苫米地式コーチング認定コーチ CoacH T <タケハラクニオ> ブログ

認知科学者 苫米地英人博士に学び九州で活動するコーチ・ヒーラー・医師 CoacH T(タケハラクニオ)ブログ

タグ:ブリーフシステム

L-070202011月シークレットレクチャー -05「過去は一切関係なし」のリザベーション(reservation

 

202011月にコーチ向けのレクチャーを行いました。守秘義務を結んだ上で行う全3回の講義の初回。3回を通しての全体テーマは「Don’t think, feel!」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

当日の講義内容をブログ用に再構成してお届けします。

 

 01目の前の世界はすべて〇〇でつくられている

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28908637.html

 02思考の3つの軸(Three Dimensions of Thought

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28959379.html

 03;じかんかじ(時間舵)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28988329.html

 04;ゴールこそがコーチングのすべて

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/29018262.html

 05「過去は一切関係なし」のリザベーション(reservation

 

 

 ゴールこそがコーチングのすべて

 

 重要なのでまたまた繰り返しますが、コーチングのコア中のコアは「ゴール」。そして、ゴールは1)心から望み、2)自分中心を捨て去り、3)現状の外に設定するもの です。

 Q-221:ゴール設定のポイントについて確認させてください

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27497249.html

 

 「このまま続く時間軸上の未来」は、真の未来ではなく、ただの現状(SQStatus Quo)です。その現状の外側にゴールを設定してはじめて、自由に生きることができるようになります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

 ゴールの設定に、そしてゴール設定後の人生に、過去は一切関係ありません!

 

 と前回書きました。もちろん真実です。しかし、それはクライアントとしての真実。

コーチとしての真実は、クライアントさんのゴール設定のサポートに関して、「過去は大いに関係する」「過去の分析は重要である」です。それは「過去は一切関係なし」のリザベーション(reservation)。

S-01-10:基本構造の3要素に加わる3要素=6要素

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12504855.html

 

不完全性が証明された現代では、その立場や機能・役割により“真実”が違うのは当然のことです。「一人一宇宙」であり、「一人一真実」なのだから。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6194669.html

 

 *詳しくはこちらをどうぞ↓

 Q-230~:「財布を娘に盗られた」といった被害妄想がでている老人に対して、どのように対応すればよいでしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416986.html

 

 

 では、コーチにとってクライアントさんの過去はなぜ重要なのでしょうか?

  

 ここで認知科学者 苫米地英人博士の著書「オーセンティック・コーチング ~本物のコーチング~」(CYZO)より引用します。前回の引用文のつづきです(p3~)。

博士の思い(気)を感じながら、「過去」との関わり方についてイメージを。Feel

 

 

 コーチングはもっと大きなものです。その人の人生を丸ごと変えてしまうぐらい大きな影響力を持っています。だからこそ、私は2000年代の初めにコーチングを日本に持ってきたのです。

 ただし、当初は「コーチング」という概念は前面には出しませんでした。なぜなら、当時の日本では認知科学という言葉すら伝わっておらず、ホメオスタシスやスコトーマの原理も当然ながら知られていなかったからです。根性論や我慢が大きな力を持っていた時代であり、「コーチ」という言葉がそういうイメージを想起させていました。

 ですから、私はコーチングを「マインドの使い方である」と紹介し、普及に努めたのです。その後、2009年に『まずは親を超えなさい!』『苫米地式コーチング』という書籍を出しました。この時期に、初めてコーチングという単語を使うようにし、コーチングをコーチングとして伝え始めていったのです。

 そして現在、コーチングという言葉は誰もが知るものとなり、街中ではスコトーマやコンフォートゾーンといった、私が日本に紹介した専門用語まで聞かれるようになるほど普及しました。しかし、それは同時にコーチングの誤解、曲解を生み出すことにもつながっていったのです。

 そこで今回、コーチングのコアの部分をはっきりした形で残そうと思い立ち、本書を書き始めたのです。

 引用終わり(L-071につづく)

 

 

 コーチにとってクライアントさんの「過去」が重要なのは、クライアントさんの思考を理解する必要があるから。もちろん、クライアントさんのゴール設定と達成をしっかりサポートするために。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

思考はブリーフシステムが生みだしています。よって、「クライアントさんの思考を理解」は「ブリーフシステムを分析」と同義。ブリーフシステムが明らかになることで現状が明らかになり、その外側(現状の外)にゴールを設定できる可能性が生まれます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 vol.1L-066)で確認したとおり、「情動を伴った体験の記憶」と「抽象化された情報の記憶」がブリーフをつくります。それが「わたし」「自分(自我)」の正体です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 また、vol.2L-067)で確認したとおり、ゲシュタルトができあがることが「理解」です。そして、ゲシュタルト同士が結びつき(connect the dots)、巨大なゲシュタルトが新たにできることが「理解が深まる」。

引用した部分に苫米地博士が書かれているのは「過去」。あえて「過去」を書かれた理由は、「読者の理解を深めるため」のはず。深く理解してはじめてベストな評価や判断ができるようになり、現状の外へのゴール設定が行なえるようになります。

クライアントさんの理解を深めるための「過去語り」はありです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7383761.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628437.html

 

私たちの目の前の世界は、各人の記憶で構築された「一人一宇宙」です。その記憶とは、「言葉(words)」「映像(pictures)」「感情(emotions)」からなる“失敗”の塊。通常はネガティブな情動がたっぷり貼り付いています。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13397552.html

 

そんな“失敗”の刷り込みにより、マイナスの自己イメージができ、ネガティブな自己対話が生まれ、ネガティブなブリーフシステムをますます強化してしまうことが、人間の脳が抱えている課題(case)です。そんな根源的課題を解決する光がコーチングであるといえます(plan)。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12658417.html

 

前に「私は、クライアントさんの“過去”は一切聞きませんし、話させません」と書きましたが、それはブリーフシステムの分析(コーチ)と現状の理解(クライアント)が完了した後の話です。

 

 まずは、クライアントさんが「ファイト・オア・フライト」に陥らないように(抜けだせるように)配慮しながら、「どこで止まっているか?」「どんなリミッターがかかっているか?」を見つけること(=過去の分析)が重要。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8164566.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8166289.html

 

 その上で、「どこに興味・関心があるか?」「どこを足掛かりにエフィカシーを高めるか?」を考えながら、一気に過去から未来へとフォーカスを移していきます。

そしてゴール設定。ゴールにより未来から過去へと向かう時間の流れが生まれます(じかんかじ)。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

 ゴールを設定したら、あとはゴール側のコンフォートゾーンの臨場感を高めるだけ。

 具体的には、セルフトークのコントロールやアファメーション&ビジュアライゼーションに取り組み、ワークや宿題にて無意識に実践し続けてもらう という流れです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 ゴール側のイメージ(I)が臨場感豊かに感じられるほど(V)、そのイメージはやがて現実化していきます(R)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

L-071につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

不完全性が証明された現代では、その立場や機能・役割により“真実”が違うのは当然のこと。「一人一宇宙」であり、「一人一真実」なのだから

 

 コーチングに関連して「縁起」や「空(くう)」など釈迦哲学に関する話をすると、けっこう不思議(不審)がられますw

 PM-02-16:空観、仮観、中観

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

 でも、それらの知識はコーチングのど真ん中。

 例えば、「一人一宇宙」や「一人一真実」の「一」はひとつという意味に留まらず、「無限にある」という空(くう)に通じる「一」のことでもあります。

 それが理解できないままでは「I×V=R」の実践は困難なはず。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26119647.html

 

 コーチングの基礎は認知科学です。その認知科学のパラダイム(functionalism)の先の先が苫米地博士が提唱されている「超情報場理論(仮説)」です。

その「超情報場理論(仮説)」は、釈迦哲学のアップデート版といえます。

 PM-01-11~17:超情報場仮説(理論)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5165789.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5165823.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5165888.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5306380.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5306438.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5306445.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5445932.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第4回目(R4.7/24開催)のテーマは「ラポール」。詳しくはこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/29009685.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-034~:何もないところからレンブラントを発見」は正しい?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_268332.html

F-094~:私はイヤなことは心の中で握りつぶす

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_375251.html

F-110~:情報が書き換わると現実が変わる

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_386190.html

Q-219~:ゴールに対するスケジュールはたてますか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_415812.html

 

 

オーセンティック・コーチング



L-066202011月シークレットレクチャー -01目の前の世界はすべて〇〇でつくられている

 

202011月にコーチ向けのレクチャーを行いました。守秘義務を結んだ上で行う全3回の講義の初回。3回を通しての全体テーマは「Don’t think, feel!」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

当日の講義内容をブログ用に再構成してお届けします。

 

 01目の前の世界はすべて〇〇でつくられている

 

 

 最近、「はじめての経験」「新しい体験」をしていますか?

 

 私たちの無意識はつねに安定を求めています。だから「はじめて」「新しい」は敬遠してしまいがち。つい過去に経験したこと(既知)を優先し、未経験のこと(未知)は避けようとします。皆さんにもきっと「いつもの〇〇」「なじみの△△」といったもの・こと・場所があるはず。

 それをコーチングでは「コンフォートゾーン(CZComfort Zone)」といいます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 大脳が発達した私たち人類の場合、CZとは物理的なこと・もの・場所ばかりではありません。情報空間上のもの・こと・場所もCZ化します。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

 例えば「名前」。

 コーチとしての私は、初対面の人に対して「CoacH Tです」と自己紹介します。すると、多くの方々が不思議そうな(怪訝な)表情をされます。

 

 皆さんはどうでしょう?

