Q-206:「縁起」と「因果」 vol.3;家族に対してどんな声掛けをすればよかったのでしょうか?-前編-

 

 医師としてたくさんの「老病死(+生で四苦)」と向き合ってきました。ポカポカとあたたかく感じられるときもあれば、ヒリヒリ・ジリジリするような厳しい感じばかりのときもあります。

あるケースでは、家族からは「なんで私がいないときに死んでしまったの?」と問われ、スタッフからは「家族に対してどんな声掛けをすればよかったのでしょうか?」と相談されました。そんな疑問について考えてみたいと思います。

 

 

 vol.1;なんで私がいないときに死んでしまったの?

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26486822.html

 vol.2;縁起と因果の違いを理解する

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26507222.html

 vol.3;家族に対してどんな声掛けをすればよかったのでしょうか?-前編-

 

 前回、「未来とは縁起による無限の可能性」と書きました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6353044.html

 

 その「未来」とは、自由意思で設定するゴールにより自ら生みだすものです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/10400987.html

 

 よって、「家族に対してどんな声掛けをすればいいだろう?」という疑問が浮かんだら、まずはゴールを考えてください。原点に戻るのです。

そのゴールが“最高の答え”を導きだしてくれるはずです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5615935.html

 

 ゴールを再考するときには、このようなセルフトークを行うことをお勧めします。「本当に自由意思で望んでいること(want to)だろうか?」「本当にunselfishだろうか?」「本当に達成不可能だろうか?」「ゴールのバランスはとれているだろうか?」。

詳しくはこちらでどうぞ↓

 F-198:“あの人”の言葉はなぜ心に響くのだろうか? Vol.2

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26493850.html

 

 ゴールと並行して、コンフォートゾーン(CZ)もチェックしてみましょう。CZとは「セルフイメージにより決められる、その人にとって心地がよい空間」のことです。

 (詳しくは追記で。“教科書”から引用します)

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6040892.html

 

 

 「家族に対してどんな声掛けをすればよかったのでしょうか?」と相談されたとき、そのスタッフはとても辛そうにしていました。「ファイト・オア・フライト」ではありませんでしたが、悲しみ、怒り、不安、恐怖、悔恨、落胆、空虚感 そんなネガティブが入り乱れた感情に苦しんでいるように見えました。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8164566.html

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/8166289.html

 

 きっとエフィカシーが下がっていたはず。エフィカシーとは「自分のゴールに対する達成能力の自己評価」です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5616012.html

 

 エフィカシーが下がったままだと、無意識はゴールを引き下げてしまいます。気づかないうちに。その結果、かつてのゴールはwant toからhave toに変わっていきます。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882609.html

 

あんなにワクワクしていたのに、もはやときめきは感じられず、どんどん気力を失っていく そして、いつの間にかno energy

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/23743308.html

 

私自身は「FOG」に気をつけています。「Fear(恐怖)」「Obligation(義務感)」「Guilty(罪悪感)」です。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/13523715.html

 

 相談してくれたスタッフは、とくに罪悪感に苦しんでいるようでした。「自分を責める」という破壊的な行為は、人生を苦痛に満ちた辛いものに変えてしまいます。

その「自分を責める」とは、私が重要視している「自責」とは異なります。「自責」は、突き詰めれば、「ゴールを自分で決めるという意思(覚悟)」のこと。対して「自分を責める」とは、「自己否定」「自己非難」であり、「過去に囚われ、未来(ゴール)を放棄する」ことです。

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/22669112.html

 

 

では、今回のケースに戻りましょう。

親の最期に立ち会えなかった場面での心の声(セルフトーク)は、だいたいこんな感じでしょう。

 

 不在中に親が亡くなった

A:とても残念で悲しい

  B:あの時帰らなければよかった

  C:私のせいだ。申し訳ない

  D:〇〇のせいだ。許せない

 

  

 …Aは単なる感想であり、問題はありません。「残念」「悲しい」という自身の思考をしっかり把握することはモニタリングであり、むしろ望ましいことです。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26282829.html

 

 Bはすでに過ぎ去った過去への囚われ。その過去はどんどん遠ざかっていくのですから、後悔するだけ無駄です。

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/6542317.html

 

 Cは真面目な人にありがちなパターンですが、「縁起」と「因果」を混同しています。詳しくは前回の記事を参照してください↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26507222.html

 

