Q-352:人に変に見られていないかがひどく気になります

 

御質問をいただきました。ありがとうございます。

 その一部に回答いたします。

 (変更を加えています)

 

Q:面接をすることや上司との会話、少し敷居のあるショップでの買い物、学生時代の知人との食事をする等で、緊張で首の後ろが凝ったようになり、軽い吐き気や頭に酸素がいかなくなったような状態が起きます。発症すれば長くて12週間は自律神経が失調したような状態が続きます。
 そのような場面では、人に変に見られていないかがひどく気になります。
 このような社交不安症状につきまして、どのように考えられておられますか?

 

A私は医師ですが、内科医であり、精神科医ではありません。

苫米地式のコーチ&ヒーラーとして回答させていただきますが、もしも日常生活に支障をきたしているのであれば(「眠れていない」など)、ためらわずに心療内科や精神科を受診されてください。

 

直感的に申し上げると、全然大丈夫のはず。

気楽に読み進めてください。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/19980130.html

 

御質問が「社交不安症(障害)という概念をどう考えますか?」ということなら、私の回答は「空(くう)」です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

つまり、現状は「『社交不安』というイメージ(I)の臨場感が上がること(V)で実体化している(R…症状としてあらわれている)」 ということ。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

だから、臨場感を下げれば、「社交不安」は消滅する(気にならなくなる)はずです。大丈夫!

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5721610.html

 

 

御質問が「社交不安について相談する私をどう思いますか?」ということなら、私の答えは「『重要な分岐点』に気づいていてすばらしい」。

 

分岐点とは、「過去→未来」として生き続けるか? それとも「未来→過去」として生きるか? の分かれ目のこと。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

どちらを選ぶかはもう決めているはず。

あとは楽しみながらゴールを設定し、ゴールを実現している“私”(のイメージ)にふさわしい臨場感を作ってください。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

臨場感を作るのにお勧めなのが、「アファメーション」「ビジュアライゼーション」「セルフトークのコントロール」。例えば、「セルフトークのコントロール」ならば、

リラックスした気分でいられたら →「私らしい」

緊張や吐き気などを感じたら →「私らしくない、本当の私は〇〇だ。私らしくいるために△△する」 といった感じ。

L-128202111月医療・介護研修(医療法人、鹿児島県)レポート -09;セルフトーク×エフィカシー

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/32812936.html

 

その時の注意点は、「『善悪』『正誤』といった価値判断をしない」こと。その理由はクリアですか?

 

答えは、その価値判断は「これまで刷り込まれてきた考え方や価値観」に基づいているはずだから。多くの人の無意識は「過去→未来」という時間観に囚われたままです。

(詳しくはこちらをどうぞ↓)

Q-319~:速いスピードで移動した人は長生きできるって言いますよね?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_425265.html

 

ちなみに、「価値判断」の代表として、苫米地博士は「3つのモノサシ」を挙げられています↓

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28695996.html

 

御質問を読みながら私は「全然大丈夫」と確信しましたが、その確信には根拠(warrant)があります。その根拠とは「しっかりモニタリングした上で、分析までできている」。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12340209.html

 

今は辛く感じられるかもしれませんが、その辛さは“もっと豊かに生きる”ための大切な縁起であるはずです。大丈夫!

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

最後に、苫米地博士の著書「自分を大きく変える偉人たち、100の言葉 Dr.苫米地式名言活用術」(TAC出版、p178)より引用します。

 

苫米地博士があなたのために語りかけてくださっている

 

そのようなイメージでゆっくりと読み進めてください。

F-324:観自在 <実践編-4;ユーアファメーション>

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/33111471.html

 

 

message 75

人と会うのが苦手な人の大半は、

相手と打ち解けるのに時間がかかるものだが、

それは出会いの一瞬に相手に対する親愛の情を示さないからだ

斉藤茂太

 

 

 人付き合いが苦手な人に話を聞くと、総じて「自分の性格が暗く、ルックスも地味だから嫌われる」ということを言います。しかし、そのように落ち込むことは無駄なことです。なるべく笑顔で、目の前にいる人の目を見て、誠実にゆっくり話せばよいのです。そうすれば、たいていの人はあなたを感じのよい人物だと思ってくれるものです。自信がないと、つい顔に焦りが出るし、そういう人は話す相手にも緊張感が伝わってしまいます。

 一番ダメなのは「愛想笑いして個性を押しつぶし、他人の批判を気にしつつ生活を送ること」です。これをやってしまうと、いつのまにか「奴隷脳」になってしまいます。「奴隷脳」とは、思考停止状態のまま自分で物を考えず、人の言いなりになってしまう無気力な脳のことを言います。

 「奴隷脳」を持つ人間は、自己評価がとても低くなってしまいます。そうなると、下手をすれば犯罪を犯すような、道を踏み外してしまう人間になってしまう危険性があります。「生まれてこなければよかった」という低い自己評価がやがて「社会に復讐してやる」といった自暴自棄な犯罪へとつながるのです。人生で大事なことは「エフィカシーを高く持つこと」。自信を持ち人と話しましょう。

 

名言でアファメーション

あなたは初めて会った人と誠実に話すので好感を持たれている。

 引用終わり

 

 

 以上、私の回答です。

 御質問ありがとうございました。

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-告知1

今年度のオンラインセミナーを企画しました。9月から1ヶ月おきに、計4回開催する予定です(9月、11月、1月、3月)↓

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/32135874.html

 

次回の開催はR6.2/4(日)<←1/28から変更しました>の予定。テーマは「コーチングのコア×how?」です。4週前に御案内いたします。

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-044~:笑顔のままお亡くなりになった患者さんから学んだこと

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_268334.html

F-060BTTF

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13626536.html

F-195:新たな概念「PPPD」の考察

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26301730.html

Q-268~:薬をやめることができますか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_421168.html

Q-300~:「心身相関」と「超情報場理論」

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_423993.html

 

自分を大きく変える偉人たち、100の言葉 -Dr.苫米地式名言活用術

Kindle版はこちら↓

Amazon.co.jp: 自分を大きく変える偉人たち、100の言葉 Dr.苫米地式名言活用術 TAC出版 eBook : 苫米地 英人: