苫米地式コーチング認定コーチ CoacH T <タケハラクニオ> ブログ

認知科学者 苫米地英人博士に学び九州で活動するコーチ・ヒーラー・医師 CoacH T(タケハラクニオ)ブログ

カテゴリ:Q:質問等回答編 > Q-306~ 私のまわりではそうでもないです...

Q-306:私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんけどvol.1:コンフォートゾーン -前編-

 

 1つのことを突き詰めていくと、やがて「型」が洗練されていき、“意味”がわかるようになります。それは、より深く理解できるということ

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7383761.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628437.html

 

 一方で、スコトーマをさらに外すことは困難になります。本当はもっと深い“意味”があるかもしれないのに、無意識が探究をやめてしまうからです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 だから、新たなゴール設定が重要!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 ゴールは、もちろん、“現状の外”。

 “現状の外”にゴールがあり続けると、結果として選択や行動が変わり続けることになります。ブリーフシステムがゴール側に書き換わっていくから。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

前回(Q-300305)は、これまで構築してきた「型」を破ってみました。今回は“型破りver.2”です。

ver.1はこちら↓)

 Q-300~:「心身相関」と「超情報場理論」

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_423993.html

 

 

先日、久々に苫米地式コーチング認定グランドマスターコーチ 田島大輔さんと御一緒しました。御挨拶しながら、私はこのような質問をさせていただきました。

 

 QCoacH T):最近、私のまわりではネガティブな言動が増えているような気がするのですがいかがですか?

 

 少し間をあけて、田島コーチはこのように回答されました。

 

 A(田島コーチ):私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんが。

 

 短いやり取りではありますが、私の情報場は大きく動きました。そして、コーチング理論のコアに触れた気がしました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 その体感を3つのテーマに分けて言語化し、最後にもう一段抽象度を上げてまとめたいと思います。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 vol.1:コンフォートゾーン -前編-

 

 

 最初のテーマは「コンフォートゾーン」。皆さんは「コンフォートゾーン」と聞くと(トリガー)、どのようなイメージが浮かびますか(アンカー)?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 コンフォートゾーンは「IQを高め、能力を発揮する」という点でとても重要です。その一方で、「さらにIQを高め、もっと能力を発揮することを制限してしまう」ため危険でもあります。

 PM-06-06:仮説01)変わらないコンフォートゾーンが生みだす「現状維持の壁」

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628746.html

 

 実際、著書「オーセンティック・コーチング ~本物のコーチング~」(CYZO)の中で、苫米地博士は読者にこう問いかけられています。

 

 コンフォートゾーンは本当に良いものなのだろうか?

 

 その問いかけの続きを「オーセンティック・コーチング」(p146)から引用します。

 

 

 ◎変わるきっかけ

 現状の外側にゴールが設定されると、いままでのコンフォートゾーンは居心地が悪くなってしまいます。

 コンフォートゾーンとは本来そういうものなのです。

 それはそうでしょう。心は早くゴールに向かって飛び出していきたいのです。

 ところが、これまでのコンフォートゾーンでやり残したことや、そこを出るための準備は必要です。逸る気持ちを抑えながらそこに居ることは、次第に苦痛になってきます。つまり、これまでのコンフォートゾーンは時が経てば経つほど、アンコンフォータブルな空間に変わっていきます。

 しかし、それはがっかりすることではありません。それが正しいのです。

 逆に、新しいゴールが見つかったのに、これまでのコンフォートゾーンがコンフォータブルのままだったらそれは新しいゴールではありません。現状の中のゴールであり、あなたの世界はまったく変わっていません。

 つまり「現状」とはいままでのコンフォートゾーンだったとも言えるのです。

 ですから、本当の新しいゴールが見つかったかどうかは、いままでのコンフォートゾーンが苦痛になっているか、否かですぐにわかります。

 なっていなければ、それは現状の外のゴールではないということです。

 現状のひとつの形、それが、いままでのコンフォートゾーンでした。ですから、いまのコンフォートゾーンが心地よい、出たくないと思うのであれば、コーチングの必要もないわけです。

 逆に言えば、コーチングに興味を持つという時点で、現状のコンフォートゾーンに満足していないことを意味します。

 ここまで本書を読んだあなたがそのいい例ではないでしょうか?

 あなたはいま変わるきっかけが欲しいと思っているはずです。その一方で新しいゴールはまだ見つかっていないでしょう。すでに新しいゴールが見つかっているのならば、かつての私のように、そこに向かってもう動き始めているはずです。

 そうしていないということは、いまのコンフォートゾーンを直感的に「違う」と思い始めている反面、どうすればいいのかがわからない、暗中模索の状態だと推測できます。宙ぶらりんの状態の中で、自分が進むべき道を探しているのが、この本を手に取っているいまではないでしょうか?

 これからどのように判断し、行動していくのか、どういうゴール設定をしていけばいいのか、いろいろ試行錯誤している最中だと思いますが、確実に言えることが一つあります。それは、いまが一番重要な分岐点だということです。

 引用終わり

 

 

 いまが一番重要な分岐点

 

 いまのコンフォートゾーンを直感的に『違う』と思い始めている反面、どうすればいいのかがわからない、暗中模索の状態」「宙ぶらりんの状態」にある人たちを「進むべき道」にしっかり導くのがリーダーの重要な役割。

 F-104:「映写機の故障により上映できるかわかりません」Vol.4;リーダーの視点で

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19485793.html

  

 しかしながら、人々を「進むべき道」に導くことは決して簡単ではありません。「進むべき道」は“現状の外”にあり、スコトーマに隠れ認識できないから。

 

 とくにガッチガチの権力構造の中でシンのリーダーシップを発揮することは大変。必ず既得権益からはじかれるでしょう。

PM-06-07:仮説02)「want to」「have to」とコンフォートゾーンの関係

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13837769.html

 

 「ガッチガチの権力構造」は個人のマインドにも存在します。そう、ブリーフシステムです。ブリーフシステムが生みだすスコトーマが、「ガッチガチ」を強化していきます。

 L-09720217… -09;ブリーフシステムを壊し、スコトーマを外すための方法

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30681527.html

 

 ブリーフシステム=いままでのコンフォートゾーンは、じつは、最大のドリームキラーになりえます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040935.html

 

 では、どうすればいいのでしょう?

 

Q-307につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

「いまのコンフォートゾーンを直感的に『違う』と思い始めている反面、どうすればいいのかがわからない、暗中模索の状態」「宙ぶらりんの状態」にある人たちを「進むべき道」にしっかり導くのがリーダーの重要な役割

 

 「進むべき道」にしっかり導くリーダーに対して、コーチの役割は「進むべき道」をクライアント自ら見つけだせるようにサポートすること。

 PM-06-17:仮説12)リーダー、マネジメント、コーチの役割と抽象度の関係

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14526054.html

 

 コーチはクライアントのコンテンツ自体には一切関わりません。詳しくはこちらで↓

 Q-298~:どれくらい相手に共感していいものでしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_423870.html

 

 *こちらもどうぞ↓

 Q-265~:臨場感世界をまったく同じように感じることが可能なのでしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_420880.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 第11回目(R5.3/5開催)のテーマは「リーダーシップ」。詳細はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30729325.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

  

-関連記事-

Q-078:お変わりありませんか? こちらは変わりなく過ごしております

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/15835817.html

Q-176:コーチはリーダーとマネージャーの役割・機能を持つと考えてよいのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25016029.html

Q-215:毎回同じ話ばかりである

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27050392.html

Q-301:身体的な苦痛や精神的な苦痛を抱えるクライアントさんで、本人が気づいていなかったり、あるいは能動的に解決することを望んでいない場合、コーチは何らかのかかわりを持つべきでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30808832.html


 

オーセンティック・コーチング



Q-307:私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんけどvol.2:コンフォートゾーン -中編-

 

今回は“型破りver.2”です。

 (ver.1はこちら↓)

 Q-300~:「心身相関」と「超情報場理論」

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_423993.html

 

先日、久々に苫米地式コーチング認定グランドマスターコーチ 田島大輔さんと御一緒しました。御挨拶しながら、私はこのような質問をさせていただきました。

 

 QCoacH T):最近、私のまわりではネガティブな言動が増えているような気がするのですがいかがですか?