 まったく面識のない私から「CoacH Tです」とだけ言われたら、なにか変な感じがしませんか? (Don’t think, feel!)

 

 もしも違和感を感じるなら、その正体は「認知的不協和」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882652.html

 

 使い慣れた(聞き慣れた)「苗字+名」という形式=CZから外れることにより、自分の内側の現実と外側の現実の間に矛盾が生じ、その矛盾を解消しようとする心の動きが生まれるのです。

 もちろん、それは悪いことではありません。エネルギーと創造性の源だから。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25090742.html

 

 ただし、たいていの場合、不協和は容易に不安や不満へと変わり、情動レベルで発散されてしまいます。動物(本能)的な大脳辺縁系での活動により。

 PM-06-11:仮説06)二つの「怒り」とその間にある論理的思考

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14107083.html

 

 *詳しくはこちらをどうぞ↓

 S-03~:心のエネルギーとは何か? ~カナックス事件に学ぶ“心のエネルギー”をコントロールする方法~(目次)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19879680.html

 

 もしも「イライラ」や「ソワソワ」など落ち着かない感じがするときは、そんな情動の源を探ってください。逆腹式呼吸を行い、リラックスを深めながら。止観です。

 F-096~097:私はイヤなことは心の中で握りつぶす vol.3~4

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/18576926.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/18684707.html

 

 その止観は“自分(自我)”と向き合う訓練になります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 止めるのは「煩悩」、観るのは「縁起宇宙」。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

ゆっくりとした呼吸を繰り返しながら徐々にリラックスを深めていくと、“自分(自我)”を形作るコアな記憶にたどり着くはず。

「情動を伴った体験の記憶」と「抽象化された情報の記憶」 それが「わたし」の正体です。コーチングでは「ブリーフシステム(BSBelief System)」と呼びます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 

 私たちの無意識はつねに安定を求めています。だから「はじめて」「新しい」は敬遠してしまいがち。つい過去に経験したこと(既知)を優先し、未経験のこと(未知)は避けようとします。

 つまり、CZBSはどんどん固定化されていくということ。

その働きの正体は「ホメオスタシス(恒常性維持機能)」です。生命維持にかかわる強力な機能が、私たち自身の行動や目の前に広がる世界そのものを固定化していきます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831660.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971818.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971956.html

 

 ポイントは、「記憶」であり、「過去」だということ。

 私たちは、通常は、過去に閉じ込められています。時間が過去から未来に向かって流れているように感じられることは、そのあらわれです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

L-067につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第3回目(R4.6/19開催)のテーマは「ゴール」。詳細はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28683163.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-217~:不安と不満のはざまで苦しんでいる君へ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416096.html

Q-159~:臨場感が薄れても高い抽象度のゴールをイメージし続けるのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404758.html

 

 

 

Q-252:最近また頭痛がひどくなりました <vol.1;コーチは指示やアドバイスを行わない>

 

 御質問をいただきました。ありがとうございます。

 その一部に回答いたします。

 (変更を加えています)

 

Q:私は若い頃から頭痛もちです。「頭痛と認知的不協和」を読ませていただき心を整えることで頭痛が良くなっていくことを実感していましたが、最近また頭痛がひどくなりました。バランスホイールを意識しながらゴールを見直しています。ぜひアドバイスをよろしくお願いいたします。

 

vol.1;コーチは指示やアドバイスを行わない

 

 

A:御質問者が言及されている「頭痛と認知的不協和」とは、下記ブログ記事のことです。いただいた御質問に対して、ヒーリングとコーチングの関係を意識に上げながらお答えしました。

 Q-064~:認知的不協和の状態にあり頭痛が続いています。適切なアファメーション、ビジュアライゼーションはどうすればよいでしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_292583.html

 

ところで、最近、認知科学者 苫米地英人博士の新刊が発売されました。その「オーセンティック・コーチング」(CYZO)には、このようなことが書かれています。

 以下、同書からの引用です。

 

◎言語でコントロールしてはいけない

 スコトーマの原理がわかってきたら、いよいよ本章のテーマであるブリーフシステムの話をしましょう。ブリーフシステムを変えるときには通常、言語を利用します。言語によってスコトーマをコントロールするわけです。

 といっても、コーチがクライアントに対してさまざまな指示を出すということではありません。ここを勘違いしているコーチを最近多く見かけるので、一言言っておきます。

 コーチングといっても、いまやさまざまな組織がありますから、その組織その組織で独自の色合いをつけていくのは悪いことではありません。しかし、「言語を利用する」ことの意味をわかっていない場合には問題が発生します。

 どういう問題かというと、コーチングの効果が出なくなるという本質的な問題です。

 さきほどから言っているように私たちの脳は言語の影響を受けやすくできています。「この本がお勧めですよ」と言われれば、その本が気になるわけで、言葉による指示や導入は簡単に効果を発揮します。しかし、コーチがクライアントに対して指示を出してしまったら、それは単なる誘導です。コーチングでもなんでもありません。

 はっきり言いますが、コーチはクライアントに指示やアドバイスを出してはいけません。大切なことなのでもう一度言います。コーチはクライアントに指示やアドバイスを出してはいけないのです。

 「指示はまだしも、アドバイスまでしてはいけないのか」と思った人も多いかと思いますが、私はさらに、クライアントに質問する必要もないと考えます。

 「それじゃあ、セッション中、クライアントと何を話せばいいんだ!」と思った人も少なくないでしょう。

 しかし、私はセッション中、クライアントと話す必要もないと思っています。ただし、“言語”を使わないということではありません。むしろ、“言語”は積極的に使っていきます。

 一体、どういうことなのか? を説明していきましょう。

 引用終わり(続きは「オーセンティック・コーチング」p105~をお読みください)

 

 

 コーチはクライアントに指示やアドバイスを出してはいけない

 

 早速、この部分についても御質問をいただきました。

 読書後熟慮を重ねるうちに、私自身も質問に対する回答の仕方をアップデートしていくことを思い立ちました。回答そのものを与える(授ける)のではなく、スコトーマを外し自ら解決することができるように(でも、まわりくどくならないようにw)、工夫を重ねていきたいと思います。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 博士が「指示やアドバイスを出してはいけない」とおっしゃるのは、「コーチが行き先を決めるな」「決定的な方向付けをするな」ということ(ハズ)。

それをいつもの表現でいうと、「コンテンツには関わらない」。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28529789.html

 

 私はベクトルという意味での「方向づけ」はつねに意識に上げる(上げさせる)べきだと思っています。「抽象度を上げる」「ゲシュタルトを大きくする(connect the dots)」ための意識状態をつくる(維持する)という意味です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 *ゲシュタルトはこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7383761.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628437.html

 

 

 コーチはクライアントに指示やアドバイスを出してはいけない

 =コンテンツには関わらない

 

 「コンテンツ」を違う表現であらわすなら「w」「w1」。

 

w」は現在のブリーフシステム(BS)が生みだす現実世界のこと。じつは自我そのものです。今回の御質問でいえば「頭痛がひどい私」。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 「w1」はゴール設定で生みだす新たな可能世界のことであり、拡張した自我=縁起宇宙のこと。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 時間でいえば、もちろん、未来。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

 「w」から「w1」へ移行した結果として、BS=自我の書き換えが起こります。御質問でいうと、「頭痛がひどい私」から「頭痛を克服した私」「病気と無縁な私」に変化する感じ。詳しくはこちらを確認してください↓

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 

 コーチはクライアントに指示やアドバイスを出してはいけない

 =コンテンツには関わらない

 

 では、ゴールにも、現在のBSにもかかわらないコーチは、一体何を行うのでしょうか?

 指示やアドバイスなしで行うこととは?

 直接的なアドバイスをせずに「最近また頭痛がひどくなりました」を解決するためにはどうすればよいのでしょう?

 

 答えは、じつは、すでに書いてあります。

 

 次回、その注意点とともに詳しくまとめます。お楽しみに。

 

Q-253につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第2回目のテーマは「コンフォートゾーン」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28496983.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

PM-04~:苫米地理論で見える医療・福祉現場のスコトーマ(目次)

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13076878.html

F-037:「もうおねがい ゆるしてください」~心の傷はやがて脳の傷になってしまうという科学的事実~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10114934.html

F-059:虐待で残る「分子の傷跡」

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13523096.html

F-075Preventable Trauma Death

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/15833962.html

F-195:新たな概念「PPPD」の考察

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26301730.html

 

 

オーセンティック・コーチング




L-06520209月シークレットレクチャー -05;「生と死の間/ between life and death」に向き合い、「生/life」そのものを磨き上げる

 

20209月にコーチ向けのレクチャーを行いました。守秘義務を結んだ上で行う全3回の講義の最終回。3回を通しての全体テーマは「現世利益」、キーワードは「トータルペイン(とくにスピリチュアルペイン)」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24505924.html

 

 *初回講義(20207月)はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416281.html

 *2回目はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_417757.html

 

当日の講義内容をブログ用に再構成してお届けします。

 

 01;「生/life」を磨き上げるもの

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28467657.html

 02;高次の抽象度次元に誘う存在、高い抽象度次元を志向する一人ひとり

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28485944.html

 03;全面肯定しつつ、“現状の外”を志向する

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28501205.html

 04物理=カオス=「仮」と「空」を包摂するもの

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28518141.html

 05;「生と死の間/ between life and death」に向き合い、「生/life」そのものを磨き上げる

 

 

 最後に、「コンテンツには関わらない」と「クライアントの利益100%」というコーチの鉄則を確認しましょう。

 

「コンテンツには関わらない」ために、コーチは自身のブリーフシステム(BS)による価値判断を押し付けません。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

