Q-372:リハビリを嫌がる患者さんに強制することは、虐待なのではないでしょうか?

 

 医師免許を持つ苫米地式認定コーチとして、医療・介護現場で話す機会があります。例えば↓

 Q-073~180804医療講演会レポート

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_318161.html

 

 必ずといっていいほど取り上げるのが「ゴール」と「エフィカシー」。この2つはコーチングのコアです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31136092.html

 

コーチング中に行うことをシンプルにまとめると、「ゴール設定をサポートし、エフィカシーを上げる」。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 ゴールは1)現状の外にある、2)心から望むもの/こと。それを3)人生のあらゆる領域に設定します(バランスホイール)。さらに4)自分中心を捨て去ること。

 L-10020218月シークレット… -02;ゴールの基本条件(「頭のゴミ」を捨てるver.

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31184436.html

 

 コーチング入門者の方には、まずは2)心から望むもの/こと を楽しく考えていただきます。「止められてもやりたい」というwant toが基本だからです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882609.html

 

 ところが、講演や研修等で「100%want toで生きよう」「楽しく働こう」といった話をすると、必ずといっていいほど「やりたいことだけで生きられればそもそも苦労はしない」「みんながやりたいことだけやっていたら社会が成り立たない」といった感想をいただきます。ときには「楽しく働かれたら迷惑だ」というお叱りも。

 Q-243~:続・気楽にいきたいのですが

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418403.html

 

 経験豊かなベテランであるほど、これまでとは違う知見を受け入れるのは難しいもの。強力な認知的不協和が生じるからです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882652.html

 

 その一方で、とくに若い世代からは、前向きな感想や本質的な質問をいただくことが少なくありません。最近もこのような御質問をいただきました。リハビリ領域のセラピストから。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12808542.html

 

 

Q:リハビリを嫌がる患者さんに強制することは、虐待なのではないでしょうか?

 

 まっすぐな若い医療従事者の疑問に対して、皆さんならどのように答えますか?

 

 

 まずは基本を確認しましょう。

 以下、苫米地博士の著書「立ち読みしなさい! ~美しいほどシンプルな成功術」(ありがとう出版、p79)より引用します。

 

 

本当にやりたいことは勝手にする!

 今日から本当はやりたくない状態のことを分かりやすく英語でこう呼びましょう!

 

 “have to(ハフ・トゥー)”

 〇意味

 ~しなければならない状態。できればやりたくない。本当はやりたくないというマインドを指します。

 

 「~しなければならない」は、日常生活でよくあるマインドです。

 

 この“have to”のマインドは非常に危険です。

 なぜなら、よい結果を出すことができないからです。

 たとえば“have to”マインドで仕事をしている人は、朝起きた時点から憂鬱です。

 「また仕事に行かなければならない」と朝はため息からはじまります。勤務時間中でも時計ばかりが気になります。「まだこんな時間か~」「あと〇時間」もあると常にマイナス思考です。何かのプロジェクトを進めるのにも本当はやりたくないことなのでなかなか手を付けません。先送りばかりして進めようと思いません。その結果、会社にもお客にも迷惑をかけます。何より自分自身の貴重な人生の時間を無駄にしてしまいます。

 

 “have to”とは対照的に“want to(ウォン・トゥー)”のマインドをご紹介しましょう。

 

 “want to(ウォン・トゥー)”

 〇意味

 やりたいことをする。自ら進んでする。望んでする。

 

 自分が本当にやりたいことをやっている状態なので、積極的に行動をします。先ほど話した、ルフィやイチロー選手たちと同じマインドです。ルフィは「海賊王になりたい」と心から思っていますし、イチロー選手は「一流のプロ野球選手として成功したい!」と心から思っています。

 この状態を“want to(ウォン・トゥー)”と呼びます。自ら進んでするマインド。

 

 この“want to(ウォン・トゥー)”の状態であれば仕事も常に前向きで、よい結果を出し続けます。

 

 “have to”と“want to”の違いで分かるように、私たちがゴールを設定する場合、“have to”ではなく“want to”のゴールでなければ達成することはできません。

 なぜなら本当はやりたくないと思っている行動を長く続けることは至難の業だからです。ストレスばかりが大きくなりすぐに諦めてしまいます。

 