 

 少し間をあけて、田島コーチはこのように回答されました。

 

 A(田島コーチ):私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんが。

 

 短いやり取りではありますが、私の情報場は大きく動きました。そして、コーチング理論のコアに触れた気がしました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 その体感を3つのテーマに分けて言語化し、最後にもう一段抽象度を上げてまとめます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 vol.1:コンフォートゾーン -前編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30925409.html

 vol.2:コンフォートゾーン -中編-

 

 

 「ガッチガチの権力構造」は個人のマインドにも存在します。そう、ブリーフシステムです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 ブリーフシステム=いままでのコンフォートゾーンは、じつは、最大のドリームキラーになり得ます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040935.html

 

 では、どうすればいいのでしょう? 私たちは何を心がけるべきでしょうか?

 

 

 私の答えは「内なるリーダーシップを発揮し続ける」こと。苫米地博士が書かれているリーダーの条件は 1)情報収集能力(高い抽象度)、2)同調能力、3)責任能力。その3つを“自分”に対して発揮し続けるのです。

 F-104:「映写機の故障により上映できるかわかりません」Vol.4;リーダーの視点で

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19485793.html

 

 最初に取り組むのはモニタリング。無意識に感じていることや自分の心身の状態を意識に上げることです。

 Q-286:ドーパミンの分泌をコントロールまたはどの程度分泌されているか分かるようになるのですか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/29840102.html

 

 「無意識を意識に上げる」ことを続けていると、Rがゆらいでいきます。つまり、抽象度を上げやすい意識状態になるということ。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23645730.html

 

 それはゴールを設定しやすい意識状態でもあります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

スコトーマを外しやすくなり、現状の外を感じやすくなるからです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 無事にゴールを設定できたら、次はゴール側のコンフォートゾーンをつくります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

アファメーションやビジュアライゼーションを行いながら、ゴールを達成している自分が認識している世界を五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)全部で体感し、その臨場感を強化していきます。

F-253Corona Panicに打ち克つ ~ビジュアライゼーションによるゴール達成法~

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/29357204.html

 

 *詳しくはこちら↓

 Q-064~:認知的不協和の状態にあり頭痛が続いています。適切なアファメーション、ビジュアライゼーションはどうすればよいでしょうか?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_292583.html

 

 さらに「うれしい」「楽しい」「気持ちいい」「すがすがしい」「誇らしい」といった情動を重ねていきます。すると、自分で作ったコンフォートゾーンにますます同調しやすくなります。参考にこちらをどうぞ↓

 F-252It’s my life~No goals, No life~ <ワーク付き>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/29304282.html

 

 最後は、そのゴール側のコンフォートゾーンに対する責任。私の感覚で言い換えると、責任とは「覚悟を決める」こと。私は覚悟がエフィカシーを育てると思っています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 *具体的にはこちら↓

 F-100:芸術は爆発だ!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19033189.html

 

 

 以下、認知科学者 苫米地英人博士の著書「オーセンティック・コーチング」(CYZO)より引用します(p168)。「ブリーフシステム=いままでのコンフォートゾーン=既得権益」を意識に上げながら読み進めてください。Feel

 

 

 ◎現状維持がなぜダメなのか?

 現状維持がダメな理由については第1章でも書きましたが、人は限定合理性で生きているからです。

 限定合理性とは、人は生来的に変化を好む生き物だということです。同じことが続くことを好みません。ですから、お金持ちたちは有り余るほどお金を持っていても、もっとお金が欲しいと思うのです。人は、いまいくらお金を持っているのか、ではなく、いくら増えたのか、減ったのかにしか興味がないのです。

 人は本来、現状維持なんて大嫌いなのです。必ず、一定量の変化、特に増加を好ましく思うのです。

 その一方で、人は危険を避けます。生物として当然の行為で、慣れ親しんだ場所で安穏に暮らしていればそれで問題はないと考えます。

 つまり、人は変化は好きな一方で大きな変化は大嫌いなのです。

 これをいまの世の中に当てはめると、現状の世界がまったく変わらない中で、現状のシステムだけが肥大化していく理由が見えてきます。

 具体的に言えば、現在のコンフォートゾーンが維持される状態で、少しずつの変化が好まれている状態です。つまり、既得権益だけが肥大する社会なのです。

 これで得するのは誰かというと現在の格差社会の頂点に立つごく一部の人間だけです。巨大な資産は巨大な利益を生み、人々の労働で得た利益など比較にもなりません。

 いまの世の中は、富裕層にとってのコンフォートゾーンであり、それがいま全世界的に広がっている状態なのです。それが「現状」です。そこにいたら当然、格差社会と差別社会が広まるに決まっています。

 私たちはここにノーを突きつけなければならないのです。

 ですから、現状の外側にゴールを設定し、現状の外に出る必要があるのです。

 最後に自分のゴールが現状の外のゴールかを判断する簡単な基準を紹介しましょう。それはゴールについて考えた時、怖くなったり、不安になるか、どうかです。もしも不安になれば、これは現状の外のゴールです。

 そして、私たちコーチの仕事はクライアントに不安を作ることです。コーチは人生のあらゆる場面(バランスホイール)で現状の外のゴールを設定する手伝いをします。それは、人生のあらゆる場面に不安を作ることでもあります。つまり、コーチの仕事はカウンセラーとは正反対だということです。

 引用終わり

 

 

 ゴールについて考えた時もしも不安になれば、現状の外のゴール

 

 通常、不安はIQを下げてしまいます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8164566.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8166289.html

 

 うまくIQを保てたとしても、モチベーションが「have to」になってしまいがちです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882609.html

 

 それなのになぜネガティブにならず、ゴールに向かい続けることができるのでしょうか?

 

Q-308につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 最終回(R5.4/2開催)のテーマは「抽象度」。詳細はこちら↓

 I-106 URL

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-217~:不安と不満のはざまで苦しんでいる君へ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416096.html

F-257~:不満と傲慢のはざまで苦しんでいる君へ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_421948.html

Q-191:ヒーリングとコーチングの関係がよくわかりません

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25482691.html

 

 

オーセンティック・コーチング



Q-308:私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんけどvol.3:コンフォートゾーン -後編-

 

今回は“型破りver.2”です。

 (ver.1はこちら↓)

 Q-300~:「心身相関」と「超情報場理論」

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_423993.html

 

先日、久々に苫米地式コーチング認定グランドマスターコーチ 田島大輔さんと御一緒しました。御挨拶しながら、私はこのような質問をさせていただきました。

 

 QCoacH T):最近、私のまわりではネガティブな言動が増えているような気がするのですがいかがですか?

 

 少し間をあけて、田島コーチはこのように回答されました。

 

 A(田島コーチ):私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんが。

 

 短いやり取りではありますが、私の情報場は大きく動きました。そして、コーチング理論のコアに触れた気がしました。

 

 その体感を3つのテーマに分けて言語化し、最後にもう一段抽象度を上げてまとめます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 vol.1:コンフォートゾーン -前編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30925409.html

 vol.2:コンフォートゾーン -中編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30976461.html

 vol.3:コンフォートゾーン -後編-

 

 

 前回(Q-307)は苫米地博士の著書「オーセンティック・コーチング」(CYZOp168)より引用しました。

 

 私たち人間は「変化は好きな一方で大きな変化は大嫌い」という心理特性を持っています。つまり、「現在のコンフォートゾーンが維持される状態で、少しずつの変化を好む」ということ。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 その結果生みだされるのは「既得権益だけが肥大する社会」。私の経験でいうと、「差別がはびこる世界」です。

 PM-06-13:仮説08)はびこる差別意識

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14249741.html

 

 抽象度を下げながら再考すると、「既得権益だけが肥大する社会」「差別がはびこる世界」は、過去の記憶により構築されたブリーフシステムが生みだしていることがわかります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 そのブリーフにノーを突きつけるのがコーチング!

 

 もちろん、そのはじまりは「現状の外へのゴール設定」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 ゴールについて考えた時もしも不安になれば、現状の外のゴール

 

 通常、不安はIQを下げてしまいます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8164566.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8166289.html

 

 うまくIQを保てたとしても、モチベーションが「have to」になってしまいがちです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882609.html

 

 それなのになぜネガティブにならず、ゴールに向かい続けることができるのでしょうか?

