L-11220218月シークレットレクチャー -14;臨場感を高めてリアリティを合成する秘訣 <後編>

 

20218月にコーチ向けのレクチャーを行いました。守秘義務を結んだ上で行う全3回の講義の2回目。

(初回の講義はこちら↓)

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_423518.html

 

3回を通してのメインテーマは「コーチング×医療×脱洗脳。キーワードは「I×V=R」です。

 PM-02-19:夢をかなえる方程式 I×V=R

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542364.html

 

当日の講義内容をブログ用に再構成してお届けします。

じつは隠れテーマがあります。その隠れテーマは“コーチの心得”といえる「〇〇〇〇〇」。それが何か想像しながらお読みください。Don’t think, feel

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/14120540.html

 

 01;ゴールの基本条件

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31136092.html

 02;ゴールの基本条件(「頭のゴミ」を捨てるver.

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31184436.html

 03;自分中心を捨て去る=解放

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31210545.html

 04;思考が臨場感を生みだす

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31235489.html

 05;知らないことを見える化する

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31263124.html

 06;「私」とは何? <前編>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31294306.html

 07;「私」とは何? <中編>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31317222.html

 08;「私」とは何? <後編>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31345260.html

 09;「I×V」とは〇〇

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31370555.html

 10R =w w1(コントロ-ルされたP1=P2

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31398098.html

 11;モニタリング&ラベリング

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31421939.html

 12;「D」の対処法

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31447445.html

 13;臨場感を高めてリアリティを合成する秘訣 <前編>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31473967.html

 14;臨場感を高めてリアリティを合成する秘訣 <後編>

 

 

まずは「モニタリング&ラベリング」!

 モニタリング&ラベリングがしっかりできるようになったなら、次に取り組むのは「臨場感を高めてリアリティを合成する秘訣」の習得です。その秘訣とは、1)共感覚、2)プロセスに臨場感を持つ、3)バランスホイール の3つ。

 前回(L-111)は1)共感覚、2)プロセスに臨場感を持つ についてまとめました。今回は3)バランスホイールを確認しましょう。

 

3) バランスホイール

人生のあらゆる領域を意識に上げるバランスホイールは多様性そのものです。

例えば、趣味と職業と家族とファイナンスはまったく別物。時間やお金といったリソースを取り合うため、同時に成り立たせるのはなかなか困難です。

Q-240~:毎日、無気力感に悩まされています ~気楽に生きる際の注意点~

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28303455.html

 

「同時に成り立たせるのは困難」なのは情報量が多すぎるから。抽象度が低い次元では対立や矛盾が生まれてしまいます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4448691.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4449018.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516484.html

 

先ほどの「リソースの取り合い」の多くは4次元時空での話。つまり、もっとも情報量が多い情報空間の底面=物理空間での課題(case)といえます。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/12658417.html

 

*情報空間はこちら↓

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4516539.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654230.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4654316.html

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/4831442.html

 

その「リソースの取り合い」を解決する秘訣が「抽象度を上げる」こと。趣味・職業・家族・ファイナンスなどのバランスホイールを常に意識に上げながら(=多様性の維持)、同時にそのすべてを包摂する意識状態で生きていると(=冗長性の確保)、無意識が自然に調整をしてくれ、いつの間にか解決(解消)していきます。

F-269~:冗長性と多様性

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_422834.html

 

 

バランスホイール

 

 

ポイントは「抽象度と臨場感はまったく異なる軸」「情報量の大小は臨場感には影響しない」をしっかり理解すること。その理解と体得が空観につながります。

空観は、今講義(計3回)通してのメインテーマ「コーチング×医療×脱洗脳」やキーワード「I×V=R」とも大いに関係します。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353367.html

 

ところで、今回の講義(計3回)の隠れテーマを感じていただけたでしょうか?

