ブログ・シリーズ編

S-01:よりよい“議論”のために

S-01-12三段論法がダメな理由

 

このシリーズでは、 “議論”について、そして“議論”をよりよくすることについて考察します。

PM-02-13http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6194585.html

I-017(告知):http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/11594310.html

S-01-00(目次):http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/11613757.html

 

 

12:三段論法がダメな理由

 

今回は三段論法についてです。

 

三段論法とは、アリストテレスが提唱したとされる「pならばqqならばr。ゆえにpならばrである」という論理の法則です。例えば、「すべての人間は死すべきものである。ソクラテスは人間である。ゆえにソクラテスは死すべきものである」という論理です。

 

これに対して、トゥールミンは「例外のない法則はない」と主張し、三段論法の前提条件に100%はあり得ず、必ずある一定の確率(Q理論)が存在するとしました。

「人間は死すべきものである」「ソクラテスは人間である」という条件も、じつは100%とはいえません。医学・医療の発展は不老不死を実現するかもしれません。そのとき、不死の人間は人間ではないということになってしまいます。

 http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/12507563.html

 

さらに、「aならばbbならばccならばd……yならばz」という長い論理チェーンができあがったとき、現実世界において「aならばz」になる可能性はきわめて低いといえます。

例えば、1cm上から落としたボールの落下位置はほぼ正確に予測できますが、「1cm上。さらに1cm」が積み重なった、東京タワー程の高さから落としたボールの落下地点は絶対に予測できません。

 

長い論理チェーンの間に不完全性定理/不確定性原理が働くからです。

http://blog.livedoor.jp/coachfor_m2/archives/6194669.html

 

アリストテレスの三段論法は、人間の思考空間の中にしか存在しません。現実の世界に存在する論理はトゥールミンロジックのように非形式的なものです。

それが通常の人間の論理であり、現代分析哲学で非単調論理として形式化されたロジックです。

 

 

 ここまで、ディベートの基本とその重要性を説明いたしました。

 それでは、そのトゥールミンロジックを用いて、実践的に(抽象度を下げて)考察していきましょう。

 

-参考-

苫米地英人博士著「ディベートで超論理思考を手に入れる」(CYZO

 

(つづく)

 

 

苫米地式認定コーチ                        

苫米地式認定マスターヒーラー     

 CoacH T(タケハラクニオ)