「クライアントの利益100%」は、コーチが“自分”という殻を脱ぎ捨てることで可能になります。それらはゴールの2つめのポイント「自分中心を捨て去る」の実践です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 コーチ自身が自らのBSが生みだす「一宇宙」の外側にゴールをたくさん設定し、バランスホイールを念頭に抽象度を上げていくことが重要。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

その結果、BS=自我がどんどん縁起宇宙中にひろがっていきます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 それが「自由」。

コーチの心が自由だからこそ、クライアントさんの自由を尊重しつつ、しっかりと「自由」に導くことができます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

 「現状肯定はダメ」「より高い抽象度を」というのも一つのモノサシです。

映画「マトリックス」風にいうと、赤いカプセル」か「青いカプセル」かを選ぶのはあくまでクライアントさん自身。「元の世界に留まる(戻る)」という選択をしたとしても、否定するべきではありません。

F-082~:ダメ。ゼッタイ。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_352303.html

 

大切なのは自分自身が巨大な“宇宙”であることを感じ続けること。前回お伝えした「一念三千世界」に対しての臨場感を保つことです。

Q-159~:臨場感が薄れても高い抽象度のゴールをイメージし続けるのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404758.html

 

そんなコーチの姿から無意識下で“希望”を受け取ったクライアントさんは、きっと自らの意思で生命エネルギーを開放しはじめます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8045695.html

 

その結果、スピリチュアルペインを解決しながら、トータルペイン克服に向かいはじめるはず。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24706915.html

 

 生と死の間/ between life and death」にしっかり向き合い、「/life」そのものをしっかり磨き上げるからです。自分自身の手で。

L-001~20201月シークレットレクチャー

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_407080.html

 

 

愛の反対は憎しみではない。無関心だ

 美の反対は醜さではない。無関心だ

 信仰の反対は異端ではない。無関心だ

 生の反対は死ではない。生と死の間(にあるもの)への無関心だ

 

The opposite of love is not hate, it’s indifference.

The opposite of beauty is not ugliness, it’s indifference.

The opposite of faith is not heresy, it’s indifference.

And the opposite of life is not death, but indifference between life and death.

 

エリ・ヴィーゼル(19282016年) 
1986
年にノーベル平和賞を受賞したハンガリー(当時)出身のユダヤ人作家

 

 

もうひとつ紹介します。“希望”に関する言葉です。

 

ジョージ・ルーカス(George Walton Lucas Jr.1944~)が監督したスター・ウォーズ 1作目(EpisodeⅣ、1977年)のサブタイトルは「A NEW HOPE」。

そのルーカスが、次世代のクリエイター デイブ・フィローニ(Dave Filoni、「クローン・ウォーズ」総監督、「マンダロリアン」エピソード監督)に送った言葉がこれ↓

 

 

  Remember to make those stories hopeful.

  Remember to give that to kids,

   because they really need it.

 

 

コーチも同じ。縁ある人々に“希望/hope”を伝え、内に眠る無限に等しい可能性をしっかり感じてもらうのです(Don’t think. Feel!)。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

そして、「一念三千世界が結実している今この瞬間の自分自身」に、「今この瞬間の自分自身が持つ一念三千宇宙」に、しっかり関心を向けてもらう

 

それが「現世利益」であり、「生/life」である と私は信じてます。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

 かつての夢であった現状を抜け出すポイントは、じつは、“失敗”に紐づく情動に伴うエネルギーを使う以外にもあります。それもさらに強力な方法が。それは

 

 お互いがお互いのコーチになり、全面肯定しあう

 

コレクティブエフィカシーが、お互いをさらなる現状の外に導きあう力となります。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 *こちらもどうぞ↓

 F-026:最近の研究・調査で明らかになった日本の課題とその解決法

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8430748.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第2回目のテーマは「コンフォートゾーン」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28496983.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-155:「怒りと絶望しかありません」という言葉に感じた希望

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23743308.html

F-217~不安と不満のはざまで苦しんでいる君へ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416096.html

F-234~:自由訳「revenge」と「avenge

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_419026.html

 

 

 

Q-246:続・気楽に生きたいのですが ~「気楽に生きる」ということ~ -04;「一人一宇宙」はゴールに向かう夢の一部

 

子どもの頃、私は「努力」や「根性」という言葉が好きでした。反対に「気楽」や「気軽」が大っ嫌い!

 F-109:気楽

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19980130.html

 

ところが、認知科学者 苫米地英人博士に学ぶ間に、「努力」「根性」がコンフォートゾーン(CZ)の外になり、「気楽」がCZ化していきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 そんな「気楽」について、いただいた御質問に回答しながら考えてみました↓

 Q-238~:気楽に生きたいのですが

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418094.html

 Q-240~:毎日、無気力感に悩まされています ~気楽に生きる際の注意点~

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418402.html

 

 「100%want toで生きよう」「楽しく働こう」といった話をすると、必ずといっていいほど「やりたいことだけで生きられればそもそも苦労はしない」「みんながやりたいことだけやっていたら社会が成り立たない」といった御意見(claim)をいただきます。ときには「楽しく働かれるといい迷惑だ」といった苦言も。

 「want to」や「Not Normal」を貫く生き方は、気楽ではありますが、決して楽ではありません。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882609.html

 

 ところで、want toを非難する人たちのことをドリームキラーと呼びますが、最大・最強のドリームキラーとなるのは誰でしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040935.html

 

 そう、自分自身。心の中の不安や恐怖・義務感・罪悪感といったものが、want toをいつの間にかhave toに変えていきます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13523715.html

 

では、そんな内なるドリームキリングに対して、どう対応すればよいのでしょうか?

 

 そのような問いを念頭に、「気楽に生きる」ということについてあらためて考えてみました。気楽に読んでくださいw

 

 01;肩書が変われば、機能・役割が変わる

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28362960.html

 02:昇進うつはなぜ起こる?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28380339.html

 03;昇進うつの解決法

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28391533.html

 04;「一人一宇宙」はゴールに向かう夢の一部

 

 

前回は「昇進うつ」の原因(case)を「『内(セルフイメージ)』と『外(環境肩書き、仕事内容など)』のずれ」であるとし、その解決(plan)として「1)内を外に合わせて変える」と「2)外を内に合わせて変える」を考察しました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12658417.html

 

じつは、この考え方は正しくありません。例えばデカルトの心身二元論の根底にあるような「不完全性定理や不確定性原理以前の西洋哲学」を前提にしているからです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6194669.html

 

すべては「空(くう)」。「まず外(環境肩書き、仕事内容)があって、それに合うように内(セルフイメージ)を変えていく」というような説明になっていましたが、本当は違います。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

 

 すべての意味のある永続的な変化は、心の中のイマジネーションから始まり、やがて外側の現実を変えていく

All meaningful and lasting change starts first on the inside in your imagination and works its way out into reality.

 

ルー・タイスさんが教えてくださるとおり、まずは心の内に明確なイメージができ、それが外(環境)を構築していきます。

 

私たちが認識している目の前の世界はすべて情報です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

多くの人がリアルだと信じている物理宇宙は、視・聴・味・嗅・触+言語(+数学)を介した情報処理により構築された情報空間の一部。それは情報処理主体のマインドによりダイナミックに変化する「一人一宇宙」の投影です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/11823351.html

  

 抽象度を軸とすると、情報宇宙(空間)の底面が物理宇宙(空間)です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 一番情報量が多く、それゆえvividに感じることができる世界

それが物理空間であり、多くの人にとっての“現実”です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

脳が発達した私たち人類は、物理空間に縛られる他の動物と違って、より高次の抽象空間に生きることができます。しかし、他臓器との進化のタイムラグを原因とするエネルギー供給の問題により、そのポテンシャルをフルに発揮することができません。そのため入力される情報量を無意識レベルで厳しく制限しています。

そのシステムがRASReticular Activating System)、抜け落ちる情報がスコトーマ(scotoma)です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721658.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

どんな情報をRASが選ぶかはブリーフシステムによります。そのブリーフシステムは情動体験や情報の記憶で形成されるもの。自我そのものです。

つまり、目の前にひろがる世界は各人の自我の投影であり、一人ひとり異なるということ。だから「一人一宇宙」です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

すこし哲学的または宗教的に聞こえるかもしれません。事実、このオリジナルは2600年前に釈迦が語っています。縁起として。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

1930年代以降の量子論の発展により、釈迦の教えが真実であることが明らかになりました。目の前の世界が各人の自我によって再現された情報状態であることは、今や科学的事実です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14526199.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14687391.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14687476.html

 

この理がわかると「すべての意味のある永続的な変化は、心の中のイマジネーションから始まり、やがて外側の現実を変えていく」という教えを受け入れることができるはずです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628437.html

 

ここで重要なのは「心の中のイマジネーションから始まる変化」を自由意思によってコントロールできるということ。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

ここにコーチングの重要な意味と役割があります。

思いどおりに心の中に変化を起こす第一歩がゴール設定です。ルーさんの言葉でいうと「ゴールが先、認識が後」。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8583393.html

 

正しくゴールが設定できると、目の前の世界がゴールを達成するためのfieldに変わります。そこでは楽しいことばかりではなく、辛い(と感じる)こと、悲しい(と感じる)ことも起こります。ゴールは現状の外にあり、そもそも宇宙自体が不完全だからです。

F-228~:ゼロトラスト

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418030.html

 

ゴールを見失わずエフィカシーを保ったまま“自分”を観察し続けていると(モニタリング&ラベリング)、すべてがゴールとつながっていることが実感できるようになります(T)。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/18456250.html

 

「大丈夫?」と心配されるような厳しい状況も、「大変だね~」と同情されるような理不尽な状態も、コーチングマインドを持つ者にとってはゴールに向かう大切な夢の一部です。

 Q-213~:「ラベリングを夢の中でも行う」ことの意味

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_414537.html

 

自分自身のゴールと組織のゴール、さらには社会のゴールを重ねることができる人は、働けば働くほどゴールに近づいていることを実感し、エネルギーが満ち溢れていきます。

それが「楽しく働く」ということです。

昇進しても、たとえ降格したとしても、ますますゴールに近づく夢の一部なのですから、どんどん幸せになっていきます。「昇進うつ」がおこることはなく、「荷降ろし症候群」や「上昇停止症候群」となることもありません。

F-212~:仕事楽しみですか? ~want toが非難される社会~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_415360.html

 

では、現時点でゴールを見いだせていない人は「目の前の世界」をどうとらえればよいのでしょうか? 苦難(と感じること)にどのように向き合うべきでしょうか?