 

 

 私の答えは「コーチとの縁起があるから」。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 

 以下、苫米地博士の著書「もうこれ以上、人間関係で悩まない極意 -今こそ、『縁起人』として生きろ。」(TAC出版、p138)より引用します。

 

 

 コーチは新しい縁起

 コーチングには二つの要素があります。

 一つはコーチとクライアントの関係です。二人の間の縁起が生み出すものがコーチングというわけです。

 二つめは、コーチがクライアントに、頭やマインドの使い方……つまり、「縁起にどう関わるか」というテクニックを教えることもコーチングと呼ぶのです。

 これらは、もちろん同時進行的ではありますが、二つの要素で進められることを認識していなければなりません。

 もし、「縁起にどう関わるか」というテクニックを教えるだけなら、コーチ一人対集団というクラスでもできます。コーチとクライアントが一対一である必要は、ないのです。

 つまり、コーチングで重要な意味合いを持つのは、「コーチとクライアントの関係」だというわけです。特に、一対一のパーソナルコーチングでは二人の関係が強ければ、コーチはクライアントのゴール設定や、ゴールの達成に、強い影響を及ぼすことができます。そして、それこそが、コーチングの一番重要な部分なのです。

 

 ですので、私がクライアントに30分コーチングをする場合も、具体的なテクニックの部分などは、一切やりません。その代わり、クライアントには、必ず同時に具体的なテクニックを教えるクラスに出てもらいます。

 30分のコーチングの場合、関係性を強化するほうに重点を置いているというわけです。

 当たり前といえば当たり前ですが、人間は一つの縁起の結果として存在しています。ですから、何度も繰り返しますが、まず関係があって、存在があるわけです。

 そうすると、その人の存在は、関係が変わると変わります。

 ということは、コーチという関係が加わると、クライアントの存在も変わるということになるのです。

 コーチングの一番コアな部分がここです。つまり、コーチングとは、クライアントをまったく違った人物に変えてしまうということなのです。

 

 コーチングを受けたのに、結果、違った人にならないのなら、わざわざお金を払ってコーチングを受ける意味がありません。

 違った人物になると、今まではできなかったことができるようになります。

 今までゴールが達成できなかった人、それどころかゴール設定さえできなかった人……、彼らがゴールが設定できるうえに、達成まで成し遂げてしまうように激変するわけです。

 激変する理由はたった一つ。「コーチ」という新しい縁起が関わったからです。

 ですから、コーチはクライアントに対して、彼らの親や先生など縁起上、強い影響力があった人たちよりも、さらに強い影響力を持つ存在にならなければいけないのです。

 これが実現できると、クライアントは違う人に変わることができるというわけです。

 だから、コーチングは、縁起そのものであると私は考えています。

 

 そもそも、コーチングに限ったことではなく、人間が大きな判断をしたり、新しいことをしたりする場合は、必ず本人に影響を与えている他人が存在します。

 影響を与えている側は、意図的に行っていない場合が多いですが、たとえば、人が恋をしたときに、想い人とつき合いたいがために、大きく変わったりしますが、そのことも「縁起」だといえるわけです。

 縁起以外の理由で人間は行動しませんし、たいてい、縁起の相手は人間(または動物)なのです。

 たとえば、「どうしても欲しい車がある」というケースもありますが、買いたい理由は大体誰かを乗せて走りたいとか、誰かに自慢したいということだったりしますので、そこに人間が介在している場合が普通なのです。

 

 もともと、人間は、人間との縁起関係においてのみ行動するし、変化するものです。その縁起のプリンシプルを承知のうえで、クライアントに対し、誰よりも強い影響力を与える存在がコーチなのです。コーチは、両親よりも強力な縁起の存在としてクライアントに関わるわけですから、すべてを計算し尽くして関わっていくわけです。

 ですから、「コーチング=縁起に関わる」という図式が成り立つわけです。

 

 人が変化する裏には、影響を与えている人がいる……。このことを知っておくだけでも、対人関係に生かせるのではないでしょうか。最近周囲で変わった人がいるならば、その人にとってのキーマンが近くに存在するわけです。キーマンを含め彼ら全員を幸せにするつもりで接していれば、人間関係は深まるはずです。

 そして、コーチになって、コーチングを他人に教えることができるようになれば、人生は豊かになります。なぜなら、縁起を大きく変えることができる存在となるということは、人からの信頼は確実に増すからです。

 引用終わり

 

 

 コーチング=縁起に関わる

 

 前回確認したとおり、コーチの仕事は「クライアントに不安を作ること」です。その意味では、「まわりでネガティブな言動が増える」ことは間違いとはいえません。

 F-217~:不安と不満のはざまで苦しんでいる君へ

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416096.html

 

 それと同時に、コーチは「クライアントの縁起に関わる存在」でもあります。それも計算し尽くしたうえで。

 F-257~:不満と傲慢のはざまで苦しんでいる君へ

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_421948.html

 

 コーチとの縁起によりクライアントのゴールの臨場感が高まっていくと、「ネガティブな言動」は自然に書き換わっていくことになります。ゴール側のコンフォートゾーンに移行するほど、あきらめ→希望→誓いという変化を経て、すべてが「あたりまえ」に変わっていきます。

 Q-191:ヒーリングとコーチングの関係がよくわかりません

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25482691.html

 

そのような「コーチング=縁起」というコアを知り尽くしているから、田島コーチは「私のまわりではそうでもないです」と回答されたのでしょう。

落ち着いた雰囲気で語られる田島コーチの言葉(言語)と姿(非言語)から、私はそのような気づきをいただきました。それはまさに「コーチという関係が加わると、クライアントの存在も変わる」の実体験。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 そしてその体験は、コーチとしての“私”を引き上げる、とても重要な「ゲシュタルトの再構築」となったはずです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7383761.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628437.html

 

Q-309につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 最終回(R5.4/2開催)のテーマは「抽象度」。詳細はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30969181.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

Q-117:「コーチングは変わるためにあるものではない」の真意とは?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/20576958.html

Q-118:認知的不協和時に無意識が全力で働きゴールに向かっている気がしています

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/20682162.html

Q-167:自分を苦しめているのは記憶です。過去に苦しめられていることを感じています。コーチングで変化を実感しますか? <プチワーク付き>

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24320549.html

Q-301:身体的な苦痛や精神的な苦痛を抱えるクライアントさんで、本人が気づいていなかったり、あるいは能動的に解決することを望んでいない場合、コーチは何らかのかかわりを持つべきでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30808832.html

 

 

51I18QImOnL

Kindle版はこちら↓

Amazon.co.jp: もうこれ以上、人間関係で悩まない極意 ─今こそ、「縁起人」として生きろ。─ (TAC出版) eBook : 苫米地 英人:

 

 


Q-309:私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんけどvol.4:〇〇〇〇>

 

今回は“型破りver.2”です。

 (ver.1はこちら↓)

 Q-300~:「心身相関」と「超情報場理論」

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_423993.html

 

先日、久々に苫米地式コーチング認定グランドマスターコーチ 田島大輔さんと御一緒しました。御挨拶しながら、私はこのような質問をさせていただきました。

 

 QCoacH T):最近、私のまわりではネガティブな言動が増えているような気がするのですがいかがですか?

 

 少し間をあけて、田島コーチはこのように回答されました。

 

 A(田島コーチ):私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんが。

 

 短いやり取りではありますが、私の情報場は大きく動きました。そして、コーチング理論のコアに触れた気がしました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 その体感を3つのテーマに分けて言語化し、最後にもう一段抽象度を上げてまとめます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 vol.1:コンフォートゾーン -前編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30925409.html

 vol.2:コンフォートゾーン -中編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30976461.html

 vol.3:コンフォートゾーン -後編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30996032.html

 vol.4:〇〇〇〇>

 

 

 前回まで「コンフォートゾーン(Comfort Zone)」をテーマにまとめました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 そのコンフォートゾーンは「短いやり取りではありますが、私の情報場は大きく動きました」という言葉中の「情報場」に相当します。

コーチングは「過去の記憶でつくられた情報場(可能世界w0)からゴールが生みだす情報場(可能世界w1)への移動を促す」というものです。

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 今回は「短いやり取りではありますが」の部分。その間に起こった「非言語による一瞬の内部表現書き換え」について言語化します。

F-111:情報が書き換わると現実が変わる vol.2;非言語編

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/20173981.html

 

 *こちらもどうぞ↓

 L-08220213… -05;「非言語」が重要なのはなぜ?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30102311.html

 

 

 私が体験した「非言語による一瞬の内部表現書き換え」は、「少し間をあけて」の部分で起こりました。「〇〇〇〇の生成」を介して。

 

 以下、認知科学者 苫米地英人博士の著書「オーセンティック・コーチング ~本物のコーチング~」(サイゾー、p116)から引用します。「〇〇〇〇の生成」をイメージしながら読み進めてください。

 

 

