苫米地式認定コーチ CoacH T(タケハラクニオ) ブログ

認知科学者 苫米地英人博士に学びながら九州で活動するコーチ・ヒーラー・医師 CoacH T(タケハラクニオ)ブログ

カテゴリ:PMⅠ:The Power of Mind Ⅰ > 03:ベチロンで自己紹介

PMⅠ:The Power of Mind

PM-03苫米地理論との出会いと実践

PM-03-13両親との絶縁と宇宙再構築の気づき

 

物理空間での言動には必ず情報空間での因があります。そして「時間の流れ(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542317.html)」を考えると、その因は未来にあるといえます。

苫米地理論を学んだ今は、過去のつらい思い出も未来でのゴール達成の大切な「縁起(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353044.html)」として解釈することができるようになりました。過去を自由に書き換えることができるのです。

この章(第三章)では私の経験を紹介し、苫米地理論で考察します。

 

 

両親との絶縁と宇宙再構築の気づき

 

医師になりあわただしい研修期間を乗り切った私は、だんだんパワーを失っていきました。何かが足りないような気がしていて、その隙間を埋めるように酒を大量に飲むようになりました。

 

プライベートでは、サークルの後輩と結婚し、子宝にも恵まれました。新しい家族の存在は希望となりましたが、昔からの家族が私を絶望の淵へと追いやりました。

 

医師として働くようになると、両親はお金を要求するようになりました。

どんなに説得してもギャンブルと酒に消えていくことはわかっていましたが、私は要求されるままお金を渡し続けました。15才年の離れた、たった一人の弟を守りたかったからです。

 

結婚してからもお金の要求は続きました。

貯金がなくなったことを知ると、私の名前で申し込んだ融資の書類を持ってきて、署名を強いるようになりました。両親が職場に押し掛けたことが数回ありますが、すべて私に借金をさせるためでした。

 

銀行や消費者金融がもう貸してくれなくなると、勤めていた病院の今は亡き先代院長に助けを求め、借りたお金を両親に渡しました。

その間、妻は文句を一切言わず、ずっと支えてくれました。しかし私は、アリ地獄の中でもがいているようで苦しく、妻や子供たちに申し訳ない気持ちでいっぱいの辛い日々を送っていました。死んでしまいたいとも思っていました。

 

 もうこれ以上先へは進めない

 

どうしようもなくなってしまった私は、親からの金の要求を断りました。

しばらく経過した後、両親が勝手に私の名でヤミ金からお金を借りていることを知りました。

 

それを機に、ついに、私は両親と絶縁しました。

 

(つづく)

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

PMⅠ:The Power of Mind

PM-03苫米地理論との出会いと実践

PM-03-14両親との絶縁と宇宙再構築の気づき<ベチロンで考察>

 

ベチロン(苫米地理論)を学んだ今は、過去のつらい思い出も未来でのゴール達成の大切な「縁起(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353044.html)」として解釈することができます。

この章(第三章)では私の経験を紹介し、苫米地理論で考察します。

 

 

両親との絶縁と宇宙再構築の気づき<ベチロンで考察>

 

仕事の面でパワーを失った理由は明白です。

「医師になる」という不完全なゴールを達成し、「モチベーション(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5882609.html)」を失ったからです。職業はゴールにはなりません。その職業で「何をするか」が本当のゴールです。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615935.html

 

本当は、「抜苦与楽」という言葉に込められた、最福寺で思い描いた理想の医師像があったはずです。しかし、多忙な上に西洋医学にどっぷりつかった私は、そんなかつてのイメージはすっかり忘れていました。かつての思いは「スコトーマ(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721610.html)」に隠れてしまったのです。

 

私は結婚という制度を決して肯定はしていませんが、妻には本当に感謝しています。

妻は私の「エフィカシー(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5616012.html)」を高めてくれる最高のコーチです。仕事での不調をカバーしてくれたのは妻でした。

 

妻との関係が私を救ってくれた一方で、私を苦しめたのも家族との関係でした。「縁起(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353044.html)」を理解していなかった私は、親との“縁”にとらわれ過ぎていました。

 