 

例えば「とりあえず働いている状況で昇進してしまった。そしたら辛く苦しくなってしまった」という場合なら、前回言及した「1) (結果として)内を外に合わせて変える」ことに取り組みましょう。まずは暫定的なゴール設定からw  ぜひコーチにアクセスしてください。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25482691.html

 

次回は「1)内を外に合わせて変える」ために体得するべき「時間の流れ」についてまとめます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

ポイントは「前後関係」と「因果関係」の理解です。

 

Q-247につづく)

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第1回目のテーマは「A次元」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28324598.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-034~:「何もないところからレンブラントを発見」は正しい?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_268332.html

F-206~:マトリックス/Matrix

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_414394.html

Q-042~:「明確にリアルに目標がイメージできた時点でほぼゴールに近づいた」とは具体的にどういうことでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_262962.html

 

 

 

Q-245:続・気楽に生きたいのですが ~「気楽に生きる」ということ~ -03;昇進うつの解決法

 

子どもの頃、私は「努力」や「根性」という言葉が好きでした。反対に「気楽」や「気軽」が大っ嫌い!

 F-109:気楽

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19980130.html

 

ところが、認知科学者 苫米地英人博士に学ぶ間に、「努力」「根性」がコンフォートゾーン(CZ)の外になり、「気楽」がCZ化していきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 そんな「気楽」について、いただいた御質問に回答しながら考えてみました↓

 Q-238~:気楽に生きたいのですが

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418094.html

 Q-240~:毎日、無気力感に悩まされています ~気楽に生きる際の注意点~

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418402.html

 

 「100%want toで生きよう」「楽しく働こう」といった話をすると、必ずといっていいほど「やりたいことだけで生きられればそもそも苦労はしない」「みんながやりたいことだけやっていたら社会が成り立たない」といった御意見(claim)をいただきます。ときには「楽しく働かれるといい迷惑だ」といった苦言も。

 「want to」や「Not Normal」を貫く生き方は、気楽ではありますが、決して楽ではありません。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882609.html

 

 ところで、want toを非難する人たちのことをドリームキラーと呼びますが、最大・最強のドリームキラーとなるのは誰でしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040935.html

 

 そう、自分自身。心の中の不安や恐怖・義務感・罪悪感といったものが、want toをいつの間にかhave toに変えていきます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13523715.html

 

では、そんな内なるドリームキリングに対して、どう対応すればよいのでしょうか?

 

 そのような問いを念頭に、「気楽に生きる」ということについてあらためて考えてみました。気楽に読んでくださいw

 

 01;肩書が変われば、機能・役割が変わる

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28362960.html

 02:昇進うつはなぜ起こる?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28380339.html

 03;昇進うつの解決法

 

 

コンフォートゾーン(CZ)の外で“頑張っている”状態では、本来の能力を発揮できないばかりか、ありえないミスを連発することになります。そして、その失敗がエフィカシー(自分の能力に対する評価)を下げ、さらにセルフイメージが低下し、ますますパフォーマンスが悪くなっていきます。負のスパイラルです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

このようなことは昇進した人だけでなく、環境が変わったすべての人にあてはまります。

この世のすべてが流動変化していくものであるという“諸行無常”を考えると、「環境が変わった」は不要で、「すべての人」にあてはまるといえます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

では、「昇進うつ」になった場合はどうすればよいのでしょうか? 「昇進うつ」を防ぐために何ができるのでしょうか?

 

 

「昇進うつ」の原因(case)を、シンプルに「『内(セルフイメージ)』と『外(環境肩書き、仕事内容など)』のずれ」とイメージしてください。認知的不協和です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882652.html

 

そうすると、解決(plan)は「1)内を外に合わせて変える」「2)外を内に合わせて変える」の2つ。

シンプルに考えれば。ここは次回再考します)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12658417.html

 

1)のための方法がコーチングです。

可能世界w1として「外」を新たに創造し、その結果として「内」であるセルフイメージ(=ブリーフシステム=自我=関数p)を変えることができます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 詳しくはこちら↓。認知科学者 苫米地英人博士の講義を紹介しています(動画リンクあり)

F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 

2)は「外」を変えることですので、昇進であれば降格して元の肩書きに戻ること、仕事内容であれば元の業務に戻ることが解決策です。職場(または職種)が変わったことで生じたストレスならば、配置転換や退職(再転職)なども解決の糸口になるでしょう。

Q-078:お変わりありませんか? こちらは変わりなく過ごしております

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/15835817.html

 

しかしながら、2)は本質的な解決にはなりません。なぜなら「外」は常に移ろい変わっていくものだから。

先程も触れましたが、この世は“諸行無常”です。「『内』を変えることなく『外』を元に戻す」という生き方では、ひずみがどんどん大きくなるばかりです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12808542.html

 

さらには、すべての存在は“諸法無我”。

「『内』を変えることなく『外』を元に戻す(変える)」という生き方は、まわりとの関係性にいびつな影響を与えることになります。身近な人々を辛くさせてしまうのです。

実際、今まで御縁があった「厄介者」と評されている方々は皆、「外」を「内」に合わせて強引に変えようとするout-side in的な生き方をされています。

(かつては私も「厄介者」と呼ばれていました 今も?)

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628746.html

 

自分はどんどん苦しくなり、まわりもどんどん辛くなる

 

それが「外」を「内」に合わせて変えようとする生き方です。

S-04-08~10:自分を変えることができない理由

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/22890937.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/22962354.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23031314.html

 

 

話を「昇進うつ」に戻しましょう。

仮に昇進してうつになった人が元の状態に戻ったとしても、すべてが解決するとは限りません。「荷降ろし症候群」や「上昇停止症候群」といわれる状態に陥り、結局うつ状態からは抜けだせないかもしれません。

Q-198:ネガティブループにはまって止観やヒーリングにすら取り掛かれません

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26282829.html

 

やはり「内(セルフイメージ=BS=関数p)」を変えるしかありません。ただし、ゴール設定の結果として。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 コーチングの祖 ルー・タイスさんがおっしゃるとおり「Goal comes 1st.」。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8583393.html

 

 ゴールが「All meaningful and lasting change starts first on the inside in your imagination and works its way out into reality」のはじまりです。

 

次回、そのポイントについてまとめます。

 

Q-246につづく)

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第1回目のテーマは「A次元」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28324598.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-106:超実写版「ライオン・キング」で描かれた“超現実”を生きる極意

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_383531.html

F-175:脳内を書き換えると「環境」が変わる

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25046274.html

Q-203:「自分自身が最大のドリームキラー」という意味はどういうことなのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26417115.html

 

 

 

F-2313錠じゃないと飲まん! <前編:排中律>

 

 先日、縁深い人から、私のブリーフシステム(BS)について鋭い御指摘をいただきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 0100かで極端だよねw

 

 その時、まず思い出したのが、長渕剛さんが「花びらの色は白か黒かのどっちかだ~」と歌う「勇気の花」。桜島オールナイトライブ(2004年)の1曲目だったので、あの夜の熱狂が鮮やかによみがえりました(トリガー&アンカー)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23944294.html

 

 続いて思い出したのが認知科学者 苫米地英人博士に教えていただいた「排中律(はいちゅうりつ)」という概念。それは「任意の命題に対して、それが成り立つか、成り立たないかいずれか一方であって、その中間はないことを述べた論理学の法則」です(日本大百科全書より)。

 苫米地博士の書籍でいうと、「ディベートで超論理思考を手に入れる 超人脳の作り方」(CYZO)内に記載があります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13076426.html

 

 「中間はない」という発想の根底には「完全性」があります。それは単調論理であり、不完全性定理や不確定性原理以前の西洋哲学の世界観です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6194669.html

 

 「不完全性」が証明された現代は非単調論理。縁起で代表される釈迦哲学がベースです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 先程の例えでいうと、「花びらの色は無限にあるともいえるし、ないともいえる」という感じ。「空(くう)」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

 もちろん、苫米地理論は縁起ベースです。

 PM-01~:苫米地理論とは? ~抽象度と超情報場仮説(目次)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12893266.html

 

そして、コーチングを上手く行うためには、縁起の理解と実践が欠かせません。そうでないと「可能世界w1」を見いだせないから。

(詳しくはこちらでどうぞ↓)

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 

 0100かで極端だよねw

 

 そんな御指摘をいただいたとき、「やれやれ、苫米地式認定コーチとしてまだまだだな~」というセルフトークをしてしまいました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25482691.html

 

すぐに「私らしくない。次は〇〇している」とReplacement

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27729316.html

 

さらに止観瞑想を行い、しばらくの間、私の「BS=自我=関数p(←上記リンク記事『F-222』内に解説あり)」を生みだしている刷り込みや価値観を観察しました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 *止観瞑想はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/18576926.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/18684707.html