 非言語コミュニケーションは特殊な技術ではありません。これは人が人に対して影響力をどうやって与えるかという話で、世間一般で頻繁に使われているものなのです。

 日常生活の中にもありますし、私たちが気づかずにいつもやっていることの中にもあります。

 人の心に内省言語を生み出すことは少し敏感になれば誰でもできます。例えば、最もわかりやすいのがCMです。多くのCMがしているのは商品の正しい説明ではなく、視聴者に恐怖を植え付けることです。「その洗濯物臭っていませんか?」「いつまで太っているつもりですか?」「まな板は雑菌だらけ」などなど、これが第一声でどこにも商品の説明はありません。

 でも、視聴者の心には「これは聞いておかないとマズいかも」という内省言語が発生しています。発生したら、そこで初めて商品説明が始まります。

 ひと目惚れのテクニックでも同様です。

 以前、私は、意中の会社の同僚を振り向かせるテクニックとして「趣味のキーホルダー」というのを紹介したことがあります。

 これは、意中の彼が釣り好きで、その彼に興味を持ってもらうために釣りを学ぼうとしていた女の子からの相談でした。彼女は釣り好きの彼に「自分も釣りを始めました」と告げようとしていたので「やめておきなさい」と私は言っておきました。「その彼を本当にゲットしたいのであれば、あなたが本当に釣りを好きになるだけでいいんですよ」と。

 数ヶ月後、その女の子はその彼と一緒に釣りに行くことになったそうです。しかも、誘ってきたのは彼のほうだといいます。きっかけは彼女がキーホルダーに使っていたミニチュアの釣り竿で、彼の方から「これって〇〇〇のレプリカ?」と声をかけてきたそうです。

 彼女は何ひとつ言葉を使っていません。ただ、ちゃんと釣りを好きになっただけです。人の心を動かすとはこういうことです。

 それを「コミュニケーションの仕方を学びましょう」「こう言われたらこう返しましょう」「部下とのコミュニケーションはこうしましょう」などというのはあまりにも人をバカにしています。

 心の本質を捉える基本中の基本は相手に内省言語を引き起こすこと。いかにそれを言語を使わないで引き起こすのかということが極めて重要なのです。

 そして、それはまさにスコトーマの原理であり、非言語の本質はRASのシステムの裏表ということです。

 引用終わり

 

 

心の本質を捉える基本中の基本は相手に内省言語を引き起こすこと。いかにそれを言語を使わないで引き起こすのかということが極めて重要

 それはまさにスコトーマの原理であり、非言語の本質はRASのシステムの裏表

 

 そう、「〇〇〇〇の生成」の〇〇〇〇とは「内省言語」のこと。

 田島コーチが少し間を開けたことで(縁)、私の頭の中ではこのような内省言語が生成されました(起)。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 

 きっと私のスコトーマ外しをされている。(私が)見失っていることは何だろう?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 その内省言語を足掛かりに、前回取り上げた「コーチング=縁起に関わる」のイメージが湧きあがり、情報場の移動がおこり、“あること”に気がつきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5165888.html

 

 ちなみに、「情報場」とは「情報空間」における特定の座標のこと。

(情報空間はこちら↓)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

 情報場を移動して気づいた“あること”については、次回以降まとめます。その代わりに、別の「非言語&言語による書き換え体験」を紹介します。

 

 

 私は今も鹿児島在住です。

医師としては昔のようなhard workではありませんが、それでもなかなかまとまった時間の確保ができません。さらにコロナ禍以降は移動も自由にできなくなり、苫米地博士や仲間のコーチと直接お会いする機会がなくなりました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

 幸い昨秋より再び上京できるようになり、久しぶりに田島コーチや青山コーチと物理空間(4次元時空)を共有させていただきました。そして、苫米地博士とも。

そんな状況(ゲシュタルト)での会話です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 

 

 苫米地博士:東京にいる間はどこに住んでるの?

 

 CoacH T:住んではいないです(苦笑)。〇〇に泊まっています。

 

 博士:アハハハッ(楽しそうに爆笑)

 

 

 会話中、私は強烈な“めまい”に襲われました。それは昔よく感じていた「ふわふわする」ような浮動性めまい。

 F-195:新たな概念「PPPD」の考察

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26301730.html

 

 その時に生じた内省言語が

 

これが「クライアントを現状に縛るブリーフシステムがどういうものなのかを探りつつ、それを超える内省言語を引き起こす」だ!

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 そんな内省言語に気づくと同時に、私をいまだ現状に縛るブリーフ=自我に触れた気がしました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

博士の導きによりw0からw1への情報場(=CZ)の移動が起こり、結果として、ブリーフシステム=自我=関数pが書き換わったのでしょう。

そのダイナミックな変化を“めまい”として感じたのだと思います。

(*重要なポイントなのでもう一度リンクを貼ります↓)

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 では、ここで再度「オーセンティック・コーチング」から引用します。先程引用した部分のつづきです。

 

 

 ですから、当然、非言語コミュニケーションは声を出してもいいのです。相手のRASがカクテルパーティー効果のようにこちらの声を消してくれるのならそれでいいというわけです。こちらから働きかけていることが相手の意識に上がってさえこなければ、声を出してもいいのです。

 実際、私がコーチングをする際、あまり話はしません。話しているのはクライアントのほうです。

 私はクライアントの話の内容に興味があるわけではありません。クライアントを現状に縛るブリーフシステムがどういうものなのかを探りつつ、それを超える内省言語を引き起こすように聞いています。

 逆に、クライアントは自分が変わっていることを自覚できません。ですから、「博士、もっとアドバイスをください」と言います。時には怒ったりもします。そこで私は「あなたはもう変わっていますよ」と告げ、セッションの最初の頃と比べて変わったところをいくつか伝えます。クライアントは自分が変わっていることを、その時初めて理解するのです。

 ブリーフシステムが変わるというのはこういうことなのです。

 引用終わり

 

 

ブリーフシステムが変わるというのはこういうこと

 

 次回からはブリーフシステムの書き換えとともに起こることがテーマ。それは「私のまわりではそうでもないです」をひろげていく“鍵”となるもの。お楽しみに。

 (待ちきれない方はこちらw↓)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

Q-310につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

心の本質を捉える基本中の基本は相手に内省言語を引き起こすこと。いかにそれを言語を使わないで引き起こすのかということが極めて重要。それはまさにスコトーマの原理であり、非言語の本質はRASのシステムの裏表

 

 詳しくはこちらでどうぞ↓

 Q-279~:今までRASとスコトーマは「認識しているものの中から何を選ぶか?」という話だと思っていました

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_422026.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 最終回(R5.4/2開催)のテーマは「抽象度」。詳細はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30969181.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

Q-103:あがり症は克服できますか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19152931.html

Q-119:「ありのまま」とは?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/20779462.html

Q-120:情報空間の移動と身体の軸について

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/20874002.html

Q-236:アウトプット自体が苦手。恐怖心に近いです

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28179398.html

Q-293:私のような凡人にはとてもできそうになく、悶々とした日々を過ごしています

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30321962.html

 

 

オーセンティック・コーチング



Q-310:私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんけどvol.5:コレクティブ・エフィカシー -前編-

 

今回は“型破りver.2”です。

 (ver.1はこちら↓)

 Q-300~:「心身相関」と「超情報場理論」

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_423993.html

 

先日、久々に苫米地式コーチング認定グランドマスターコーチ 田島大輔さんと御一緒しました。御挨拶しながら、私はこのような質問をさせていただきました。

 

 QCoacH T):最近、私のまわりではネガティブな言動が増えているような気がするのですがいかがですか?

 

 少し間をあけて、田島コーチはこのように回答されました。

 

 A(田島コーチ):私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんが。

 

 短いやり取りではありますが、私の情報場は大きく動きました。そして、コーチング理論のコアに触れた気がしました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 その体感を3つのテーマに分けて言語化し、最後にもう一段抽象度を上げてまとめます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 vol.1:コンフォートゾーン -前編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30925409.html

 vol.2:コンフォートゾーン -中編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30976461.html

 vol.3:コンフォートゾーン -後編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30996032.html

 vol.4:内省言語>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31022550.html

 vol.5:コレクティブ・エフィカシー -前編-

 

 

 田島コーチが少し間を開けたことで(縁)、私の頭の中ではこのような内省言語が生成されました(起)。

 

 きっと私のスコトーマ外しをされている。(私が)見失っていることは何だろう?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 その内省言語を足掛かりに、前々回(Q-308)取り上げた「コーチング=縁起に関わる」というイメージが湧きあがり、情報場の移動がおこり、“あること”に気がつきました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5165888.html

 

 その“あること”に気がついたことで、「私のまわりではそうでもないです」をひろげていく秘訣、もっというとコーチングの真髄に触れた気がしました。

 

キーワードは「エフィカシー(Efficacy)」です。これから3回にわたってまとめます。

 

 ところで、このシリーズの最初に取り上げたコンフォートゾーン(Comfort ZoneCZ)とエフィカシー(Efficacy)の関係はクリアですか?