「関係が存在を生みだす」という考え方は、「だから普遍的な実体などはなく、物事は常に変わりゆき、永遠に変わらないものなどない」という考え方につながります。

それを仏教では「無常」と表現しますが、この無常を理解していなかったのです。

それは「空観(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353367.html)」を忘れていたともいえます。

 

子供の頃から虐待され、大人になっても苦しめられ続け、私は両親を心底憎んでいました。その憎しみという強い情動が、私を現状の「コンフォートゾーン(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6040892.html)」に閉じ込めました。

 

限界まで追い詰められ、「妻と子供たちを守る」という選択をしたことで、私の評価関数(重要性関数)が大きく変わり、「自我(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353425.html)」が変化しました。

 

生まれ変わったというレベルの話ではありません。

RAShttp://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721658.html)」を通り抜ける情報が変わり、認識できなくなる「スコトーマ(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721610.html)」が変化し、本当に目の前の宇宙そのものが変わってしまいました。

 

憎みながらも一方でかけがえのない存在だったはずの両親と縁を切ることは、当時の私にはとてつもない痛みを伴いましたが、マインド(脳と心)での情報処理により宇宙がダイナミックに変化することをリアルに感じる貴重な体験となりました。

 

(つづく)

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

PMⅠ:The Power of Mind

PM-03苫米地理論との出会いと実践

PM-03-15突然の院長就任

 

物理空間での言動には必ず情報空間での因があります。そして「時間の流れ(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542317.html)」を考えると、その因は未来にあるといえます。

苫米地理論を学んだ今は、過去のつらい思い出も未来でのゴール達成の大切な「縁起(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353044.html)」として解釈することができるようになりました。過去を自由に書き換えることができるのです。

この章(第三章)では私の経験を紹介し、苫米地理論で考察します。

 

 

突然の院長就任

 

 禅道場をもつ病院に勤務することになったのは、鹿大リハ科の人事がきっかけでした。いろいろありましたが、先代の院長が目指す医療像には共感していました。

病を抱えながら誰よりも働いていた院長は、20027月に倒れてしまいました。

 

統計的には致死率90%を超える厳しい病状だったのですが、その後奇跡的な回復を遂げ、無事職場に復帰しました。その復帰の日、多くの職員が院長の姿を見ながら泣いていました。院長自身は「敷居が高いと感じた」と苦笑いをされていました。

 

ほとんどの職員は知らなかったはずですが、病状は決して安定しておらず、厳しい状況が続いていました。

絶対苦しかったと思うのですが、院長は飄々(ひょうひょう)と診療を続けられていました。食べられなくなると栄養補助食を手にし、歩けなくなると電動カーを利用し、白衣を着続けました。

 

 そんな院長の姿から大きな学びを得ていましたが、当時の私はどん底にいました。

目の前の宇宙がモノクロの、薄っぺらい、虚構の世界のようにしか感じられず、生きている手ごたえが完全になくなっていました。

 

今思うと、かなり危ない状態でした。

2007年になると体調不良でたびたび休むようになりました。休んだ日は家族と話すこともなく、ただフトンの中で一日中過ごしました。

 

その年の78日は日曜日でした。当直のため医局にいた私のところに院長が来られ、1時間くらい話をしてくださいました。翌日、お礼を言いに行きました。会話を交わしたのは、それが最後となりました。

その翌日の710日、連絡をもらった私が院長室に駆け込むと、そこには白衣を着たままうつぶせに倒れている医師の姿がありました。心肺停止の状態でした。

 

その後、私が院長職を継ぎました。

 

しばらくして(3ヶ月くらいでしょうか)、自分の心身に変化が起こっていることに気がつきました。あんなに気力を失っていたのに、あんなに生きることが苦しかったのに、あんなに世界が色あせて見えていたのに、いつの間にか立ち直りかけていたのです。

 

体はきつかったし、「院長」という言葉に押し潰されそうな感覚もありました。

でも、死んでしまいたいという思いは、もう感じなくなっていました。

 

(つづく)

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

PMⅠ:The Power of Mind

PM-03苫米地理論との出会いと実践

PM-03-16突然の院長就任<ベチロンで考察>

 

ベチロン(苫米地理論)を学んだ今は、過去のつらい思い出も未来でのゴール達成の大切な「縁起(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353044.html)」として解釈することができます。

この章(第三章)では私の経験を紹介し、苫米地理論で考察します。

 

 

突然の院長就任<ベチロンで考察>

 

 病気療養から奇跡のカムバックを遂げた先代の院長は、なぜ「敷居が高いと感じた」のでしょうか?

