苫米地式コーチング認定コーチ CoacH T <タケハラクニオ> ブログ

認知科学者 苫米地英人博士に学びながら九州で活動するコーチ・ヒーラー・医師 CoacH T(タケハラクニオ)ブログ

カテゴリ:Q:質問等回答編 > 人生

Q-014:人生には、なぜゴールが必要なのですか?

 

ゴールの重要性、必要性に関しての質問をいただきました。

Q:人生には、なぜゴールが必要なのですか?

 

 A:私の答えは、「ゴールが目の前のすべてを生みだすから」です。

 

 ゴールがない人にとっての目の前の世界(宇宙)は、「昨日までの記憶により生みだされた現状」に過ぎません。ゴールがあったとしても、それが“現状の外”に設定されていなければ、その延長上にある未来は「現状(SQStatus Quo、ステイタス・クオ)」です。

 

 現状維持にひらめきや創造性は不要です。生きる力でさえ、さほど必要とはしていません。無意識にとっては。

 

 「I×V=Rhttp://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542364.html)」で紹介したとおり、認知科学以降「現実(Reality)」の定義は変わりました。

目の前の世界(宇宙)、すなわち「現実」をつくりだすものは臨場感を伴ったイメージです。「臨場感を伴ったイメージ」があなたにとっての「現実」です。

 

 臨場感は、もともと人間が持っている感覚能力がつくりだします。その感覚とは、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚の五感で得られる情報が生みだします。人間の場合、さらに言語情報が加わり、六つ(数学が得意な人は数学まで入れ七つ)の情報入力経路(モーダルチャンネル)からの情報をもとに臨場感をつくりあげます。

 人間はある世界に強い臨場感を持つと、その世界が仮想空間であってもリアルだと認識します(もっと正確に表現すると、「強い臨場感を感じる仮想世界が”リアル”としてマインドで生みだされる」)。

 

 「ある世界」を最初に決める行為が「ゴール設定」です。

よって、ゴール設定とは、「未来を創るもの」であり、「時間の流れを生むもの」であり、「認識する世界(宇宙)を変えるもの」であり、「ひらめきの源」「創造力の源」であり、そして、「生きる力の源泉」であるといえます。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615935.html

 

 さらに、「縁により起こる」という釈迦哲学を用いてゴールについて再考察すると、もっと大きなものが見いだせるようになります。下記記事を参考に、ぜひゴールが生みだす現実(リアル)について思いめぐらしてみてください。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353044.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353367.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353425.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542317.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542364.html

 

 

 最後に、多くの反対にもめげず、“夢の国”を物理空間に生みだしたウォルト・ディズニーの言葉を紹介いたします。次回からは、この言葉を紹介させていただいた「第12回霧島市(鹿児島県)学校保健研究会」(180124開催)でいただいた御質問・御意見に対しての私の回答を投稿いたします。お楽しみに。

 

 

夢を追い求め続ける勇気さえあれば、それは実現できるんだ。

いつだって忘れないでほしい。何もかもすべて一匹のねずみから始まったということを。

 

 All our dreams can come true, if we have the courage to pursue them.

 I only hope that we don’t lose sight of one thing – that it was all started by a mouse.

 

ウォルト・ディズニー(19011966年、アメリカ合衆国のアニメーター)

 

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

Q-057自分を取り戻せました!

 

Q-054中の下記の言葉に関連して、「自分を取り戻せました」という内容のご感想をいただきました。ありがとうございます。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/12339995.html

 

 

「止められても成し遂げたい」と思えるようなゴールを設定し、そのゴールを達成した未来から今あるべき自分の姿をイメージできるようになると、自分自身をコントロールすることが自然にできるようになります

 

 

昨日投稿したブログ記事(F-0543つのロック)内で、人は常に過去にロックされているという話を書きました。同じように他人(とくに親や教師)、社会の価値観といったものからも強い束縛を受けています。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/12794797.html

 

スピーチロック(言語束縛)は情報空間での働きかけなのでわかりづらいのですが、じつは、人を拘束(抑制)する最も大きな要因となるものです。

拘束を解く鍵となるものは「ゴール」ですが、ここではより具体的な方法について述べたいと思います。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615935.html

 

 

 スピーチロックを解くための方法とは

やはり、スピーチです。

 

具体的にはセルフトークのコントロール。

 

 

 うまくいったときには、「私(私たち)らしい」

 うまくいかなかったら、「私(私たち)らしくなかった。次は○○している」

 

 

 そんなシンプルな習慣が、やがて強力なロックを解除します。

 

 もし「失敗した」と思ったとしても、その瞬間にそれはもう過去の出来事です。

 過去に戻ってやり直すことはできないのですから、過ぎ去った過去を悔やみ続けるのではなく、ゴールの世界(明るい未来)を思い描いてください。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542317.html

 

 ゴール&エフィカシーがあるとスコトーマが外れ、新たな達成方法を発見します(invent on the way)。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615935.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5616012.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721610.html

 

 「ゴール側の自分を取り戻せた」と実感したあなたは、必ずそのイメージを実現します。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542364.html

 

 安心して、そのプロセスを丸ごと(うれしいことも、悔しいことも)楽しんでください。

 

 Take it easy !

 (Don’t worry. Be happy ♫

 

 

なぜ生きるかを知っている者は、

どのように生きることにも耐える

 

ヴィクトール・E・フランクル 「夜と霧」より

 

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-関連記事-

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/9533623.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/8045695.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/8293317.html

 

 


このページのトップヘ