 

 以下、苫米地博士の著書「全速脳 ~脳は鍛えると100倍加速する」(宝島社、p97)より引用します。

 

 

 3-02 ゴールを実現するために重要な2つの概念

 第1章で説明したように、人の意識の中にある「居心地がよく自然に振る舞える範囲」のことを、認知科学ではコンフォートゾーンといいます。そして、そのコンフォートゾーンのレベルのことをエフィカシーと呼びます。エフィカシーは、自分のゴール達成能力の自己評価と言い換えられます。じつはこの2つの概念はゴールを実現させるのに非常に大切な役割を果たすのです。

 例えば、「自分だったら、どんなに頑張っても年収400万が限界かな」というエフィカシーを持っている人は「年収400万」がその人のコンフォートゾーンということになります。そして、困ったことに、コンフォートゾーンにどっぷり浸かると、心の中にスコトーマ(心理的盲点)が生じ、「年収400万」の世界しか視野に入らず、「年収1000万円」の世界は見えなくなる――すなわち、年収1000万円を稼ぐ方法がわからなくなってしまうのです。

 

 コンフォートゾーンはその語義通り、本人にとってとても居心地がいい場所です。ですから、わざわざその場所から抜け出して、あえて不快な状態に身を置くことを人は本能的に避けます。

 

 また、対象や出来事がコンフォートゾーンから外れると、良い方に外れても、悪い方に外れても、無意識はそれをあらかじめ設定された元の状態に戻そうとします。これはちょうど運動後の体温の上昇を戻すために汗をかいたりする作用(=ホメオスタシス)に似ています。

 

 もし、あなたが1000万円稼ぐことをゴールにしていたら、今のコンフォートゾーンから抜け出る必要がありますが、前述の理由によって、それは極めて困難です。

 

 しかし方法はあります。

 

 それは「やりたいこと」「なりたい自分」のゴールを設定して、「自分は当然1000万円を稼ぐ人間になるべき存在」と思うことです。「1000万円を稼げる自分」というエフィカシーを持てば、自然とコンフォートゾーンが「年収1000万円」の世界に移行し、スコトーマが外れて、1000万円を稼ぐための道筋が見えてくるでしょう。

 

 ちょっと考え方を変えるだけで、劇的に今の自分から新しい自分になれるのです。

 

 まとめ

 エフィカシーを高めてコンフォートゾーンをずらせば、ゴールは実現できる

 引用終わり

 

 

コンフォートゾーンのレベルのことがエフィカシーであり、エフィカシーを高めればゴールが実現できる

 

 教科書的には、エフィカシーとは「自分のゴール達成能力の自己評価」のことです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 それを苫米地博士は「コンフォートゾーンのレベル」と言い換えていらっしゃいます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 コンフォートゾーンについて突きつめて考えると、それ(CZ)は「コーチとの縁起によって高まるゴール側の臨場感」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 *しっくりこない方はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30996032.html

 

 つまり、エフィカシー = 「コーチとの縁起により高まるゴール側の臨場感」のレベル

 

 

 田島コーチが少し間をあけられたことで(縁)、そのようなイメージが湧きました(起)。

少しややこしいですが、「エフィカシー=『コーチとの縁起により高まるゴール側の臨場感』のレベル」というイメージ(I)の臨場感が上がった(V)感じw

 PM-02-19:夢をかなえる方程式 I×V=R

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

 きっと臨場感のレベル=エフィカシーが上がったからでしょう、私は「まわりでネガティブな言動が増えているような気がする」という認識&言葉を生みだした自らの思考に気がつきました。

 L-067202011… -02思考の3つの軸(Three Dimensions of Thought

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28959379.html

 

Q-311につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 最終回(R5.4/2開催)のテーマは「抽象度」。詳細はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30969181.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-070:「夢をかなえる方程式 I×V=R」のとおり、本当に夢が現実化した一例 ~映画「メジャーリーグ」~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/15096276.html

F-227:ジョコビッチのwp

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28113432.html

F-253Corona Panicに打ち克つ ~ビジュアライゼーションによるゴール達成法~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/29357204.html

Q-196:未来の抽象度の高いイメージ(I)を臨場感高く想像すれば(V)実現する(R)と考えていました

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25936863.html

 

 

全速脳 ~脳は鍛えると100倍加速する

Kindle版はこちら↓

速脳〜脳は鍛えると100倍加速する | 苫米地英人 | 個人の成功論 | Kindleストア | Amazon

 



Q-311:私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんけどvol.6:コレクティブ・エフィカシー -中編-

 

今回は“型破りver.2”です。

 (ver.1はこちら↓)

 Q-300~:「心身相関」と「超情報場理論」

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_423993.html

 

先日、久々に苫米地式コーチング認定グランドマスターコーチ 田島大輔さんと御一緒しました。御挨拶しながら、私はこのような質問をさせていただきました。

 

 QCoacH T):最近、私のまわりではネガティブな言動が増えているような気がするのですがいかがですか?

 

 少し間をあけて、田島コーチはこのように回答されました。

 

 A(田島コーチ):私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんが。

 

 短いやり取りではありますが、私の情報場は大きく動きました。そして、コーチング理論のコアに触れた気がしました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 その体感を3つのテーマに分けて言語化し、最後にもう一段抽象度を上げてまとめます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 vol.1:コンフォートゾーン -前編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30925409.html

 vol.2:コンフォートゾーン -中編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30976461.html

 vol.3:コンフォートゾーン -後編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30996032.html

 vol.4:内省言語>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31022550.html

 vol.5:コレクティブ・エフィカシー -前編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31049084.html

 vol.6:コレクティブ・エフィカシー -中編-

 

 

エフィカシー = 「コーチとの縁起により高まるゴール側の臨場感」のレベル

 

 田島コーチが少し間をあけられたことで(縁)、そのようなイメージが湧きました(起)。少しややこしいですが、「エフィカシー=『コーチとの縁起により高まるゴール側の臨場感』のレベル」というイメージ(I)の臨場感が上がった(V)感じw

 PM-02-19:夢をかなえる方程式 I×V=R

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

 きっと臨場感のレベル=エフィカシーが上がったからでしょう、私は「まわりでネガティブな言動が増えているような気がする」という認識&言葉を生みだした自らの思考に気がつきました。

 L-067202011… -02思考の3つの軸(Three Dimensions of Thought

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28959379.html

 

 そう、私の思考が「まわりでネガティブな言動が増えている」を生みだしていたのです。RAS&スコトーマの働きによって。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721658.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 

 目の前の世界(宇宙)は、観測者(認識主体)と目の前の事象の双方向の縁起により存在する

 

 それが私たちが存在する(と感じている)宇宙の理。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

その大切な理を、私は忘れてしまっていました。

 F-034~:「何もないところからレンブラントを発見」は正しい?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_268332.html

 

もちろん、「ネガティブな言動が増える」という世界(宇宙)は、私のゴール側のCZ(=可能世界w1)ではありません。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 それなのに「まわりでネガティブな言動が増えている」と感じてしまったのは、エフィカシーが不当に下がっていたからでしょう。私らしくなく。

 

エフィカシーの定義は「ゴールを達成する自己能力の自己評価」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 ゴールは、もちろん、自分の自由意思で設定するもの。心から望むものであり、止められても成し遂げたいことです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 ゴール達成のためには、結果として、これまでのブリーフシステムを書き換える必要があります。なぜなら、ゴールは必ず“現状の外”にあるから。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 *「結果として」の意味は? 参考にこちらをどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 もちろん、ブリーフシステムを変えるのは自分自身です。よって、エフィカシーとは「“自分”を自由自在に書き換える能力に対する自己評価」と考えることもできます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

 では、“自分”とは?