 

 コーチングを学び始めた頃の私ならきっと、「BS=自我=関数p」の再定義に取り組んだはずです。「苫米地式認定コーチにふさわしい私」を求めながら。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882652.html

 

 だけど、それはNG。「関数pの再定義を促すのではなく、可能世界“w”から別の“w1”に移行することを促す」ことが本物のコーチングです。

 つまり、取り組むべきはゴール設定(更新)!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 すかさず私は新たなゴールを設定しました。もちろん、気楽にw

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19980130.html

 

 その結果として、「関数pの再定義」が起こり、RASが変化し、スコトーマが外れたのでしょう

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721658.html

 

 医師として働く現場でさっそく「排中律」を見つけました。「3錠じゃないと飲まん!」と拒薬する高齢男性患者さんの思考です。

 (以下、プライバシー保護の観点で変更を加えています)

 

 簡潔に説明すると、ある内服薬を「2錠ではなく、3錠にしろ」と主張するのです(claim)。その根拠(warrant)や事実(data)ははっきりしませんでした。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12340209.html

 

おそらく、なんらかの情動体験が張り付いています。それは身体的苦痛や心理・精神的苦痛を伴った失敗の記憶でしょう。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13397552.html

 

 思いどおりにいかなかった患者さんは「3錠じゃないと飲まん!」と怒りだし、1錠さえも内服しなくなりました。その結果、身体的苦痛がさらに強まるかもしれないのに。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24553696.html

 

 これは典型的な「ファイト・オア・フライト」。大声をだしながら威嚇し(fight)、治療を拒否してしまっています(flight)。

この大脳辺縁系優位の状態を今回のテーマと重ねると、短絡的な「fightか? flightか?」の排中律といえます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8164566.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8166289.html

 

 薬はもちろんのこと、すべてに「良い面」と「悪い面」があります。この世は(あの世も)不完全であり非単調なのだから。だからこそ「本当に解決できるのか?(solvency)」や「かえって不都合が生じるのではないか?(disadvantage)」などを多角的に吟味しなければなりません。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12935992.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12935916.html

 

 このケースの場合、「2(錠)が3(錠)になる」ことでかえって身体的苦痛が強まる可能性がありました。医学的判断としての最適はやはり「2」。

 その判断に不満を持つことは否定しません。患者さんの自由ですし、そもそも世界自体が不完全だから。真実となりえる可能性は無限にあり、どれを真実に選ぶかは各自のフリーゴールによるべきです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

とはいうものの、やはり「20にする」という判断は受け入れられません。身体的苦痛が強まる未来は患者さんのゴール側の世界(w1)ではないはずだから。知識不足によりスコトーマが生じている患者さんは、起こりうる未来を正しく認識できていません。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

意識をゴール側に導きながらスコトーマを外していくというサポートは、コーチ兼医師としての私の責任だと思っています。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13958864.html

 

 仮に患者さんが訴えるとおりに「23にする」場合、患者さんの認知的不協和は解消し、心理的苦痛は軽減するでしょう。思いどおりであり、「理不尽度」が下がるから。

 S-04-06~07:心に深い傷を負う理由

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/22746255.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/22817135.html

 

 しかしながら、その心理的苦痛の軽減はたいして続かないはずです。「23にする」ことで身体的苦痛が悪化してしまったら、やがては心理的苦痛も増強してしまいます。前よりもひどく。

 体と心、脳と心はそもそも同じもの。「体と心」「脳と心」でひとつです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24575354.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24617501.html

 

 

 23にしろ。さもなければ20にする

 

 この発想に潜む問題(課題)とはどのようなものでしょうか? その問題(課題)を解決するためにはどうすればいいでしょうか?

 

F-232につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第1回目のテーマは「A次元」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28324598.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

S-04~:さぁ「人間関係の悩みを克服する旅」をはじめよう!

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_397885.html

F-071~:「糖尿病リスク予測ツール」に思う

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_319922.html

F-215:これりすくん

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27469761.html

F-217~:不安と不満のはざまで苦しんでいる君へ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416096.html

 

 

Q-242:毎日、無気力感に悩まされています ~気楽に生きる際の注意点~ 後編;無気力とやる気のなさ

 

子どもの頃、私は「努力」や「根性」という言葉が好きでした。反対に「気楽」や「気軽」が大っ嫌い!

 F-109:気楽

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19980130.html

 

情動を伴った体験や情報の記憶により、「『努力』『根性』を好ましく感じ、『気楽』『気軽』を忌み嫌うブリーフ」がつくられていたのだと思います。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

ところが、認知科学者 苫米地英人博士に学ぶ間に、「努力」「根性」がコンフォートゾーン(CZ)の外になり、「気楽」がCZ化していきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 *「気軽」は△。その理由はこちら↓

 Q-060:「気軽」という言葉の奥底に潜むもの

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13215570.html

 

 そんな「気楽」について、いただいた御質問に回答しながら考えてみました↓

 Q-238~:気楽に生きたいのですが

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418094.html

 

 今回は、別の御質問に回答しながら、「気楽に生きる際の注意点」について考察したいと思います。

 (質問には変更を加えています)

 

 

Qバランスホイールの中で現状の外のゴールがなくなってしまいました。毎日、無気力感に悩まされており、薬も服用しております。

現状の外にゴールを設定することに、あまりにも深い絶望を感じてしまいました。

 

 前編;“現状の外”に疲れたら

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28303455.html

 中編;3つのコミュニケーション

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28329961.html

 後編;無気力とやる気のなさ

 

A3:前回(Q-241)、ヒーラー&コーチ(×医師)として私がいつも意識に上げている「3つのコミュニケーション」を紹介しました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24281579.html

 

それら3つのコミュニケーションを実践すると、相手との関係性が良好になるだけではなく、自分自身を丸ごと肯定することができるようになります。なぜなら、「今までの私(私たち)」と「ゴール側の私(私たち)」をともに包摂する大きなゲシュタルトができるから。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 

 より大きなゲシュタルトができるほど(connect the dots)、ますます気楽になっていきます。そして、「見せかけの安らぎ」が不要となり、「自分の実存の意味」を見いだしながら、「自分自身に立ちかえる」ことができるようになっていきます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7383761.html

 

 理解が深まり、“意味”がわかるからです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628437.html

 

 

 わたしたちは患者に安らぎを与えなかった。形而上学的軽率という見せかけの安らぎを与えなかった。また患者が自分の実存の意味を見出して、自分自身に立ちかえらないかぎり、わたしたちは患者が安らぐのを許さなかった

ヴィクトール・フランクル(Viktor Emil Frankl

 

 

 前編(Q-240)で「自分の心と向き合う」という表現には注意が必要だと書きました。その理由はクリアでしょうか?

 

 私の答えは「『自分の心』にフォーカスするほど、過去(wBSp)に囚われ、未来(w1)が思い描けなくなる」から。

 

 *「w」「p」「w1」はこちら↓

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 ところで、認知科学者 苫米地英人博士は、「無気力(感)」をどのように考えていらっしゃるのでしょうか?

 以下、博士の著書「『感情』の解剖図鑑」(誠文堂新光社)から引用します。

 

 

疲労からくる無気力と間違ったゴール設定によるやる気のなさ

 現代のサラリーマンには、無気力な人が少なくありません。仕事をやる気はあるのに、身体がついていかないのです。その原因は、睡眠不足や栄養不足です。身体と心にいいものを食べてしっかり眠ることが、無気力を克服する一番の方法だといえます。

 また、何かやりたいこと、達成したいゴールがあり、それに向かって全力で取り組んだ結果、気力を使い果たしてしまうこともあります。その場合も、ゆっくり休養をとる以外に、気力を回復する方法はありません。

 一方、身体は動くのに、「無気力で会社に行けない」という人の多くは、「会社の仕事をやる気がない」人です。

 彼らは、会社に行かないために、「体調が悪い」「気持ちが沈んでいる」など、さまざまな理由を作り出します。つまり、「会社に行かない」という方向に、たくさんの気力を使っているのです。

 何かを「やる気がない」というのは、ゴールが間違っている状態です。本当はやりたくないと思っていることを、無理矢理やっているから、やる気が起きなくなってしまうのです。「やる気がない」状態を克服するには、現在、ゴールだと思っているものを見直し、本当にやりたいと思えることを見つけるしかありません。

 引用終わり

 

 

 もしも「現状の外にゴールを設定すること」に「深い絶望」を感じたなら、物理的身体を整えながら自分の心と向き合ってください。

 前編;“現状の外”に疲れたら

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28303455.html

 

 その時は過去(wBSp)に囚われないように気をつけながら、「3つのコミュニケーション」を意識に上げてください。

 中編;3つのコミュニケーション

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28329961.html

 

 そして、「過去(wBSp)」も「未来(w1)」もすべて包摂した“自分”としっかり向き合うのです。そのときの“自分”とは「縁起宇宙中にひろがる自我」のこと。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 本気で向き合っているとスコトーマがどんどん外れ、スピリチュアルペインを感じるとともにシンプルな問いかけが聞こえてくるはず。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24706915.html

 

 

 本気のゴールは何か? どんな世界を実現したいのか?