 

それは“コーチの心得”といえる「〇〇〇〇〇」。真ん中の文字は「ラ」。「〇〇ラ〇〇」です。知識がありゲシュタルトができている人は、「ラ」という部分情報で全体がわかります。それが「理解」です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6193912.html

 

 情報 → 文脈(知識+ゲシュタルト)→ 認識 ⇒ 理解

 

 *詳しくはこちらでどうぞ↓

 L-10320218… -05;知らないことを見える化する

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31263124.html

 

 ゲシュタルト同士が統合され(connect the dots)、より大きなひとつのゲシュタルトとなっていくことで理解が深まります。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/7383761.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13628437.html

 

例えば、「生」「老」「病」「死」のひとつひとつがゲシュタルト。その「生」「老」「病」「死」(部分)が、「人生」という全体をつくります。一宇宙である一人の人間の人生です。

 Q-235:「財布を娘に盗られた」といったvol.6:記憶が織りなす「一人一宇宙」>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/27981625.html

 

ぜひとも「生」「老」「病」「死」という各ゲシュタルトのバランスを意識に上げてみてください。すると、「人生」という全体が感じやすいはず。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404044.html

 

「人生」を感じられたなら次。

「一人の人間の人生」という部分が「社会」という全体をつくります。さらにいうと、「一人の人生」が生じたり消えたりするたびに、「社会」は変化(再構築)し続けます。無常です。

 F-284:気楽 ver.2 01;「リミッターをはずす!」ために>

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/31030703.html

 

 もしも「一人の人生」が生じるばかりで消えることがなかったなら、「社会」は間違いなく崩壊するでしょう。

 

1個の細胞がしっかり役割を果たし(生)、次の世代にちゃんと置き換わる(死)」から一人の人間(の人生)が保たれるのと同じように、「一人の人間がしっかり役割を果たし(生)、ちゃんと生ききる(死)」から社会が存続しています。

 

つまり、個(部分)が「生老病死」という役割を全うすることで、全体の「生」が継続するということ。

 

その観点で考察すると、一人の「生老病死」は、社会や未来から見ると必然です。より大きなゲシュタルトができると、部分は全体の一部。個人(部分)の「生老病死」は、社会(全体)の「生」にとっての大切な一部であるといえます。

 

さて、「病からの脱洗脳」と聞いて、どのようなイメージが湧きあがるでしょうか?

 

 言葉を超越した世界で、そのイメージを思う存分感じてください。Feel

 

 

苫米地式コーチング認定コーチ     

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-追記-

 「病からの脱洗脳」と「バランスホイール」

…2つのゲシュタルトをconnectすると、感じ方がさらに変わるはず。

 以下、苫米地博士の著書「オーセンティック・コーチング ~本物のコーチング~」(CYZOp85)より引用します。

 

 

 最後にバランスホイールの各カテゴリーに共通した考え方をお伝えして本章を終わりにしましょう。

 バランスホイールを実行する場合、バランスという言葉に囚われすぎている人がいて、カテゴリーのすべてを毎日実践しようとする人がいますが、そんな必要はありません。例えば、12個のカテゴリーがあった場合、24時間を12個に分割して12時間ずつ実践するというのは現実的ではないでしょう。

 おそらく各カテゴリーの中で最も時間を取るのは「健康」で17時間ぐらいは睡眠に必要です。さらに食事の時間、エクササイズの時間などを入れてしまうと「健康」のカテゴリーだけで110時間はかかる計算です。ですから、バランスホイールは均等割するものではないのです。

 大切なのはひとつのゴールに毎日何時間を費やしたかという時間割の概念ではなく、1ヶ月、あるいは3ヶ月ぐらいのスパンでトータルで考えることです。あるゴールにいま集中したいというのであれば、ほかのゴールにかける時間を削って、その集中したいゴールに時間をかけていいのです。

 その一方で、常にすべてのゴールを考えておくことも重要になってきます。マインドの中ですべてのゴールを無意識的に気にしておくこと。この無意識の部分がバランスホイールではとても大切になるのです。

 引用終わり

 

 

-告知1

今年度のオンラインセミナー開催は2回の予定です。詳細はあらためて告知いたします。

 

 

-告知2

 クラブ活動をはじめました。その名は「コーチング・デ・コンパッションクラブ」。

一緒に楽しみましょう!

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_418055.html

 

 

-関連記事-

F-163~:アンチからウィズ、そしてウェルへ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404044.html

F-176~:“幸福(well-being)”とは? ~antiwithwellpart

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_408326.html

Q-246:続・気楽に生きたいのですが ~「気楽に生きる」ということ~ -04;「一人一宇宙」はゴールに向かう夢の一部

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/28416456.html

 

 

オーセンティック・コーチング