Q-013:「経験をもたらす観察」のために重要なこと

 

 2018124日の講演会(霧島市、鹿児島県)後に、「スコトーマにびっくりしました」という意見をたくさんいただきました。ありがとうございます。

びっくりさせようと念入りに仕込んでいましたので、驚いていただき大変うれしいです(笑)。

 

 スコトーマ(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721610.html)がはずれた瞬間の「あっ、わかった!」「うわっ、見えた!!」という体感をしっかり記憶していてください。そして、目の前にはスコトーマに隠れて見えていない(感じられていない)感謝や感動や希望、可能性(可能世界)といったものが無限にあることを確信してください。

ぜひ、お子さんたちにもその感覚を伝えてあげてください。

 

 講演会は教育関係者やPTAが対象でしたが、市の看護師・保健師の方々にもたくさん参加していただきました。

 

今回は「近代看護教育の母」として知られるナイチンゲールの言葉を引用し、スコトーマについて考えていきたいと思います。

 

 

経験をもたらすのは観察だけなのである。

観察をしない女性が、50年あるいは60年病人のそばで過ごしたとしても、決して賢い人間にはならないであろう

 

フローレンス・ナイチンゲール(18201910年) 「看護覚え書」より 

 

 

ナイチンゲールが医療人に向けて観察の重要性を説いているのは、それだけ観察が難しいことだからです。

 

なぜ、難しいのでしょうか?

現代認知科学はその原因を、そしてその解決法を、すでに解き明かしています。

 

…“観察が難しいのは、私たちの認識に必ず「スコトーマ」があるからです。

 

私はスコトーマを生みだすものとして三つのことを意識しています。

一つ目は「知識」、二つ目が「重要性」、三つ目が「役割」です。

 

長男が生まれた頃、私はポケットベル(ポケベル)を使っていました。若い方はイメージしにくいと思いますが、まだ携帯電話が普及していない時代には連絡を取るためのとても大切なツールでした(今もフードコートなどで使われています)。

ポケベルが鳴ると私はすぐに目が覚めますが、隣の妻はピクリともしません。反対に子供が泣くと妻がすぐに目覚め、私が起きることはめったにありませんでした。

 その理由がスコトーマに関係します。

 

 妻はもちろんポケベルのことは知っていましたが重要ではなかったので、その音はスコトーマに隠れ認識にあがらなくなっていたのです。

 反対に、私は子供に関して知識も重要性もありましたが、授乳という役割を自覚していなかったので、その声が届きにくくなっていました。当時は不思議に思ったものですが、妻の体調がすぐれず「休ませてあげたい」と思っている日は、妻より先に子供の泣き声に反応して必死にあやしていました(結局は妻を起こすことになるのですが)。

 

 これがスコトーマ(心理的盲点)です。

 

 いくら目の前にあったとしても、知識がないと認識できません。

 知識があったとしても、重要性がなければ認識できません。

 知識も重要性もあったとしても、役割を感じていなければ(責任を自覚していなければ)認識できません。

 

 ナイチンゲールが述べる“観察”とは、「知識と重要性と役割がそろってはじめて可能となる認識」のことです。そして、それが“経験”をもたらし、“賢い人間”への成長を可能とします。

 

 “観察”のために、つまりスコトーマをはずすために、重要なことは「ゴール設定」です。

 

 心から望むものをゴールとして設定できてはじめて無意識レベルで重要性と役割が生まれ、成功に向かって自然に生きることができるようになります。

 

 講演会(1/24)の内容と関連して述べると、「心から望むゴール」とは「自己の存在と意味」を決めるものであり、それを自らの意思で見つけていくことは「本当の自分について知る」ための取り組みになります。

ゴールが、“自分”についての知識を得ることを可能とするのです。

 

そして、その「自己の存在と意味」である「心から望むゴール」に向かって生きるプロセスだけが、本当は皆が潜在的に抱えているスピリチュアルペインの克服を可能とします。

 

人生とは、「“本当の自分”を知るための旅」といえます。

 

もちろん、ゴール(http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615935.html)とは“現状の外”に設定するものです。つまり、“本当の自分”は、「現状がこのまま続く未来Status Quo」では決して見つけることはできません。

 

認識できないはずの“現状の外”へのゴール設定が可能となるのは、マインドのコントロールに精通したコーチが徹底的にサポートをするからです。

 

 したがって、近代看護教育の母の思いを現代風に言い換えると、「コーチングを学び、互いに実践せよ」と表現できます。それは看護師に限らず、すべての教育者や親、そして未来に向けた言葉でもあります。

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)