当時の私は、正直に告白すると、「そんなバカな。ありえない」と思いました。

 

「敷居が高い」という言葉は、「先方への不義理などで訪問しにくい」という意味で使われます。大病にもかかわらず、奇跡的な回復をみせ、私たちの元に帰ってきてくださった人が不義理なはずがありません。

 

「なぜ敷居が高いと感じられたのか?」は、「なぜ私たちは見えない“空気”を読んでしまうのか?」という問いとも言い換えられます。

 

答えは、私たちが目の前の世界(宇宙)をイメージでとらえているからです。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/4971956.html

そして、過去の情動を伴った記憶や知識を使って認識しているからです。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721658.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721610.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721531.html

 

その情報処理に介入し、自分の望むようにイメージを書き換えることは可能です。情報なのですから。

つまり情報空間では、私たちは自分のなりたいような存在になれるのです。すでにその力は手に入れています。あとはその力の使い方を学び、実践するだけです。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542364.html

 

先代院長のゴールが病院のコーポレートゴールであり、私はそのゴールを共有していました。

身体的なバリアがあっても飄々(ひょうひょう)と働き続ける院長は100%want to」の状態でした。「働きたい」という強い思いが先生の力の源泉でした。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615935.html

 

その「働きたい」の先にあるものについては伺っていませんが、とても抽象度の高いものだったはずです。その高い抽象度のポテンシャルエネルギーが物理空間で結実し、医学的にはあり得ない回復やその状態の維持を実現したのだと思います。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/cat_123517.html

 

 その先代院長の姿と比べると、当時の私の姿はみじめなものでした(念のためですが、苫米地式では他人との比較はしません。スコトーマを外すためにあえて表現しました)。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721610.html

 

不幸が私のコンフォートゾーンだったのに妻と子供たちのおかげで幸福になってしまい、認知的不協和が生じ、創造的回避が働いていたのかもしれません。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6040892.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5882652.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6040752.html

 
 
しかし、最大の理由はゴール設定に失敗していたことです。

ゴールのポイントは「心から望むものであること」「自分中心を捨て去ること」「現状の外側に設定すること」です。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615935.html

 

院長職を継いだ後かなり元気を取り戻していましたが、しばらくはなぜそのような変化が起こったのかわかりませんでした。しかし、あるときハタと気付きました。「自分中心」でなくなっていたのです。それまでの私は「他責」であり、「自分中心」でした。それがすべての苦しみの原因でした。

 

ところが、先代院長の急逝により予期せず二代目院長となってしまったことをきっかけに、視点が「私」から「私たち」に強制的に切り替わり、抽象度が上がったのです。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/cat_123517.html

 

結果的に、私は「自分中心」を抜けだすことになり、“無敵”に近づきました。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5446097.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5448151.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615695.html

 

(つづく)

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

PMⅠ:The Power of Mind

PM-03苫米地理論との出会いと実践

PM-03-17苫米地理論との出会い ~現状の外のイメージ実現と挫折~

 

物理空間での言動には必ず情報空間での因があります。そして「時間の流れ(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542317.html)」を考えると、その因は未来にあるといえます。

苫米地理論を学んだ今は、過去のつらい思い出も未来でのゴール達成の大切な「縁起(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353044.html)」として解釈することができるようになりました。過去を自由に書き換えることができるのです。

この章(第三章)では私の経験を紹介し、苫米地理論で考察します。

 

 

苫米地理論との出会い ~現状の外のイメージ実現と挫折~

 

The Power of Mind Ⅰ」序章で紹介させていただきましたが、私は200910月に苫米地英人博士と情報的に出会いました。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/4406033.html

 

院長就任後、徐々に絶望的な感覚はなくなっていき、世間が色あせて見えていたのも改善しつつありました。

しかし、黒い霧の中に閉じ込められているような感覚に襲われることがあり、動悸やめまいにより日常生活に支障をきたすことが続いていました。「何かがおかしい」という漠然とした不安を抱えていました。