 極端なことを言ってしまえば“have to”だと思うことは一切やらなくていいです。

 それくらいの心の持ち方が大切です。

 ゴールを設定する場合、本当にやりたい“want to”のゴールを必ず設定してください。これも大きな秘密であり、人生の分岐点となります。まずはゴールを設定する、そしてそれはあなたが心から望む“want to”のゴールにしましょう。

 

 人間はやりたくないことはやりたくありません。それは当たり前の話です。

 それとは逆にやりたいことは勝手に行動します。

 お腹が空いたらご飯を食べるのと同じです。喉が渇いたら水を飲むのと同じです。

 美味しそうにご飯を食べているだけでは「すごくモチベーションがあるね!」とか「努力家だね!」とは思いませんよね?

 自分自身でも努力しているとは思いません。お腹が空いたから食べているだけです。

 それは、やりたいことをやっているだけだからです。

 引用終わり

 

 

 私たちがゴールを設定する場合、“have to”ではなく“want to”のゴールでなければ達成することはできません

 

 患者さんが「リハビリを嫌がる」という場合、ゴールに合致していない可能性があります。そもそも本当の自由意思でゴールを設定していないのかもしれません。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

 だから、「リハビリを嫌がる」という患者さんに行うべきことは、リハビリを強いることではなく、ゴール設定をサポートすること。

 Q-221:ゴール設定のポイントについて確認させてください

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27497249.html

 

そのためには関わる医療従事者自身が、「ゴールが見つけられない」「ゴールがないことに気付いてさえいない」という患者さんを余裕で導けるくらい、コーチングを理解し実践している必要があります。

Q-358:止められてもやりたいゴールが見つかりません

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/33485940.html

 

 すべての医療従事者がコーチングを学び実践している

 

 それが私が思い描く医療の姿。コーチングがあたりまえになった未来の医療のビジョンです。

 F-332:分断緩和のための処方箋 vol.3;「未来のビジョンによる引力の極大化」と「過去からの引力の最小化」

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/33515591.html

 

 では、そのような可能世界(w1)を本当に実現するためには、どうすればいいのでしょう?

 F-222:コーチングの基本概念を習熟して、エフィカシーをブーストしよう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27832570.html

 

 再度「立ち読みしなさい!」より引用します。先ほどの続きです。

 

 

 ここから大切なことを話します。

 やりたいことをするという意味では、私たちのゴール設定も同じです。あなたが夢を叶えたいから向かうだけです。そこに努力やストレスは存在しません。

 努力という概念そのものが違います。本当はやりたくないことを頑張る努力ではなく、本当に叶えたいことをする努力です。

 

 イチロー選手も小学生の頃から1365日のうち360日は激しい練習をやってきました。私たちから見れば「ものすごいモチベーションだ!」とか「努力家」だと思います。しかし、イチロー選手は「プロ野球選手として成功するんだ」と思っていたので、毎日の激しい練習は当たり前のことなのです。やりたいからやっているだけです。

 

 これは、お腹が空いたからご飯を食べる行為と実は同じです。

 そもそも、やりたくないことを何十年も毎日続けることはできません。ゴールを設定して毎日が苦痛というのであればゴールそのものが間違っていると考えてください。

 本当のゴールはあなたが好きなこと、本当にやりたいことでなければ意味がありません。

 

 しかし、実質的に「それは難しい!」と感じる方はステップを分けて考えてみてください。たとえば叶えたい夢がカフェを出店することだとしましょう。お店を出すにはお金が必要です。そのお金を貯めるために他の人が嫌がる仕事でも喜んでする。他人からすれば嫌な仕事かもしれませんが、夢を叶えるために必要なステップだと考えればできるはずです。

 

 大切なことは、あなたの気持ちです。

 

 「嫌だ!」「やりたくない!」「逃げ出したい!」と思えることがいくらたくさんあったとしても、それでも叶えたいと思える夢があれば気にもなりません。

 本当の“want to”のゴールです。あなたが心から望むゴールであれば、どれだけ嫌なことがあったとしても頑張れるはずです。

 

 先ほど話した、イチロー選手や本田選手の場合も、小学生の頃から猛練習をしてきました。周りの友達が遊んでいる時にも、額に汗をし、歯を食いしばってきたのです。

 

 どうして、そんなにも頑張ることができたのか?