 

 答えは「関係によって浮かび上がってくるネットワーク」のこと。様々な縁起が時空を超えて交叉する中心点が“自分”です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353425.html

 

 よって、ゴールのポイントのひとつ「自分中心を捨て去る」とは、「抽象度を上げながら“自分”を拡大し、再定義していく」ことと同意です。

 Q-221:ゴール設定のポイントについて確認させてください

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27497249.html

 

 *抽象度はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 

 より抽象度の高い縁起を臨場感豊かに“自分”と感じられる感覚

 

 その感覚が、田島コーチとの御縁により私が感じた“あること”です。

それは「コーチとの縁起により高まるゴール側の臨場感」だったはず。そしてそれは「コレクティブ・エフィカシーの体感」ともいえるはずです。

 

 最後に、苫米地博士の著書「オーセンティック・コーチング ~本物のコーチング~」(CYZOp128)から引用します。テーマは「コレクティブ・エフィカシーの世界」。Feel

 

 

 以上がエフィカシーに関する説明となりますが、実は本題はここからです。

 いままで説明したエフィカシーはいわばセルフ・エフィカシーで自分の話です。しかし、自分の話であれば、本章の冒頭で話しているように、「自分のことなのだから自分で上げましょう」で済む話なのです。

 そもそも一人前の大人が自分のエフィカシーを上げられないなどということは本来ありえないのです。一時的に情動優位な状態になったがためにエフィカシーが上がらない状態になっているかもしれませんが、前頭前野が活性化してくるに従ってエフィカシーも自然に上がってきます。また、どうしてもうまくいかない場合は、『まずは親を超えなさい!』などの既刊本を参考にするのもいいでしょう。要は、自分のエフィカシーが上がるとか、上がらないとか、という話は、皆さんが思っているほど重要ではないのです。もちろん、これはセルフ・エフィカシーを疎かにしてもいいということではありません。私がいま言っているのは、「自分で上げれば上げられるのがエフィカシーであるのに、いつまでエフィカシーが上がらないとボヤいているのか」ということです。そんなふうに自分のエフィカシーを上げることばかりに意識を集中していると、逆に自我にこだわり過ぎる結果となってしまいます。

 エフィカシーで重要なことは上がったとか下がったとかいうことではありません。高めたエフィカシーをどう使うか、なのです。

 

 これまでエフィカシーと言えば、「自分のゴールを達成する自己能力の自己評価」でした。

 これをしっかり自覚することで自分に自信が持てるようになり、ゴールを達成できる能力や方法を獲得することが可能になります。

 では、そんなエフィカシーを持つ人間が何人も集まったらどうなるのでしょうか? 当然、相乗効果を生み出して自分が思ってもみなかったゴールが現れてくるでしょう。

 実をいうと、いま私はこれを体験している真っ最中です。

 詳しいことはまだ明かせませんが、昨年、私は新しい国を2つ作りました。国と言ってもリアルなものではなく、インターネット上に存在するサイバー国家です。しかし、これがうまく機能すれば、少数民族の人々の安全や幸せに暮らす権利を守ることができるのです。しかも、ある国がそれぞれのサイバー国家に5000ヘクタールずつ寄付してくれたのでいまは領土まであります。早ければ、本書が出る頃にはなんらかの発表ができているかもしれません。

 国を作るというゴールは少数民族の人々を助けたいというゴールから派生しています。この少数民族の人々を助けたいという思いについては既に30年以上前からずっとゴールとして設定し、活動しているもので、そのために少数民族の人々が暮らす地に何度も飛んでいます。彼らが何を必要とし、何に困っているのかは実際、彼らと会って話さないとわからないからです。

 ただし、そのことで何か私に得があるかといえば、金銭的なものでいえば、皆無です。逆にお金は出ていくばかりです。しかし、これは私の社会貢献のゴールであり、どうしても達成したいゴールなのです。

 一方で、私のゴールには「世界から戦争と差別をなくす」というものがあります。これも重要なゴールで、達成させるためには、やはり世界中を飛び回ることになります。その活動の一つとして、ある時、私はノーベル平和賞の授賞式イベントに参加することになりました。すると、そこに世界中でサイバー国家を運営している人々とその支援者たちも多く集まっていたのです。国家元首もいました。

 彼らに私は、かねてから考えていた「少数派民族の人々をサイバー国家のプロジェクトで助けたい」という話をしたところ、多くの賛同を得ることができ、建国の話はいきなり動き始めたのです。その後、コロナの世界的蔓延で一時中断を余儀なくされはしましたが、インターネットでの会議でなんとか建国まで進みました。

 さて、このプロジェクトですが、私のエフィカシーが高いから実現したのでしょうか?

 もちろん、それはあるといえばあるでしょう。しかし、私の力だけではここまで現実的な話にはならなかったでしょう。大切なのは国家元首をはじめとする仲間たちのエフィカシーも私同様に高かったことにあります。

 一人の力というのはたかが知れているのです。高いエフィカシーを持った人間が多数集まった時に突然、大きな力となるのです。

 この事実からわかることは、自己能力の自己評価を高めて自分のゴールを達成しましょう、という発想は、実は大した話ではないということです。それはどこまでいっても自分の中の話で、自分という“現状”の外側に出ることはありません。

 しかし、高いエフィカシーを持つ多くの者が集まれば、乗数的にエフィカシーが高まり、まさにこれまでの見たこともないようなゴールが立ち上がってくるのです。

 本当のゴールとは自分を遥かに超えたところにあるものです。だからこそ、とてつもないゴールなのです。

 私は読者の皆さんも早くそこに到達してほしいと思っているのです。

 この章の最初に「エフィカシーを高めるのは簡単だ」「自分のことなんだから自分でできるはず」と突き放すようなことを言ったのは、早く一緒にこの世界を見たいからです。

 エフィカシーを高めることも、とてつもないゴールを設定することも、自分ひとりの能力でできることは実はそれほど大したことではないのです。

 もっと面白いこと、もっと凄いこと、もっと刺激に満ちたことは、自分を超えた先にあります。コーチングのコアとはここなのです。

 考えてみれば、一人のエフィカシーを高めて実現できることにはどうしたって限界があります。しかし、高いエフィカシーを持つ人々が集まることで、まさに思ってもみなかった、現状の外側のゴールに迫っていくことができます。この高いエフィカシーを持つ仲間が集まることを集団的エフィカシー=コレクティブ・エフィカシーといいます。

 自分のIQを上げていく。エフィカシーを上げていく。こういったセルフ・エフィカシーの概念を理解し、高いエフィカシーを持つことはいままで同様重要です。しかし、エフィカシーはそこで終わりではありません。高いエフィカシーを持つ者が集まることによって、さらにとてつもない世界が開けてきます。

 考えてみればそれも当たり前で、高いエフィカシーを持つ者が集まれば、互いが互いのスコトーマを補完し合うことができ、見渡せる世界が一気に広がるのです。また、相手のスコトーマが見えるということは互いが互いのコーチとなって、さらなる現状の外のゴールを設定することが可能となります。

 それがコレクティブ・エフィカシーの世界です。

 引用終わり

 

 

 互いが互いのコーチとなって、さらなる現状の外のゴールを設定する

 

 今、求められているのは、そんな「コレクティブ・エフィカシーの世界」。

 F-026:最近の研究・調査で明らかになった日本の課題とその解決法

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8430748.html

 

 その先に待つのは「〇〇があたりまえとなっている世界」

 

Q-312につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

そう、私の思考が「まわりでネガティブな言動が増えている」を生みだしていたのです。RAS&スコトーマの働きによって

 

 そんな私の思考は、例えばコロナ(&ワクチン)に代表されるような社会的課題(case)との双方向性の考察(plan-side)により培われていたはず。

 F-281~:「社会が変わってしまう」~あるワクチンの話~

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_424261.html

 

 もちろん、すべては「空(くう)」。その理解と体得が基本中の基本

 

 そんなことも感じました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 R5.4/2に予定していた最終回「抽象度」は中止することになりました。御了承ください。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30969181.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

L-03520204… -04:エフィカシーとは縁起の結実の確信

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26686871.html

Q-236:アウトプット自体が苦手。恐怖心に近いです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28179398.html

Q-251:最近席を譲られることが多いのですが、恐縮してしまいます。エフィカシーが高い方はどう思うのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28572935.html

Q-297:弟子にしてください

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30430928.html

 

 

オーセンティック・コーチング



Q-312:私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんけどvol.7:コレクティブ・エフィカシー -後編-

 

今回は“型破りver.2”です。

 (ver.1はこちら↓)

 Q-300~:「心身相関」と「超情報場理論」

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_423993.html

 

先日、久々に苫米地式コーチング認定グランドマスターコーチ 田島大輔さんと御一緒しました。御挨拶しながら、私はこのような質問をさせていただきました。

 

 QCoacH T):最近、私のまわりではネガティブな言動が増えているような気がするのですがいかがですか?