Dは「他責」。その先に待つのは「人間関係に軋轢を生じ、自分自身の心の傷を深くしてしまい、いつまでも変化(進化、向上)することができず、チームの足を引っ張り、さらには“本当の幸せ”を感じることができない“悲しい人生”」です。

下記シリーズに詳しくまとめました↓

S-04~:さぁ「人間関係の悩みを克服する旅」をはじめよう!(目次)

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/22305802.html

 

 

 ところで、上記のセルフトークには、それ自体に重大な改善点があります。「〇〇〇〇(カタカナ4文字。漢字なら2文字)」が欠けているのです。不協和を感じましたかw

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/5882652.html

 

次回、その説明を行いながら、「家族に対してどんな声掛けをすればよかったのでしょうか?」について考えます。

 

Q-207につづく)

 

 

苫米地式認定コーチ                       

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-追記-

 ゴールと並行して、コンフォートゾーン(CZ)もチェックしてみましょう。CZとは「セルフイメージにより決められる、その人にとって心地がよい空間」のことです。

 (詳しくは追記で。“教科書”から引用します)

 

 その“教科書”とは、田島大輔さんの著書「マインドの教科書」(開拓社)。

田島さんは苫米地式認定グランドマスターコーチであり、コーチの養成も担当されています。「マインドの教科書」では「セルフコーチング技術がつまった21のレッスン」を学ぶことができます。さらには「無限の可能性を引き出す門外不出の50のワーク」まで。

コーチ必読の理論と実践の書です。強くお勧めします!

 以下、巻末のコーチング用語集からの引用です。

 

コンフォートゾーン(Comfort Zone

人が緊張せずにいられる物理的または精神的に限定された範囲。慣れ親しんだ物理的・情報的な範囲。

 

 それぞれの人にとって、心地よいと感じられる領域であるコンフォートゾーンは、自己イメージによって決められています。自己イメージはその人にとって重要なものの集まりですので、コンフォートゾーンも自分にとっての重要なものの集まりによってできています。

 人間は、コンフォートゾーンの中にいれば無意識にとって快適なので、それを維持しようとします。人は、自然とコンフォートゾーンの中で思考し、行動しているのです。もし、コンフォートゾーンの外側に出てしまうと、コンフォートゾーンに戻ろうと無意識が働きます。コンフォートゾーンを維持したり、コンフォートゾーンの外側に出た時に戻ろうとする力が働いたりするのは、ホメオスタシスの機能によるものです。

 コンフォートゾーンの外側にいると、記憶の入出力が妨げられ、肉体的な緊張も生まれます。その結果、コンフォートゾーンの外側では、パフォーマンスが大きく下がることになります。スポーツにおいてホームに比べてアウェイで力が発揮できないのは、アウェイがコンフォートゾーンの外側だからです。

 こうしたコンフォートゾーンによる作用は、セルフレギュレーション(自己調整機能)として働き、可能性を制約することに繋がります。そのため、パフォーマンスを高めるためには、コンフォートゾーンを高める必要があります。

 ここで、コンフォートゾーンの範囲は自己イメージが決めますので、自己イメージを高める必要があるということです。パフォーマンスを決める自己イメージとしては、エフィカシー(自己のゴールに対する達成能力の自己評価)が大きく関係しています。そのため、パフォーマンスを高めるためには、エフィカシーを高める必要があります。

 

 

-関連記事-

F-129~The Sweet Hello, The Sweet Goodbye

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_396235.html

F-163~:アンチ(anti)からウィズ(with)、そしてウェル(well)へ

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_404044.html

F-176~:“幸福(well-being)”とは? ~antiwithwellpart

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_408326.html

F-184~:「新型コロナ感染症(COVID-19)」との縁で気づいたこと

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_410505.html

Q-177~:家族ががんで治療中です。どうすればいいでしょうか?

https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_408953.html

 

 

-告知-

 今年度(2021-22年)は計8回のオンラインセミナーを予定しています。1年間を通してのテーマは「Well-being」です。

 F-176~:“幸福(well-being)”とは? ~antiwithwellpart

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/cat_408326.html

 

2021年度セミナー予定はこちら↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/25412318.html

 

 第4回目は202188日(日)開催。テーマは「夢をかなえる方程式 I×V=R」です。詳細はこちらから↓

 https://coaching4m2-edge.blog.jp/archives/26384913.html

 

 超情報場でお会いしましょう!

 

<お問い合わせ・申し込み>

 coachfor.m2@gmail.com

 

マインドの教科書