 

 それは友達と遊びたい気持ちよりも夢に近づく喜びが上回っていたからです。

 嫌なこと、逃げ出したいと感じることがどれだけたくさんあったとしても、それ以上に夢を叶えたいと強く望んだのです。“want to(ウォン・トゥー)”のゴールとは、あなたが心から望むものでなければ意味がありません。

 

 あなたが心から叶えたいと思う夢を見つけてください。

 そして、その夢をゴールに設定し、今から一緒に叶えていきましょう。

 

 この本は、あなたの“夢”を実現させるためにあるのですから

 引用終わり

 

 

 「嫌だ!」「やりたくない!」「逃げ出したい!」と思えることがいくらたくさんあったとしても、それでも叶えたいと思える夢があれば気にもなりません

 

 可能世界(w1)を本当に実現するために必要なのは“夢”。コーチングでは、“夢”という言葉の代わりに、「ゴール」という表現を使います。

 F-337:次世代プロファイリング×ゴール設定 <vol.2;ゴールは自分という“殻(w0)”を抜け出して初めて見えてくる>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/33775039.html

 

「コーチングがあたりまえになった未来の医療」を実現するためにまず行うべきこととは、「ゴールを設定する」こと。医療従事者一人ひとりが自身のゴールを設定することです。それも3)人生のあらゆる領域に。

 Q-218:わりとすぐに達成できそうなゴールを設定してもよいですか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27405307.html

 

 私は何のために医療に携わっているのだろう?

なぜリハビリを行っているの?

 〇〇(国家資格等)としての私の役割は?

 

 御質問者は、おそらくそんな自問を経て、私にアクセスしたはず。それは「職業」のゴールの探求です。

それと同じように、「社会への貢献」「生涯学習」「家族」「健康」「ファイナンス」、そして「趣味」等のゴールをどんどん模索していきましょう。気楽に。

 L-07920213月シークレットレクチャー -02;内省言語を発生させる

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30021884.html

 

すると、それらのゴールがエネルギーと創造性の源泉となり、あなたをよりより医療従事者へと引き上げてくれます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

 患者さんとの縁により、ゴールを持つ医療従事者の成長は加速します。

そして、成長した医療従事者は、もっと強力かつ自然に、患者さんに働きかけることができるようになります。「リハビリをしなければならない」などと思わせることなく。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

なぜなら、医療従事者自身の心にはhave toが一切ないから。

 Q-059:今まで「仕事をしなければならない」という気持ちが強いでした

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13076206.html

 

「不完全性」が証明されていることからわかるとおり、完全に正しいもの/ことなどありません。だから、これからも迷い続けてください。考え続けてください。ゴールの世界を感じながら。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 「リハビリを嫌がる患者さんに強制することは虐待なのでは?」のような自問(case)と「ならば、どうすればいいか?」という探求(plan)を続けること自体が重要!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12658417.html

 

 そんなハビット&アティテュードは、自分自身をさらなる高みに導くだけでなく、医療業界全体を覆っている暗く重たいスコトーマを打ち破る礎になるはずです。

 L-09620217… -08BSとハビット&アティテュードと抽象度の関係

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/30652206.html

 

 

 以上、私の回答です。

 御質問ありがとうございました。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ      

苫米地式認定マスターヒーラー      

 CoacH T(タケハラクニオ)     

 

 

-告知1

2024年度のオンラインセミナーは、6月と11月に開催する予定です。

(セミナー冒頭でパーソナルコーチングの説明を行います)

セミナー開催1ヶ月前に、このブログで御案内いたします。

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-043:「感情労働」という問題とその解決のイメージ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10987351.html

F-0543つのロック(&1つのキー) <ワーク付き>

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12794797.html

F-184~:「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」との縁で気づいたこと

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_410505.html

F-212~:仕事楽しみですか? ~want toが非難される社会~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_415360.html

F-281~:「社会が変わってしまう」 ~あるワクチンの話~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_424261.html

 

 

立ち読みしなさい!

Kindle版はこちら↓

Amazon.co.jp: 立ち読みしなさい! eBook : 苫米地 英人: