PMThe Power of Mind

PM-02苫米地理論における重要用語解説

PM-02-01ゴール

 

 この章では、苫米地理論の中でとくに重要な概念をピックアップし、解説いたします。
 第二章目次:
 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/12936581.html

 

01)ゴール

 

 ゴール(Goal)とは「人生の目的」であり、未来を創りだすものです。

 

コーチングの祖であるルー・タイス氏の言葉に「ゴールが先。認識が後」というものがあります。

ゴールによりエネルギーと創造性と気づきが得られ、認識する世界が決まります。

 

 ゴールのポイントは3つ。

「心から望むものであること」

「自分中心を捨て去ること」

「現状の外側に設定すること」 です。

 

「心から望むもの」であるために本音に正直になってゴール設定を行うと、ふつうは抽象度http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/4448691.htmlの低いゴールになります。スタートはそれでもいいのです。

次のステップとして自分中心を捨てながら抽象度を上げていくと、だんだんと多くの人の幸せを満たすゴールを求めるようになります。

それと並行してさらなる現状の外を目指します。

 

自分でゴール設定を行うことを「セルフコーチング」といいますが、それはとても難しいものです。

「心から望むもの」を見つけるために自分と深く向き合わなければならない一方で、自分と向き合えば向き合うほどスコトーマhttp://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721610.htmlが外れにくくなるからです。

 

そんなときに他者のサポートを受けることが有効ですが、本物のコーチにサポートを受けなければ失敗します。結局はゴールが人から与えられたもの(期待されたもの)となるからです。

 

ゴールを他者に決められた人を奴隷と呼びます。

その状態では、たとえどんなに“成功”したとしても、心から喜びを感じることはできません。

 

「パーソナルコーチング」では、プロのコーチのサポートを受けながら自分では気づけないスコトーマを外し、ゴール設定を行います。そして、その達成に向かいながらさらに抽象度とエフィカシーを上げていきます。

 

抽象度が上がれば、視野が広がり見える世界が一変します。

エフィカシーhttp://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5616012.htmlが高まれば、未知のことに前向きに挑戦できるようになります。

 

「自分で設定したゴールに向かい進んでいくこと以上に、人生を楽しむ方法はない」というのが、苫米地博士に学んでいる私の実感です。

 

(つづく)

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-追記-

 ゴールのポイントとして、私は「バランスホイール」も重要視しています。それはヒーリングにおけるポイントにもなります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14524490.html

 

 

-関連記事-

Q-042~:「明確にリアルに目標がイメージできた時点でほぼゴールに近づいた」とは具体的にどういうことでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_262962.html

Q-136~:問題が生じたゴールへの向き合い方

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_397998.html

Q-142~:現状の外にゴールが設定できている状態と現実逃避に陥っている状態とでは何が違っているのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_400116.html

Q-159~:臨場感が薄れても高い抽象度のゴールをイメージし続けるのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404758.html

Q-209:「“現状の外”のゴールの体感」とはどういうのが正しいのでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26877574.html