 

 

 それは縁起宇宙=自我からのメッセージです。

 F-117~Field of Dreams

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_390942.html

 

私は「心の声が聞こえてくるまでマインド(脳と心)に負荷をかけ続けること」が重要だと思っています。ニーズがないと閃きはおこらないから。

そのニーズはゴールが生みだします。「どんな世界を実現したいのか?」という“声”の「因であり、果でもあるもの」がゴールです。

 

そもそも負荷がかかっていないこと自体が問題(case)です。それは現状のCZにどっぷりつかっているということだから。それがフランクルのいう「見せかけの安らぎ」。

だからこそ、“現状の外”にゴールを設定(更新)し続けるのです(plan)。「自分の実存の意味」を問いながら。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12658417.html

 

その時に「無気力」「絶望」に陥らないこと。

そのために常にリラックスを心がけましょう。そして、挑戦自体を楽しんでください。「うまくいかない」「何とかしたい」の先にある光(希望)を感じながら。

F-155:「怒りと絶望しかありません」という言葉に感じた希望

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23743308.html

 

 最後にもうひとつ。この事実をいつも心に留めておいてください。

 

すべてマインドが生みだしている

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

 

 以上、私の回答です。

 御質問ありがとうございました。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第1回目のテーマは「A次元」です↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28324598.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

Q-158:ストレッサー→ストレス反応→心身の不調悪化となった状態ではゴール設定はできないのではないでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23794378.html

Q-167:自分を苦しめているのは記憶です。過去に苦しめられていることを感じています。コーチングで変化を実感しますか? <プチワーク付き>

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24320549.html

Q192~:コーチングはマインドを使える人のためのものなのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_410371.html

Q-198:ネガティブループにはまって止観やヒーリングにすら取り掛かれません

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26282829.html

Q-236:アウトプット自体が苦手。恐怖心に近いです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28179398.html

 

 

「感情」の解剖図鑑



F-230:ゼロトラスト 後編;wBSp;ゼロトラスト」から「w1;ベーシックトラスト」へ

 

 今回のテーマは「ゼロトラスト」。

 「ゼロ」は「0」、「トラスト」は信頼を意味する「trust」で、「完全に守ることは不可能という認識」のこと。「過信しない」というレジリエンスの大原則です。

 F-142:不要不急 vol.3;レジリエンス <ワーク付き>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/22878502.html

 

 リスクマネジメントをテーマとした研修や講演会等で「ゼロトラスト」の話をすると、「信用がないとチームは機能しない(=ディスアドバンテージ)」「お互いに信頼するから困難を乗り越えられる(=ソルベンシー)」といった反対意見をいただくことがあります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12935916.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12935992.html

 

 「ゼロトラスト」、すなわち「過信しない」というレジリエンスの大原則と、「信用・信頼が大切」という現場の認識は矛盾していません。教育の重要なポイントである「ベーシックトラスト」とも矛盾しません。その理由は?

 さらに、その理解と実践はコーチングの成否に大きく関係します。なぜでしょうか?

 

 前編;民無信不立

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28170711.html

 中編;「ゼロトラスト」はマネジメントの心がまえ

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28231758.html

 後編;wBSp;ゼロトラスト」から「w1;ベーシックトラスト」へ

 

「ゼロトラスト」「過信しない」というレジリエンスの大原則と「信用・信頼が大切」の「信」や「ベーシックトラスト」が矛盾しない理由は「そもそも抽象度が違う」。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

レジリエンスの大原則である「ゼロトラスト」は低い抽象度次元でのマネジメントの話です。

 PM-06-17:仮説12)リーダー、マネジメント、コーチの役割と抽象度の関係

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14526054.html

 Q-176:コーチはリーダーとマネージャーの役割・機能を持つと考えてよいのでしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25016029.html

 

一方、「信」は高次の抽象度次元に存在する何らかの概念(ゲシュタルト)に対する確信のこと。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 

 つまり、高次の抽象度ほど「ベーシックトラスト」が重要で、低次の抽象度ほど「ゼロトラスト」が必要だということです。

 

 この関係をしっかり理解した上で実践し続けることは、コーチングの成否に大きく関係します。そのことを認知科学者 苫米地博士のバラだんでの講義(20211213日放送)と重ね合わせながら考えてみましょう。

 (講義を未視聴の方は、先に御確認ください。下記ブログ記事中にリンクがあります↓)

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 

211213バラだん04

「バラいろダンディ」(TOKYO MX

20211213日放送回より引用

 

 

 「可能世界w」とは「一人ひとりの臨場感世界」のこと。

私たちは同じ世界に生きていると思いがちですが、それは共同幻想。目の前の世界は各自のマインドがダイナミックに生みだす「一人一宇宙」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/11823351.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/11823843.html

 

 その「臨場感世界=一宇宙」を生みだしているものが「ブリーフシステム(BS)」。それを苫米地博士は「w∀y∃xp(x,y)}x,y∈宇宙」と形式化されています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 そして、その式の中の「p」、すなわち「『xyより重要』を定義する関数」が「自我」であるとされています。例えば、お母さんさんとペットボトルのどちらが重要ということを決める重要度関数(評価関数)が「p」であり「自我」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 ここまでをまとめると「wBSp」。

 その「wBSp」は、通常は他人からの刷り込みや社会の価値観により構築されています。時間でいえば過去です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

 対して「別の可能世界w1」とは未来のこと。1)心から望み、2)自分中心を捨て、3)現状の外にゴールを設定することで自ら生みだす新たな一宇宙です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 ゴールをしっかり設定すれば、「wBSp」よりも「w1」の方が抽象度が高くなります。前回(F-229)考察したとおり、高次の抽象度ほど「ベーシックトラスト」、低次の抽象度は「ゼロトラスト」です。

 

 わかりやすいようにセルフトークにすると、「未来(w1)はもっともっとすばらしい」とゴール側の世界とその世界を生みだす自分を確信し続け(=ベーシックトラスト)、「私(wBSp)はまだまだこんなもんじゃない」と現状には満足しない感じ(=ゼロトラスト)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25482691.html

 

表現をかえると、現在の世界や現状の自分(wBSp)というコンフォートゾーン(CZ)に安住しないことがゼロトラストであるといえます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

「現在の世界や現状の自分(wBSp)」がかつての夢や理想であるほど、新たな「w1」に移行することは困難になります。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

 ホメオスタシスが現状(wBSp)を維持するように強力に働くからです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831660.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971818.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971956.html

 

 だから、成功すればするほど、さらにコーチングが必要になります。

 CZが生みだす現状維持の壁を打ち破り、もっとクリアな世界を生みだしながら、縁起としての共同幻想をますます豊かにしていくために、さらにコーチングを学び実践し続けるのです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628746.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 コーチングにはパワーがあります。

各人のマインドにまだまだ眠っているエネルギーとクリエイティビティを解放するというパワー

 

それらが一体となったものが縁起力であるはず。

 

縁起力の結集によりさらなるw1が生みだされ続ける先に「戦争と差別のない世界」があり、さらには「戦争と差別という概念さえない世界」がひろがっている

 

 それが苫米地博士に学んでいる私の「w1」であり、「ベーシックトラスト」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

 高次だからといって完全な「信」はNG。それでは思考停止です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 抽象度宇宙のトップは空。その空は固定的な点ではありません。だから、志向しながら思考し続ける!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

 ,,,「洗脳論語」を読んだ後、「民無信不立」という言葉に向き合いながら、そのようなことを考えました。

 

 

-告知-

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

PM-07-09~11:「平成」という元号に埋め込まれたコード

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16379886.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16541640.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16660261.html

PM-07-12:受け継がれるルー・タイス氏の思い …WorldPeaceCoaching

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16799778.html

F-123~:「I」を「R」に実装する ~苫米地博士によるFederation of Cyber States(サイバー国連邦)設立提案~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_393431.html

 

 

洗脳論語(Kindle版)

Kindle版はこちら↓

洗脳論語 | 苫米地英人 | 宗教入門 | Kindleストア | Amazon

 

 


Q-239:気楽に生きたいのですが 後編;宇宙を理解した上で“自分”を定義しなおす

 

子どもの頃、私は「努力」や「根性」という言葉が好きでした。反対に「気楽」や「気軽」が大っ嫌い!

情動を伴った体験や情報の記憶により、「『努力』『根性』を好ましく感じ、『気楽』『気軽』を忌み嫌うブリーフ」がつくられていたのだと思います。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

ところが、認知科学者 苫米地英人博士に学ぶ間に、「努力」「根性」がコンフォートゾーン(CZ)の外になり、「気楽」がCZ化していきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 *「気軽」は△。その理由はこちら↓

 Q-060:「気軽」という言葉の奥底に潜むもの

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13215570.html

 

 そんな「気楽」について、いただいた御質問にお答えしながら考えていきたいと思います。もちろん気楽にw

 F-109:気楽

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19980130.html

 

 

Q:気楽に生きたいのですが、なかなかできません。頭ではわかっていても、目の前の仕事や生活をこなすのがやっとです。体が続くうちはいいのですが、この生活がずっと続くのかと思うと不安でたまりません

 

 前編;3つのチェックポイント

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28244822.html

 後編;宇宙を理解した上で“自分”を定義しなおす

 

A2:前回は「いったん立ち止まり、1)ゴール、2)エフィカシー、3)コンフォートゾーンの順に確認すること」についてお話ししました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

心から望み、自分中心を捨て、現状の外にゴールを設定することは簡単ではありません。たいていは最初の「心から望む」でつまずきます。

 なぜなら、「心から望む」の主語である“自分”は他人や社会によりつくられているから。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

さらにいうと、“自分”は宇宙中にひろがっています。それが部分関数としての自我です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 よって、ゴールを設定するためには、宇宙を理解した上で“自分”を定義しなおす必要があります。じつは、それが「気楽」のはじまり。

 今回はそのことについてお話しします。

 

 

 ところで、「現状の外」と聞いたとき、どのようなイメージが浮かびますか? 体感は?