 

苫米地博士との出会いにより雷に打たれたような衝撃を受けた私は、博士のすべての書籍・DVD教材を購入し、会員限定サイト「クラブ苫米地」にも入会し、(表現が悪いですが)むさぼるように学び始めました。

 

出会いから4カ月が経過した201021日、私は突然歩けなくなりました。しかし、痛みで身動きが一切取れず眠れぬ夜が続く間も学び続けました。それから3週間ほど経過してやっと杖歩行ができるようになった頃、「あっ、わかった」という実感とともにすべてがクリアになった気がしました。

その後直接学ばせていただくようになり、苫米地式認定コーチとなりました。

 

特に地方にお住いの方々は共感してくださると思いますが、博士に直接学ぶためには、経済的にも、物理的にも、大きなバリアがあります。かつての私のように何らかの理由で断念している方々のために、「学んだ苫米地理論を地方に届けよう」と次第に考えるようになりました。

それ以降、博士に教わっているときは、同時に教えているイメージも持ちながら学んでいます。守秘義務内容の境界を常に意識しながら。

「まずは鹿児島から」という「苫米地理論を地方に届けたい」は、「九州に届けたい」「日本中に届けたい」に拡大し、さらに「医療・福祉の現場に届けたい」「教育の現場に届けたい」にひろがっていきました。

 

 そんなある日、あるアイデアがひらめきました。「苫米地理論を地方に届ける活動のシンボルとして、苫米地博士御本人を地方に届けよう」です。

 

まさに“現状の外”。イメージした瞬間に震えましたが、「夢をかなえる方程式:I×VR」の実践ワークとしてゴール設定しました。その10か月後、かつての現状の外の夢は本当に現実化しました。

 

201627日、私の住む鹿児島県霧島市で開催された「第9回霧島市健康福祉まつり」にて、苫米地博士に記念講演をしていただきました。演題は「健康は気から~“脳と心”の研究でわかった古くて新しい未来志向健康法~」です。

講演終了直後の、霧島市民会館にお越しいただいた1000名を超える方々の笑顔と鳴りやまない大きな拍手は、一生忘れることはありません。

 

さらに同時期に、もう一つの“現状の外”のイメージが実現しました。当時勤めていた病院が属する医療法人と系列の社会福祉法人にPX2を導入したのです。

完全無償で二日間のファシリテーターを務めてくださったのは、なんと、苫米地式認定マスターコーチの青山龍さんです。「医療・福祉現場に苫米地理論を届ける」というイメージが、青山コーチの強力なサポートで動きはじめました。

法人職員は300名を超えますので、まずは二回のクローズド開催を企画していました。しかし、一回目のPX2が大盛況だったのに、予定していた二回目のPX2は開催することができなくなりました(その詳細は第六章で)。

 

青山コーチにお詫びの報告をさせていただいたとき、予想外の答えが返ってきました。「それは残念でしたけど、せっかくなのでオープンでやりましょう!」です。

急遽会場を手配しましたが土日二日間をフルには確保できず、変則日程となりました。さらに申し込み期間もとても短かったのですが、それでも申込者は20名を超えました。

 

(つづく)

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

PX2パンフレット(BWF HPより引用)

BWFインターナショナルHPより引用

http://bwf.or.jp/

 

PMⅠ:The Power of Mind

PM-03苫米地理論との出会いと実践

PM-03-18苫米地理論との出会い ~現状の外のイメージ実現と挫折~<ベチロンで考察>

 

ベチロン(苫米地理論)を学んだ今は、過去のつらい思い出も未来でのゴール達成の大切な「縁起(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353044.html)」として解釈することができます。

この章(第三章)では私の経験を紹介し、苫米地理論で考察します。

 

 

苫米地理論との出会い ~現状の外のイメージ実現と挫折~<ベチロンで考察>

 

 情報が変わると物理が書きかわります。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542426.html

 

大きく変わるとより大きな変化が物理空間にでるはずですが、両親との絶縁により私の宇宙は変わり、苫米地博士との出会いによりさらに大きく変わっていきました。

その激しい変化が物理空間の身体に負担をかけたのでしょうか。私は想像を絶する痛みに苦しみました。でも、その先には「さらなる大きな夢」が待っていました。

 