 

 少し間をあけて、田島コーチはこのように回答されました。

 

 A(田島コーチ):私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんが。

 

 短いやり取りではありますが、私の情報場は大きく動きました。そして、コーチング理論のコアに触れた気がしました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 その体感を3つのテーマに分けて言語化し、最後にもう一段抽象度を上げてまとめます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 vol.1:コンフォートゾーン -前編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30925409.html

 vol.2:コンフォートゾーン -中編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30976461.html

 vol.3:コンフォートゾーン -後編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30996032.html

 vol.4:内省言語>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31022550.html

 vol.5:コレクティブ・エフィカシー -前編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31049084.html

 vol.6:コレクティブ・エフィカシー -中編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31078775.html

 vol.7:コレクティブ・エフィカシー -後編-

 

 

 互いが互いのコーチとなって、さらなる現状の外のゴールを設定する

 

 今、求められているのは、そんな「コレクティブ・エフィカシーの世界」。

 PM-02-02:エフィカシー

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 その先に待つのは「〇〇があたりまえとなっている世界」

F-026:最近の研究・調査で明らかになった日本の課題とその解決法

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8430748.html

 

 

 今回は「〇〇があたりまえとなっている世界」がテーマ。

 「〇〇」を明らかにする前に、まずは「コレクティブ・エフィカシー」について確認しましょう。以下、苫米地式コーチング認定グランドマスターコーチ 田島大輔さんの著書「マインドの教科書」(開拓社、p288)より引用します。

 

 

 コレクティブ・エフィカシー(Collective-Efficacy

 集合的なエフィカシー

 

 コレクティブ・エフィカシーには2種類あります。

 一つは、高いエフィカシーを持った個人が集まることにより、お互いがお互いのゴールの存在を認め合い、お互いのエフィカシーをさらに高め合う状態のことです。

 もう一つは、同じゴールを共有した組織の構成員による集合的なエフィカシーのことです。組織の構成員それぞれが組織のゴールを達成できるという高いエフィカシーの状態にあることです。組織が高いゴールを達成するためには、高いコレクティブ・エフィカシーが必要となります。

 

マインドの教科書

 

 

 前々回(Q-310)考察したとおり、エフィカシーは「『コーチとの縁起により高まるゴール側の臨場感』のレベル」とも考えることができます↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31049084.html

 

 さらに前回(Q-311)は、「互いが互いのコーチとなって、さらなる現状の外のゴールを設定する」ことで「コレクティブ・エフィカシーの世界」となることを確認しました↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31078775.html

 

 そのコレクティブ・エフィカシーが、「現在のコンフォートゾーンが維持される状態で、少しずつの変化を好む」という人の心理特性が生みだす「既得権益だけが肥大する社会」「差別がはびこる世界」という問題(課題)を解決するはず!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12658417.html

 

 以下、苫米地博士の著書「オーセンティック・コーチング ~本物のコーチング~」(CYZOp133)から引用します。前回(Q-311)引用分の続きです。Feel

 

 

 ◎コレクティブ・エフィカシーの時代

 ところで、皆さんはトロッコ問題というのを聞いたことがあるでしょう。

 ハーバード大学の講義で有名になった問題で、「二股に分かれた線路の左側には人間が5人、右側には人間が1人います。トロッコはブレーキが壊れているため、右か左、どちらかにハンドルを切ることになるのですが、あなたならどちらを選びますか?」という問題です。

 ハーバードの学生たちはハンドルをどちらに切ることもできず、時間切れが相次ぎました。

 さて、あなただったらどうしますか?

 たぶん、答えは出ないでしょう。

 もう一問、線路の右側に見知らぬおじさん、左側に自分の父親がいたら、どちらにハンドルを切りますか?

 たぶん、多くの人が右にハンドルを切るでしょう。苦渋の決断とはいえ、どちらを優先させたいと思うかは明らかです。

 しかし、それは正しいことなのか? と問われれば、正しいと言える人はなかなかいないでしょう。

 ところが、昨今の世界的風潮は自分の父親を助けるのであればハンドルを右に切るのは当然だという方向に動いています。

 特に最近のアメリカで進む分断化は社会全体がこの傾向に進んでいるために起きていることのように感じられてなりません。

 「ここは白人の土地だ、黄色人種も黒人も出ていけ」「白人には白人の権利がある」なのです。それでいいわけがありません。

 では、「黒人には黒人の権利がある」が正しいのか、といえば、それも違います。なぜなら、言い方が違うだけで主張はまったく同じだからです。

 事実、黒人と白人を入れ替えてみればわかります。

 「ここは黒人の土地だ、黄色人種も白人も出ていけ」

 立場が入れ替わっただけでまったく同じです。もちろん、互いの立場が大切なのだという意見があるのはわかりますし、黒人はこれまで虐げられてきたのだから、権利を主張して当然だというのもわかります。

 しかし、やっていることはどこまでいっても同じです。この考え方は抽象的な考えを一切許さない、白黒はっきりつける考え方です。

 しかし、間違っているのは、そんな議論があることそのものです。本来ならば、どっちが大事という話ではなく、どちらも大事なはずです。

 ですから、私は提案したいのです。「そろそろ『どっちが大事なんだ』の世界から出ませんか?」と。

 「どちらかが大事だという世界の現状の外側に出て新しいゴールを設定しませんか?」と。

 それができるのがコレクティブ・エフィカシーなのです。

 いま私たちが住むこの世界は崇高な世界では決してありません。しかし、だからこそ、安易な結論に手を伸ばしてはいけないのです。答えなどない世界において、答えを出すことが重要ではなく、考え続けることが重要なのです。トロッコ問題とは考え続けることの重要性を理解するための問題だと私は思っています。

 私たちが目指さなければいけない世界は差別が最初からない世界です。そういう世界では差別という言葉も概念もないのですから、「差別って何?」という世界なのです。

 ところが、いまはその逆で、「差別をなくそう」と言うことで新しい差別を作り出しています。こういった考え方がなくならないから、差別はいつまでたってもなくならないのです。逆に差別のある現状が固定化されてしまいます。そんな現状に縛られた状態でゴールを設定したらどうなるでしょうか? ますます現状が固定化されてしまうでしょう。

 これを打ち破るのにはどうしたって一人の力では無理なのです。

 引用終わり

 

 

 どちらかが大事だという世界の現状の外側に出て新しいゴールを設定しませんか?

 

 「どちらかが大事だという世界」を生み出すのは、「抽象的な考えを一切許さない、白黒はっきりつける考え方」。それは「抽象度を上げる」「抽象度が上がる」という発想が欠けた排中律(はいちゅうりつ)です。

 F-231~3錠じゃないと飲まん!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418468.html

 

 苫米地博士は排中律的な考え方を詭弁かつ危険と評され、「無理矢理な視点の変え方では脳が納得しない」と諭されます。

 脳が納得するのは視点が上がるとき。「視点が上がる」は、「抽象度が上がる」「抽象度を上げる」と同義です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 抽象度を上げて、上から俯瞰するように物事を眺める

 

 その感覚で生きていると、すべてがクリアに感じられます。「どっちでもいい」「どうでもいい」をはるかに越えたところで感じる「違いがない」「まったく同じ」という感覚(=空観)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

私はそのような境地を“無敵”と定義しています。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5446097.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5448151.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615695.html

 

 そう、“無敵”!

 「互いが互いのコーチとなって、さらなる現状の外のゴールを設定する」というコレクティブ・エフィカシーの先に待つのは「“無敵”があたりまえとなっている時代」

その実現がコーチングの究極の機能である!

 

 田島コーチとの御縁により、私はそのような確信を深めました。

 

Q-313につづく)

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

田島コーチとの御縁により、私はそのような確信を深めました

 

 そんな私との縁で皆さまが何かを得て、それをひろげていきながら新たなゴールを実現していくことがコレクティブ・エフィカシーです。

コーチングマインドを極め抽象度の高いゴールを追究する者どうしの縁起のパワーが、「“無敵”があたりまえとなっている時代」を実現するのだと思っています。

Q-204~:「縁起」と「因果」

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_413308.html

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 R5.4/2に予定していた最終回「抽象度」は中止することになりました。御了承ください。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30969181.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

I-014:「実際に起きたこと」の場を共有して ~コレクティブエフィカシーの体感~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10542541.html

F-254~:イノベーションがうまれるとき

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_421781.html

Q-082181122福祉講演会(鹿児島県)-04

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/16379995.html

Q-163:臨場感が薄れても高い抽象度のゴールを<コーチング実践者向け vol.4

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/24124167.html

 

 

オーセンティック・コーチング



Q-313:私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんけどvol.8:レベルの高いコーチングは

 

今回は“型破りver.2”です。

 (ver.1はこちら↓)

 Q-300~:「心身相関」と「超情報場理論」

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_423993.html

 

先日、久々に苫米地式コーチング認定グランドマスターコーチ 田島大輔さんと御一緒しました。御挨拶しながら、私はこのような質問をさせていただきました。

 

 QCoacH T):最近、私のまわりではネガティブな言動が増えているような気がするのですがいかがですか?