  

 私たちは目の前のすべてを認識していると思いがちですが、じつは、ほとんど認識していません。

ある研究によると、五感(視・聴・味・嗅・触)から入力されている情報量は1秒間あたり数百万ビットで、そのうち認識にあがるのはわずか数十ビットなのだそう。

数十/数百万 つまり、10万分の1しか認識していないのです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 さらに、その「10万分の1」はダイナミックに変化します。RASの働きによって。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721658.html

 

 ゴール設定の「10万分の1」は「他人や社会からの刷り込みでつくられた過去の記憶」が生みだしています。しかも、その多くは失敗の記憶。「辛い」「苦しい」「悲しい」「切ない」「申し訳ない」 そんなものばかりのはず。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13397552.html

 

 だから「気楽に生きたいのですが、なかなかできません」「頭ではわかっていても、目の前の仕事や生活をこなすのがやっと」になってしまいがち。ちょっとしたきっかけで容易に「ファイト・オア・フライト」に陥るからです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8164566.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8166289.html

 

 でも大丈夫! ゴールを設定すればいいのだから。

 前回(Q-238)御紹介したとおり、「ゴールが先、認識は後」です。

 S-04-20:「問題を解決すべき課題に変えてしまう」3つのポイント

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23715889.html

 

 「現状」には「このまま続く時間軸上の未来」も含まれます。その「外」にゴールを設定するというのは、「今のままでは絶対に達成できない、まったく新しい未来を創造する」ということ。

その結果、未来から現在に時間が流れはじめます。未来(ゴール)が「因」で、現在が「果」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

 「今のままでは絶対に達成できない」はずのゴールを達成できるという根拠なき確信がエフィカシーです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 ゴールを設定し、エフィカシーを高めていくと、やがてゴールを達成している自分がいる世界の方があたりまえに感じられるようになっていきます。ゴール側のCZ化です。

 そうなったらしめたもの。ゴールを達成するためにリミッターが外れ、無尽蔵の潜在能力が目覚めはじめます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_268324.html

 

 あとはオートパイロット(自動操縦)。ホメオスタシスがゴールへと導いてくれます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831660.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971818.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4971956.html

 

 だから気楽。あなたはとくに気に留めているわけでもないのに、いつのまにかゴールを達成していきます。まるで呼吸をするように。自然に。

 

 ゴールの世界は自分だけのものではありません。“現状の外”はより高次の抽象度次元にひろがっています。より抽象度の高いゴールを達成するほど、よりたくさんの「うれしい」「楽しい」「気持ちいい」等に囲まれることになります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 だから気楽。あなたはますます楽しげ(気)に生活しています。

 

 “現状の外”にゴールを設定し続けることは、抽象度の階段を駆け上がっていくということ。どんどん心が豊かになっていきます。成長を重ね、進化していきながら。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/9963845.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/9966391.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10116950.html

 

 だから気楽。自身はもちろん、社会が秘めている可能性(才能)に気づき開花させていくことが楽しくて仕方がありません。

 

ゴール設定の「10万分の1」は「うれしい・楽しい・気持ちいい・すがすがしい・誇らしいが満ちあふれる未来の記憶」が生みだします。

だから気楽!

 

 

ゴールの更新を続けていると、宇宙と“自分”が一体化していくようなあたたかい感覚に包まれていきます。“自分”とは縁起宇宙の中心点であり、縁は宇宙中にひろがっているからです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 宇宙と自分を切り分けられなくなる無分別が“無敵”。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5446097.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5448151.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615695.html

 

その境地に近づいていくことが「宇宙を理解した上で“自分”を定義しなおす」です。

 

体が続くうちはいいのですが、この生活がずっと続くのかと思うと不安でたまりません」といった悩みはすっかり消え失せます。大丈夫ですよ。

ゴールを人生のあらゆる領域に設定し(バランスホイール)、未来に向かう挑戦の日々を楽しんでください。もちろん気楽にw

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26037409.html

 
 御相談ありがとうございました。

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-追記-

 「いつも同じ話ばかり」や「内容が難しい」という御意見をいただきます。ありがとうございます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27050392.html

 

 私なりに分析すると、原因のひとつは「守秘義務を厳しく守っている」から。

直接的な表現を避け、なるべく抽象度を上げて、守秘義務違反にならないように(ギリギリのラインを)心がけています。それは苫米地式認定コーチとしてのブリーフです。

 

 そんなブリーフを持つ私からすると、最近の苫米地博士の言動は驚くものばかり。守秘義務に該当するはずの知識をサラッと明かされています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882652.html

 

 とびっきりはこれ↓

211213バラだん01

バラいろダンディ(TOKYO MX)
20211213日放送回より引用

 

 

 詳しくはこちらの記事で↓

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 上記記事内のリンク動画を確認後、もう一度今回の本文を読んでください。

きっと「コーチングでは、関数pの再定義を促すのではなく、可能世界“w”から別の“w1”に移行することを促す」の意味がよりクリアに感じられるはずです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628437.html

 

 

―関連記事-

Q-142~:現状の外にゴールが設定できている状態と現実逃避に陥っている状態とでは何が違っているのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_400116.html

Q-209:「“現状の外”のゴールの体感」とはどういうのが正しいのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26877574.html

 

 

-告知-

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 


Q-236:アウトプット自体が苦手。恐怖心に近いです。

 

御質問をいただきました。ありがとうございます。

質問の一部に回答いたします。

 (変更を加えています)

 

Q:ラベリングやコンセプチュアルフローをやってみました。

ラベリングはとても強力で効果的だと感じます。初めてコンセプチュアルフローを行った当時と比べると格段に広げて書けるようになったとは思いました。

その後でゴール再設定に重点的に取り組んでいます。その時に陥るのが以下の様な点です。

    それぞれのカテゴリーで再設定ごとに同じような文言になってしまう

    それぞれのカテゴリーのゴールのエンドステートの臨場感が上がり難く、ゴール設定即行動となるエネルギーが生まれない

    ゴール設定に『have to』が紛れているかもしれないのでゴール再設定

    が続き、エフィカシーが下がる

 

現状の外のゴールだから時間がかかるのは分かっていますが、〇〇として活動するというエンドステートにどう繋げて良いのか?分かりません。

情報空間で自分なりの情報発信が必要だとは思いますが、何を発信すれば良いのか?

そもそもアウトプット自体に物凄く苦手意識と厚い壁を感じてがんじがらめになっています。苦手意識と言うよりも恐怖心に近いです。

ある集まりで見ず知らずの50人以上の人の前で吐きそうになりながら講義をしたりしましたが、どうしても好きになれないしやりたいとは思えない。

△△としての役割は、自分の中ではやり切った感があります。以前はかなりの熱を持って取り組んでいましたが、失望しか感じていません。

なので、〇〇として生きたいとの想いが日に日に強くなっています。

何かアドバイスありましたら、お願い致します。

 

 

分割し、一般向けにシンプルに回答します。

 

Q1:「早速、ラベリングやコンセプチュアルフローをやってみました」

 

A1:素晴らしいハビット&アティテュードだと思いました。それはブリーフシステム(BS)の無意識下の表出です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 *ラベリングはこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/18456250.html

 

 *コンセプチュアルフローはこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25217507.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25259581.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25282178.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25324197.html

 

 

Q2:「 が続き、エフィカシーが下がる」

「〇〇として活動するというエンドステートにどう繋げて良いのか?分かりません」

「何を発信すれば良いのか?」

 

A2:御承知のとおり、エフィカシーは「自身のゴール達成能力の自己評価」。完全に自分次第です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

エフィカシーが下がる」を許可しているセルフイメージ&セルフトークを見直してみてはいかがでしょうか?

Q-191:ヒーリングとコーチングの関係がよくわかりません

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25482691.html

 

 「分かりません」「何を?」はゴールが“現状の外”にある際の健全な感覚だと思います。「invent on the way」自体を楽しんでください。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

ただし、その際には注意点があります。

 

 

Q3「物凄く苦手意識と厚い壁を感じて 恐怖心に近いです」

 

A3不安や恐怖、怒りといった情動の対処。エモーションコントロールです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19417065.html

 

 繰り返しになりますが、「苦手意識」「恐怖心」はゴールが“現状の外”にある際の健全な感覚です。それらには過去の何らかの”失敗“の記憶が貼り付いています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13397552.html

 

 そんなネガティブな記憶(過去)の克服とともに、BSが書き換わり、認識する世界が変化します。ただし、「記憶(過去)の克服」「BSが書き換わる」「認識する世界が変化」はすべて結果。ゴール設定の結果です。

そのことをコーチングの祖 ルー・タイスさんは「ゴールが先。認識は後」と表現しました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8583393.html

 

 

Q4:「どうしても好きになれないしやりたいとは思えない

 

A4ネガティブな記憶(過去)の克服とともに、BSが書き換わり、認識する世界が変化する

その時「どうしても好きになれないしやりたいとは思えない」は霧散していることでしょう。大丈夫ですよ。

Q-167:自分を苦しめているのは記憶です。過去に苦しめられていることを感じています。コーチングで変化を実感しますか?<プチワーク付き>

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24320549.html

 

 ちなみに、どうしても好きになれないしやりたいとは思えない」も過去の記憶が生みだしています。現状のBSが生みだすセルフトークであり、dominant pictureです。

 Q-226ReplaceしたらそれがDominantになればいいのですかね?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27729316.html

 

ゴールが生みだす新たなセルフトーク&replacement pictureで、ゴール側のイメージ(I)の臨場感を高め(V)新たなリアリティ(R)を生みだす

その過程でBSが書き換わり、認識する世界が変化していきます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

 