苫米地博士に学ぶうちにすべてがクリアに感じられるようになったのは、それまで学んだすべての知識(釈迦哲学に関して、真言密教に関して、医学を中心とした現代科学に関して、そして苫米地理論について)とそれまでのすべての経験が一つの巨大なゲシュタルトとなったからだと理解しています。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6193912.html

抽象度が上がったのです。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/cat_123517.html

 

さらに博士に直接学ばせていただくようになり、「抽象度を上げつつ現状の外を認識し、大きくなったポテンシャルエネルギーを用いて、情報空間での新たな気づきを物理空間に実装していく感覚」を学びました。

そして、「夢をかなえる方程式:I×V=R」を体感しました。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542364.html

 

霧島市(鹿児島県)での苫米地博士の講演には、本当に多くの方々に集まっていただきました。私の家族、中学時代からの親友一家、中学時代の恩師、大学時代に家庭教師をさせていただいた一家、大学時代の親友、鹿児島県精神科病院協会会長を含む多くの医療・福祉関係者、教育関係者、霧島市長を含む行政関係者、そして、ともに働く仲間たち。

みんなの幸せを感じた瞬間、私はとてつもなく大きな感動に包まれました。私の夢が、みんなの夢に広がっていく感激を味わいました。

講演終了直後、舞台袖で泣きそうになっている私に、「どうだった?」と苫米地博士が声をかけてくださいました。私は答えることができませんでした。今でもあの時の感動を言葉にすることはできません。

 

それとは反対に、勤務する法人での挫折は本当に悔しい経験でした。

正直に告白すると、私は二回目のPX2が開催できなかったことが示唆する未来に失望していました。霧島市でのPX2オープン開催時にはかなり落ち込んでいました。

しかし、参加者の皆さんと接するうちにすっかり元気を取り戻しました。「教育の現場に苫米地理論を届ける」というイメージが動きだしたことに気づいたからです。

青山コーチとの御縁で「中観」の実践を学び、スコトーマが外れたことで様々な解決すべき課題も明らかになりました。その詳細は第六章にまとめます。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353367.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721610.html

 

さらに、私自身の新たなゴールも見つかりました。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615935.html

 

現在の私は、医師として、苫米地式認定コーチとして、そして、苫米地式認定マスターヒーラーとして働いています。昨年、ブロガーとしての機能が新たに加わりました。さらに作家として機能を発揮すべくチャレンジをしています。

そのすべては池口恵観先生から学んだ「抜苦与楽」、そして、さらなるゴールである「滅苦導楽」を実現するための自然な行動です。

今後の“現状の外”のイメージについては、第七章で述べさせていただきます。

新たな「I×V=R」への挑戦です。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542364.html

 

 ところで、博士に学ぶ仲間の皆さまによく質問されることがあります。「御多忙の苫米地博士を、なぜ鹿児島にお招きすることができたのか?」です。

 

「心を込めてお願いした」以外に思いつきませんし、本当のところは博士に伺わないとわかりませんが、後日あらためて気がついたことがあります。

それは「ゴールを共有している」ということです。ゴールとはもちろん「戦争と差別のない世界を実現している」です。

 

「霧島市健康福祉まつりと平和な世界がどうつながるの?」と疑問に思われるかもしれませんが、博士の鹿児島滞在中におそらく私にしかできない役割を果たしました。世界平和に大いに関係する役割です。詳細は書けませんが「縁起」の結実ともいえるものです。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353044.html

 

博士の超多忙なスケジュールと奇跡的に合致したことが大きかったのは間違いありませんが、私の中の平和を希求する思いに気づいてくださったことも理由の一つだと思います。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5446097.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5448151.html

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615695.html

 

「鹿児島で講演をしてください」とお願いしてから、「いいよ」と博士にお返事をいただくまで一秒ほどでしたが

 

 

「第三章:苫米地理論との出会いと実践」完

 

-参考記事-

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/7383761.html

 

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

160207霧島市健康福祉まつりポスター

苫米地博士ブログより引用

www.tomabechi.jp/archives/51516321.html

 

このページのトップヘ