Q-074180804医療講演会レポート vol.2:スピリチュアルペインを克服するために

 

 

 愛の反対は憎しみではない。無関心だ

 美の反対は醜さではない。無関心だ

 信仰の反対は異端ではない。無関心だ

 生の反対は死ではない。生と死の間にあるものへの無関心だ

 

The opposite of love is not hate, it’s indifference.

The opposite of beauty is not ugliness, it’s indifference.

The opposite of faith is not heresy, it’s indifference.

And the opposite of life is not death, but indifference between life and death.

 

エリ・ヴィーゼル(19282016年) 
1986
年にノーベル平和賞を受賞したハンガリー(当時)出身のユダヤ人作家

 

 

 201884日(土)に、鹿児島県霧島市で開催された「市民健康教育公開講座」にて講演をさせていただきました。

 全体のテーマは「がんの総合ケアと疼痛マネジメント」。私のパートは「がんはもう痛くない!? ~全人的苦痛に対する認知科学的対処法(ワーク付き)~」というタイトルでした。

 

 その講演について、当日の内容に補足を加えながら御紹介します。最後は講演直後に会場で伺った驚きの情報をもとに、「全人的苦痛に対する認知科学的対処法」について再度考察します。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/15099158.html

 

 

しかしながら、さらに抽象度を上げて考察すると、現在の緩和ケアの概念には次の段階に進むための課題(=ケース)があることがわかります。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/12658417.html

 

緩和ケアとは、「生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者と家族の痛み、その他の身体的、心理社会的、スピリチュアルな問題を早期に同定し適切に評価し対応することを通して、苦痛(suffering)を予防し緩和することにより、患者と家族のQuality of Lifeを改善する取り組み 」のことです(WHO2002年)。

 

その緩和ケアを「『自分らしく』過ごせるように支援する」ものとするためには、絶対に欠かせないものがあります。それは何でしょうか?

 

また、「早期から終末期まで病期を問わず、また心身の問題だけでなく、生活の不安や社会復帰までの道のりなども含め、幅広く支援する」のは、どの医療職の役目なのでしょうか?

 

 

 今回(Q-074)は、最初の疑問について考察いたします。

 

 ところで皆さんは、「スピリチュアルペイン」について、しっかりとイメージできますか?

 

 PM-04-12(:次世代型緩和ケアの鍵となるもの)で御紹介したとおり、私は2011年に「症状の評価とマネジメントを中心とした緩和ケアのための医師の継続教育プログラム」を受講しました。「PEACEPalliative care Emphasis program on symptom management and Assessment for Continuous medical Education)」と呼ばれる緩和ケア教育プログラムです。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/8293317.html

 

 2006年に成立した「がん対策基本法」に基づいて、2007年にがん対策基本計画がたてられました。その計画中に「すべてのがん診療に携わる医師が研修等により、緩和ケアについての基本的な知識を習得する」ことが目標として掲げられました。

 その流れの中で、それまで米国で開発された研修プログラムを用いていた日本緩和医療学会が、日本独自のプログラムとして新たに開発したものが「PEACE」です。

 

 その「PEACE」では、スピリチュアルペインは「自己の存在と意味の消滅から生じる苦痛(無意味、無価値、虚無、孤独など)」と定義されていました(2011年当時)。最新版では「自分の存在や意味を問うことに伴う苦痛」です。

 

「自分の存在や意味」を決めることができるのは、もちろん、本人のみです。医療・介護の現場でいえば患者さん本人です。

しかし、患者さん自身が「自分の存在や意味」を見いだすことは、じつは、とても難しいことといえます。

 

なぜなら、人の認識には必ずスコトーマ(心理的盲点)が生じるから。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721610.html

 

 スコトーマ(Scotoma)はギリシア語由来の言葉で「盲点」を意味します。

もともとは眼科で用いられる医学用語でしたが、コーチングの元祖であるルー・タイス氏により「心理的盲点」として拡張されました。

 

 目の前のモノはすべて見えていると思いがちですが、実際は物理空間すらしっかりとは見えておらず、情報はザルで水をすくうように抜け落ちています。

 

スコトーマを生みだすポイントは二つ(より詳細には三つ)。

一つ目は「知識」です。私たちは、そもそも知らないものは認識することができません。

二つ目は「重要性」です。私たちは自身にとって重要な情報しか認識していません。

三つ目のポイントとして、私は「役割」を強く意識しています。

 

通常、「知識」「重要性」「役割」といったものは過去の記憶でつくられています。よって、「人は過去に縛られている」といえます。(繰り返しますが)私たちが認識している目の前の世界は「すべて過去」です。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6542317.html

 

さらに、「重要性」や「役割」は、親や教師といった他人の価値観や常識と呼ばれるような社会の価値観でつくられていきます。それらの積み重ねにより認識する世界が決まり、無意識下も含むすべての行動が決まるのです。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5721531.html

 

本当の「自分の存在や意味」は、過去の呪縛を断ち切り、他人や社会の価値観を克服することで、はじめて見いだすことができます。

 

では、そのためにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

答えは「ゴール設定」です。“現状の外”にゴールを設定することではじめて、スコトーマを外すことができます。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/5615935.html

 

よって、「緩和ケアを『自分らしく』過ごせるように支援するために絶対に欠かせないもの」とはゴール設定であり、そのためのコーチングに関する知識とスキルであるといえます。

 

ゴールがない人は、ヴィーゼルのいう「生と死の間にあるもの」がスコトーマに隠れたままです。それがスピリチュアルペインを生みだします。

 

 より正確に述べると、自我の問いが生まれる思春期にすでに生じており、その後も潜在的に抱え続けているスピリチュアルペインの原因はゴールがないことであり、「生と死の間にあるもの」への無関心がそのスピリチュアルペインをスコトーマに隠し続けるのです。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6353425.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/8293317.html

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/11386276.html

 

 第二次世界大戦中にナチスにより強制収容所に送られた体験を「夜と霧」に記した精神科医 ヴィクトール・E・フランクル(19051997年)は、「あらかじめ精神的に、また人間的に脆弱な者が、その性格を展開していくなかで収容所世界の影響に染まっていく」という事実を発見しました。脆弱な人間とは、「内的なよりどころをもたない人」「目的がない人」「希望がない人」「志がない人」「夢がない人」のこと。

それはコーチングでいうと「ゴールがない人」「潜在的にスピリチュアルペインを抱えた人」のことであり、今回のテーマでは「生と死の間にあるものに無関心な人」です。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/8045695.html

 

 教育の現場も、医療・介護の現場も、本当はコーチングを切実に必要としています。

 

 

次回(Q-075)は、2番目の疑問について考察します。

「早期から終末期まで病期を問わず、また心身の問題だけでなく、生活の不安や社会復帰までの道のりなども含め、幅広く支援する」のは、どの医療職の役目でしょうか?

 

 (Q-075につづく)

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)    

 

 

-関連記事-

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6854056.html

 

The Power of Mind Ⅰ」第四章:苫米地理論で見える医療・福祉現場のスコトーマ

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/cat_124524.html

 

第四章目次

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/13076878.html

 

 

180804市民公開講座-2