Q5:「△△としての役割は、自分の中ではやり切った感があります。以前はかなりの熱を持って取り組んでいましたが、失望しか感じていません。なので、〇〇として生きたいとの想いが日に日に強くなっています

 

A-5:「△△に失望。なので、〇〇として生きたい」はnot good。ゴールの定義を再確認しながら、その理由を熟慮されてください。

 (参考にこちらをどうぞ↓)

 F-155:「怒りと絶望しかありません」という言葉に感じた希望

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23743308.html

 

 御質問ありがとうございました。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-追記-

△△としての役割は、自分の中ではやり切った感があります

 

 では、次のステージは〇〇×△△ですね。2つのゲシュタルトを統合した次元(connect the dots)で得る新たなひらめきを大切に。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7383761.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628437.html

 

 そのひらめきを社会に還元する先に「新たなw1」がひろがっているはず。ゴールとして生みだすw1です。楽しみですね。

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 

-関連記事-

Q-042~:「明確にリアルに目標がイメージできた時点でほぼゴールに近づいた」とは具体的にどういうことでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_262962.html

Q-136~:問題が生じたゴールへの向き合い方

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_397998.html

Q-142~:現状の外にゴールが設定できている状態と現実逃避に陥っている状態とでは何が違っているのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_400116.html

Q-159~:臨場感が薄れても高い抽象度のゴールをイメージし続けるのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404758.html

Q-209:「“現状の外”のゴールの体感」とはどういうのが正しいのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26877574.html

 

 

-告知-

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

次回は「R4.2/19土 午前9時」、その次は「R4.2/211745分」開催。20分間(~最長30分)です。一緒に楽しみましょう!

R4.2/19土 午前9時」はこちら↓

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28116052.html

 R4.2/211745分」はこちら↓

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28166479.html

 

 

F-226:雑巾

 

 若い頃の私は、「不安と不満」「悲しみと怒り」が混ざり合ったような混沌の中で生きていました。あの頃の私へ、そして同じような境遇の若者へ、コーチとして心(気)を込めて書きました↓

F-217~:不安と不満のはざまで苦しんでいる君へ

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416096.html

 

 その執筆が縁になったのでしょう。忘れていた記憶がよみがえりました。1つは冷たく悲しい体験の記憶、もうひとつは心温まる思い出です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 前回は冷たく悲しい体験の記憶を、OASISの名曲「Don’t look back in anger」とともに紹介しました。

 F-224Don’t look back in anger

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28015120.html

 

 今回は高校時代の心温まる思い出。

 私の出身校について、なんと、認知科学者 苫米地英人博士が著書「武術に学ぶ 一瞬で自分を変える技術 ~さらに自分のリミッターをはずす!~」(ビジネス社)内で言及されています。といっても、私ではなく、後輩の格闘家 菊野克紀さんに関連してですが。

 F-053:人は、己に克つを以って成り、己を愛するを以って敗るる <後編>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12645423.html

 

 博士が書いてくださったとおり、鹿児島では今でもトップの公立進学校です。入学初日から大学進学を意識するような雰囲気でしたが、幸運にも1年時の担任は決してhave toを押し付けない先生でした。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882609.html

 

 生徒の潜在能力を確信し、自由を尊重してくださる感じです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

 いつもニコニコされている先生でしたが、一度だけ激怒されたことがあります。

ふだんとても穏やかだっただけに、そのギャップにより強烈に記憶に刻まれたのでしょう。今でも昨日のことのように鮮やかに思い出します。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13397552.html

 

 激怒のきっかけ(trigger)は雑巾でした。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23944294.html

 

 確か福祉施設に寄付するためだったと思います。各自が新しい雑巾を持ち寄ることになりました。もちろん強制ではありません。

回収用の段ボール箱と集まった雑巾の管理を、私の親友 K君が買って出ました。後の人生も含め私が出会った中で最も朗らかなブリーフをもつ一人。最高に“いい奴”です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 最終日、回収箱を覗き見た先生の顔色はみるみる紅潮していきました。段ボール箱には雑巾が1枚も入っていなかったからです。そして情動が爆発!

 

 君たちは(しばし絶句) なんて残念なんだ!

 確かにみんな頭はいいかもしれないが、他人のことを思えないなんて(再び絶句)

成績がどんなによくても、心がなくては、いい人生なんて、おくれるはずがない!(ちょっと息切れ気味)

君たちのことを見損なった !!(うつむいたままフリーズ)

 

 

 怒鳴って感情を発散させるのではなく、頭ごなしに否定するわけでもなく、うつむいたままただ黙り込んでしまった先生からは、「成績なんかよりも“もっともっと大切なこと”を伝えたい」という強い思い(気)が滲み出ていました。

 PM-06-11:仮説06)二つの「怒り」とその間にある論理的思考

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14107083.html

 

 その「熱く、大きく、明るく、優しい感触(気)」をはっきりと覚えています。今思うと、その感触(気)は「概念(情報空間)の抽象度の高低差から生まれたエネルギー」だったのでしょう。

 S-03-04:心のエネルギーは概念(情報空間)の階層の高低差から生まれる

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/20276623.html

 

 *情報空間はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

 *抽象度はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 かわいそうなのは私の親友。フリーズした先生の前で、回収係だったK君もフリーズしていました。それは完全な「ファイト・オア・フライト」。先生は怒りで、K君は恐怖により、引き起こされたカタレプシー(catalepsy)です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8164566.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8166289.html

 

 

じつは、雑巾はたくさん集まっていました。K君はそれらをまとめて職員室の先生の机に届けたばかり。行き違いだったのです。

 

 その事実を知った時、先生はなんともいえない表情をされました。安心と気恥ずかしさが入り交じったような、柔らかく泣きそうな表情です。

そして、しっかり謝罪をされました。私たち生徒に対して。「疑って悪かった。君たちはやっぱり素晴らしい人間だ」と。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/9533623.html

 

 

 その時、生徒全員のセルフイメージ(=ブリーフ)が明るく書き換わったはず。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_386190.html

 

 自身のゴールを達成する能力の自己評価のことをエフィカシーといいます。それはコーチングにおける最重要ポイントのひとつ。全部自分のことなので本来は簡単に高めることができるはずなのですが、高いエフィカシーを持つ(&保つ)ことは決して簡単ではありません。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 エフィカシーの源であるゴールの設定が難しいからです。

まずはゴール! ゴールがエフィカシーを決めます。

1)心から望み、2)自分中心を捨てて、3)現状の外にゴールを設定することは、コーチの存在なしではできません。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

  

すべてのはじまりといえるゴール設定を可能とする意識状態、すなわち「私にはゴール設定を行う価値がある」「私は自由にゴールを設定することができる」という最初の確信を、私は「ゼロ・エフィカシー」と(勝手に)名付けてイメージ化しています。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/22043888.html

 

「ゼロ・エフィカシー」の「ゼロ」とは「無」という意味ではありません。自由とともに生じる責任をすべて背負い、自分で決めたゴールとともに人生の原点(スタート地点)に立つという覚悟のことです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13958864.html

 

それは「無尽蔵かつ無制限の可能性にあふれている」という意味での「ゼロ」。そして、それは「空(くう)」を示すsunya(スンヤ)の「ゼロ」でもあります。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

両親を憎み、たいていの大人たちを敵視していた当時の私の心にも、先生の思い(気)は響きました。もうじき大人になってしまう自身の未来に希望を感じたのだと思います。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23743308.html

 

私にはゴール設定を行う価値がある

私は自由にゴールを設定することができる

 

 この雑巾をめぐる体験が、コーチングに強く惹かれている私の原点ゼロなのかもしれません。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記1

 ふだんとても穏やかだっただけに、そのギャップにより強烈に記憶に刻まれたのでしょう。今でも昨日のことのように鮮やかに思い出します

 

 思い出す鮮やかな記憶が本当かどうかはわかりません。先生やK君に確認してみたら、まったく違うのかもしれません(きっと全然違うでしょう)。

過去の記憶どころか、この瞬間に認識している目の前の世界さえ、人によりまったく異なります。かっこよく言えば「一人一宇宙」、はっきり言えば「妄想」です。

Q-235:「財布を娘に盗られた」といったvol.6:記憶が織りなす「一人一宇宙」>

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27981625.html

 

 

-追記2

「ゼロ・エフィカシー」の「ゼロ」とは「無」という意味ではありません。自由とともに生じる責任をすべて背負い、自分で決めたゴールとともに人生の原点(スタート地点)に立つという覚悟のことです

 

その原点ゼロに戻る(戻す)ことが、とくに若者にとってのヒーリングになります。それが「The Sweet Hello」と「The Sweet Goodbye」、すなわち「新しいものを100%want toで生み出すこと」を可能にすると私は信じています。

(詳しくはこちらでどうぞ↓)

 F-129~The Sweet Hello, The Sweet Goodbye

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_396235.html

 

 

-関連記事-

PM-05~:苫米地理論で見える教育現場のスコトーマ(目次)

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13077001.html

 

 

-告知1

 今年度(2021-22年)は計8回のオンラインセミナーを計画しました。1年間を通してのテーマは「Well-being」。

 F-176~:“幸福(well-being)”とは? ~antiwithwellpart

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_408326.html

 

 最終回は2022220日(日)開催。テーマは「Total Well-being ~『total』に秘められた生命力を知る~」です。詳細はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27953269.html

 

 超情報場でお会いしましょう!

 

<お問い合わせ・申し込み>

 coachfor.m2@gmail.com

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめます。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

 初回は202225日(土) 午前1115分からの予定です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28045280.html

 

 

武術に学ぶ 一瞬で自分を変える技術




このページのトップヘ