな)先入観」が原因と言われています。それは「文化」や「先入観」、あるいは「常識」といったものが「生権力(バイオパワー)」として機能していると解釈することができます。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/cat_292569.html

 

 その一方で、麻薬の規制が緩い国々では「オピオイドクライシス」と呼ばれる過剰摂取や中毒死の問題が生じています。

 では、どうすればよいのでしょうか?

 その具体的解決法について、F-084からのシリーズで、コーチの立場で提言いたします。

 

 


PMThe Power of Mind

PM-02苫米地理論における重要用語解説

PM-02-08:プッシュ・プッシュバック

 

 この章では、苫米地理論の中でとくに重要な概念をピックアップし、解説いたします。
 第二章目次:
 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/12936581.html


08)プッシュ・プッシュバック

 

 プッシュ・プッシュバック(Push, Push back)は、文字どおり「押されたら、押し返す」という意味です。

 

 きっと皆さんにも、「勉強しなさい」と言われた途端に勉強したくなくなったという経験があると思いますが、その無意識下での抵抗を意味します。

 

 もちろん強く押すほど、強く押し返されます。

 

(つづく)

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

このページのトップヘ