 

 少し間をあけて、田島コーチはこのように回答されました。

 

 A(田島コーチ):私のまわりではそうでもないです。私が気づいていないだけかもしれませんが。

 

 短いやり取りではありますが、私の情報場は大きく動きました。そして、コーチング理論のコアに触れた気がしました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 その体感をこれまで3つのテーマに分けて言語化してきました。3つのテーマとは「コンフォートゾーン」「内省言語」「コレクティブ・エフィカシー」。

 

 vol.1:コンフォートゾーン -前編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30925409.html

 vol.2:コンフォートゾーン -中編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30976461.html

 vol.3:コンフォートゾーン -後編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30996032.html

 vol.4:内省言語>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31022550.html

 vol.5:コレクティブ・エフィカシー -前編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31049084.html

 vol.6:コレクティブ・エフィカシー -中編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31078775.html

 vol.7:コレクティブ・エフィカシー -後編-

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31102405.html

 vol.8:レベルの高いコーチングは

 

 

今回はもう一段抽象度を上げてまとめます。じつは、この「抽象度を上げて」という感覚そのものが、田島コーチとの縁で感じた体感です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 ところで、苫米地博士の著書「Dr.苫米地の『脳力』の使い方」(徳間書店、p208)には、このような教えが書かれています。

 

 

 レベルの高いコーチングは、いきなり抽象度の高い方法で、相手の潜在能力を引き出し、この「超情報場」を変化させて、問題の解決を図ることになる

 

Dr.苫米地の「脳力」の使い方

Kindle版はこちら↓

Dr.苫米地の「脳力」の使い方 | 苫米地英人 | 個人の成功論 | Kindleストア | Amazon

 

 

 私の体験はまさにこれ!

 

 「レベルの高いコーチング」を「非言語による一瞬の内部表現書き換え」として経験しました。それは「少し間をあけて」の短い時間での「内省言語の生成」によって起こりました↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31022550.html

 

 まさに「いきなり」=「一瞬」という感覚。

その「いきなり」=「一瞬」は、「人間の一瞬の心の中に、現在、過去、未来のすべての現象が入っている」という“一念三千”の体感でもありました。

F-243:人は、生きている時は自分の心の中、亡くなると親しい人の心の中にいる

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28791954.html

 

今回の経験における「抽象度の高い方法」とは「非言語」、つまり言語抽象度を超えた「方法」です。

 L-08220213月シークレットレクチャー -05;「非言語」が重要なのはなぜ?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30102311.html

 

 言語抽象度を超える過程で、私の思考は左脳→右脳言語野に変わっていたはず。

 Q-304:どうやったらすべての目標を結びつけることができるのでしょうか? <Ops編;〇〇〇化>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30891147.html

 

 その「右脳言語野」での思考をわかりやすく表現すると、「何となく」という体感でしょうか。

 L-08520213月シークレットレクチャー -08;「feel」の体感

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30185249.html

 

 「相手の潜在能力を引き出し」は、これまでのブリーフシステムを超越するという“リミッター解除”のこと。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721531.html

 

 私は、その“リミッター解除”のための重要な条件が「気楽」だと思っています。詳しくはこちらでどうぞ↓

 F-284~:気楽 ver.2

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_424593.html

 

 「この『超情報場』を変化させて」は、「過去の記憶でつくられた現状の(可能)世界w0」から「新たな可能世界w1」への移動のこと。

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 「新たな可能世界w1」を生みだすのはゴール!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 「超情報場」=可能世界とはコンフォートゾーンのことでもあります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 そして、その「超情報場」=可能世界=コンフォートゾーンとは、「コーチとの縁起により高まるゴール側の臨場感」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 *詳しくはこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30925409.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30976461.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30996032.html

 

 最後の「問題の解決(を図る)」は、もちろん、クライアント自身のマインドで起こります。RAS&スコトーマがダイナミックに変化することによって。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721658.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 ちなみに、「RAS&スコトーマの変化」というのは、「コップの水が半分しか」から「半分も」に変わるといった類のものではありません。視点を上げて「『コップ』の機能そのものを感じる」というものです。

 F-254~:イノベーションがうまれるとき

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_421781.html

 

 そのときに起こっているのは「ゲシュタルトの統合」。その結果、理解がより深まります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7383761.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628437.html

 

 苫米地博士は著書「『頭のゴミ』を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」(徳間書店、p204)内でこのような表現をされています。

 

 

 「ゴール」と「現状の自我」という抽象度の違う次元の間に、臨場感という橋を架けることで、現状の自我が認識できる部分情報とゴールの世界(全体)との間に双方向性が働いてゲシュタルトがつくられます

 

 

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!(Kindle版)

Kindle版はこちら↓

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! | 苫米地英人 | 個人の成功論 | Kindleストア | Amazon

 

 

 その「臨場感という橋」というイメージが、「コレクティブ・エフィカシー」と重なって感じられました。まさにゲシュタルトが再構築された感じで。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

コレクティブ・エフィカシー

 

 縁起が生みだす力は、さらなる縁起のつながりの中でひろがっていきます。

 つまり、「抽象度の高い方法で相手の潜在能力を引き出し、この『超情報場』を変化させて、問題の解決をはかる」が拡大するということ。詳しくはこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31049084.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31078775.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31102405.html

 

 その先にあるのは“無敵”!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5446097.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5448151.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615695.html

 

 

 以上が、「コーチング理論のコアに触れた」という体感の言語化です。「何となく」といったぼんやりとしたものを理論と紐づけながら言葉にしてみました。

 

 田島コーチと私の縁起(シナジー)が、皆さまにとっても「いきなり抽象度の高い方法で、相手の潜在能力を引き出し、この『超情報場』を変化させて、問題の解決を図る」という縁起になることを願っています。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

 

-追記-

 この原稿を書きながら思い出した苫米地博士との縁起(シナジー)を紹介します。

 

 博士に「今でも『東京に行く』と言ったらぶっ飛ばされそうです」と伝えたら、「妻からぶっ飛ばされそう」という意味に勘違いされましたw

 

 私が「ぶっ飛ばされそう」と感じているのは医療・介護従事者のこと。とくにコロナ(&ワクチン)禍以降、医療現場の緊張&疲弊はますますひどくなっています。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8164566.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8166289.html

 

 一方、妻や子どもたちは完全に私を受け入れてくれています。コーチとしてのゴールを共有してくれているから。そして、コレクティブ・エフィカシー。

 

 苫米地博士の働きかけにより、「私のまわりではネガティブな言動が増えているような気がする」の「私のまわり」から家族が除外されていることに気がつきました。

 F-034~:「何もないところからレンブラントを発見」は正しい?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_268332.html

 

そして、「すべて自分のマインドが生みだしている」ことや家族というカテゴリに関してはすでに「ゴール側の世界を生き、RAS&スコトーマをコントロールしている」ことを実感しました。

 Q-279~:今までRASとスコトーマは「認識してるものの中から何を選ぶか?」という話だと思っていました

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_422026.html

 

 これも「いきなり抽象度の高い方法で、相手の潜在能力を引き出し、この『超情報場』を変化させて、問題の解決を図る」ことの貴重な実体験。あらためて本物のコーチとの縁起の力を感じました。

 

 

-告知1

 2022年度のオンラインセミナー(全12回)を企画しました。

メインテーマは「夢が勝手にかなうマインドセット(“Matrix”)の構築 ~ReloadRevolution」。詳細はこちらでどうぞ↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28274321.html

 

 R5.4/2に予定していた最終回「抽象度」は中止することになりました。御了承ください。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30969181.html

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-244~:「ゴール」と「現状の自我」の間に臨場感という橋を架ける

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_420579.html

Q-219~:ゴールに対するスケジュールはたてますか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_415812.html

Q-230~:「財布を娘に盗られた」といった被害妄想がでている老人に対して、どのように対応すればよいでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_416986.html

 

 

 

このページのトップヘ